【解説】アルトコインとは何か?おすすめ銘柄・取引所・将来性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、アルトコインとは何か?というテーマについて詳しく解説していきます。

仮想通貨に興味があるという方なら一度は聞いたことがある「アルトコイン」。では、アルトコインとは一体どのような仮想通貨を指すのでしょうか? そして、ビットコインとは何が違うのでしょう。

ここから、アルトコインの特徴やおすすめの銘柄、アルトコインを扱う取引所について紹介します。アルトコインを知ることで、仮想通貨投資の幅がグッと広がるので、少しずつ学んでいきましょう。

アルトコインとは何?ビットコインとの違いは?

アルトコインは正式名称が「Alternative Coin(オルタナティブ・コイン)」となっています。オルタナティブとは、代用の通貨という日本語訳ができますが、「何の代用か?」となるとそれはビットコインになります。ビットコインの代用通貨、つまりビットコイン以外の仮想通貨のことという意訳ができるでしょう。

アルトコインを理解するには、仮想通貨に関する深い知識はいりません。単純に、「ビットコイン以外の全ての仮想通貨」と覚えておくと良いでしょう。

アルトコインとビットコインは、その用途も開発目的も、そして通貨価値も全く異なります。しかし、アルトコインもビットコインと同じように、日によって価格が変動し、仮想通貨市場の中で送金や売買、取引に利用されています。

アルトコインの種類は世界中に3,000とも4,000とも存在すると言われ、日々新しい通貨が発行されています。アルトコインを発行するのは企業や団体、個人にまで至りますが、それぞれ何のために通貨を使うかという開発コンセプトが異なります。中には、今後のIT化を促進するような極めて有望なビジネスモデルも存在するのです。そうした将来性の高いアルトコインは市場でも高値で売買される傾向にあります。

では、アルトコインにはどのような銘柄、種類があるのでしょうか? ここから、おすすめのアルトコインを数種類紹介していきましょう。

アルトコインの種類は?おすすめの銘柄を紹介!

アルトコインが生まれるのは、ある仮想通貨からハードフォークによって生まれるか、ICOによる資金調達後、取引所に上場する(トークン)というパターンが多いです。

ハードフォークは、既存の仮想通貨から大幅にシステムを改変し、新たな通貨を生み出すことです。一方、ICOは世界中から広く投資を募り、取引所に上場することで一般公開を目指すことを言います。

これから紹介するアルトコインには、ハードフォークによって生まれた通貨、ICOによって生まれた通貨のどちらも含みます。ハードフォークかICOか、どちらが良いというわけではありません。アルトコインを選別する時は、それぞれの開発コンセプトやロードマップの進捗具合、開発チームメンバーなどを参考に将来性を考慮するのが良いでしょう。

それでは、ここからアルトコインの中で特におすすめの5つの銘柄について紹介していきます。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、アルトコイン時価総額ランキングで常に首位を守り続ける人気銘柄です。2018年5月13日時点の時価総額は約7兆4,000億円にも昇ります(ビットコインの2分の1に相当)。時価総額が高いほど、1ETHあたりの価格が高く、発行する通貨数も多いことになります。つまり、それだけ市場で活発に取引されているということです。

イーサリアムに人気が集まる秘密は「スマートコントラクト」という独自システム。取引や契約で発生する細かい作業のほとんどを自動化できる仕組みとして、大企業からの注目度も高まっています。実際にトヨタや三菱UFJ、JPモルガンといった世界的に有名な企業から出資を受けています。

リップル(XRP)

リップルは、イーサリアムに次ぐ2位を長年キープする有望通貨です。時価総額は2兆9,000億円を超え、市場でも数多くの取引があります。

リップルの特徴は、仮想通貨による国際送金システムの開発にあり、「国際送金を低コストで、素早く、誰でも簡単に行える」という目標を抱えています。

現状の国際送金サービスは、世界中の数多くの金融機関を中継することで時間も手数料も膨大になってしまいます。そこで、リップルは全世界で100以上の金融機関と提携を発表し、リップルのシステムをハブにした効率的な国際送金システムの構築を進めているのです。

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインのハードフォークによって生まれました。ビットコインにはブロックチェーンという優れたセキュリティシステムがありますが、ブロックサイズが小さいという欠点も存在します。ブロックサイズの小さい仮想通貨は、売買や送金を行う度に膨大な計算処理が必要となり、スムーズな取引を阻害してしまうのです。

そこで、ビットコインのブロックサイズを増やす目的で生まれたのが「ビットコインキャッシュ」。簡単に言えば、ビットコインよりも手早く売買や送金ができると考えて良いです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂することで生まれたので、その存在も通貨価値も全く異なる性質があります。例えば、2018年5月13日のBTCの価格は約92万円ですが、ビットコインキャッシュは約15万円となっています。名称こそ似ていますが、ハードフォークによって分裂した通貨は、もともとの通貨と全く別物と覚えておきましょう。

リスク(RSK)

リスクは、イーサリアムが持つスマートコントラクトの仕組みを使って開発されました。イーサリアムと少し異なる点は、リスクにはサイドチェーンというシステムが採用されていることです。

ブロックチェーンシステムには「メインチェーン」と呼ばれる主軸がありますが、リスクの場合は、メインチェーンから枝のように分かれた「サイドチェーン」で情報を処理することができます。サイドチェーンを活用することで、取引処理速度の向上や、システム修正の融通が利きやすくなります。

簡単に説明すると、イーサリアムのシステムに比べて、「システムの改良がしやすく使い勝手が良くなる」ことと、「スムーズに取引しやすい」というメリットがあるのです。

ネム(XEM)

ネムは通貨の分配機能を適正化・平等化する仕組みで大きな話題を呼んでいます。

通常、仮想通貨を新しく発行する際はマイニングという作業が要となります。例えば、ビットコインの場合、世界中の投資家が行った送金や売買などを計算処理する際、その作業を手伝うことで報酬として新規発行コインが受け取れます。こうして、どんどん市場に流通するビットコインの総量は増えていくのです。

しかし、この仕組みでは、高額でハイスペックのコンピュータをたくさん持っている人、そして人手をたくさん確保できる人に報酬が集中してしまいます。つまり、資金力のある人ほど高い報酬を受け取れるので、格差はどんどん広がっていくのですね。

一方、ネムの場合は、マイニングで受け取る報酬は作業量ではなく、「いかにネムに貢献しているか?」という重要度で評価されます。ネムのネットワークを積極的に使う人ほど高い報酬を受け取れる仕組みで、通貨の適正な分配システムとして高評価を受けています。

アルトコインを購入できるおすすめの取引所は?

アルトコインを購入する場合は、ビットコインと同じように仮想通貨取引所を利用するのが一般的です。ここからは、主要なアルトコインを扱っているおすすめの取引所を紹介していきましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤーはユーザー数200万人以上と、国内では最大級の取引所となります。

扱っているアルトコインは以下の6種類となります。

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

ビットフライヤーでは、約1秒で送金処理できる「bitWireシステム」や、最大500万円までの「不正ログイン保証サービス」など、使い勝手とセキュリティ耐性の高さが強みです。

登録はこちらから

ザイフ(Zaif)

ザイフは、ビットフライヤーに次ぐ大手取引所で、「自動積立サービス」や、「マイナス取引手数料制度」など独自のサービスが光ります。投資初心者の方でも安心な積立投資には最適で、しかも取引するたびに0.01%の手数料分が受け取れるので、「試しに少額からスタートしたい」という方におすすめです。

ザイフで扱うアルトコインは以下の4種類となっています。

  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

登録はこちらから

まとめ

今回はアルトコインに関する情報を紹介しました。

ビットコイン以外の仮想通貨も知ることで、投資先が広がり、リスクを抑えて分散投資することも可能です。今回紹介したアルトコインは、どれも将来性が有望視されて、市場では高い評価を受けています。ここでの全ての銘柄は国内取引所で売買可能なので、ビットフライヤーやザイフなどを利用して、まずは少額からスタートしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加