仮想通貨ARK(アーク)とは?特徴・将来性・チャート・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ARK(アーク)は国内で取り扱いもあるLisk(リスク)という仮想通貨をもとに開発されました。

スマートブリッジにより、異なる仮想通貨の橋渡しができるのが最大の特徴です。

この記事では、アークの特徴から将来性まで、さらには購入できる取引所もあわせてまとめました。

仮想通貨ARK(アーク)とは?

仮想通貨名 アーク
通貨記号 Ark
発行上限枚数 上限なし
コンセンサスアルゴリズム DPoS(Delegated Proof of Stake)
ブロック生成時間 約8秒
公開年月日 2017年3月
開発者 Mike Doty(Managing Director )
公式サイト https://ark.io/

公開日は2017年3月です。比較的新しい仮想通貨といえるでしょう。

コンセンサスアルゴリズムはDPoSを採用しており、これは元になっているリスクと同じです。

ARKの目的

ARKは仮想通貨リスクをもとにつくられたため、目的はリスクと似ています。

それは「誰でも簡単につかえるブロックチェーン・プラットフォーム」を提供することです。

しかし、単なるリスクのコピー通貨ではなく、スマートブリッジ(Smart Bridge)などARK独自の技術ももっています。

次からは、ARKの詳細なスペックについてみていきます。

ARK(アーク)の特徴をチェック

ARKの主な特徴は、スマートブリッジ、DPoS、送金スピードの早さです。この中でも、スマートブリッジはARK独自の特徴であるため重要です。

スマートブリッジ(Smart Bridge)

スマートブリッジは、異なるふたつの仮想通貨を接続(橋渡し)する技術のことです

スマートブリッジを使えば、ARKのプラットフォーム上で、イーサリアムのスマートコントラクトを使い送金できるようになります。

この技術は、数多くある仮想通貨の技術を統合したり、仮想通貨の根本的な問題(51%攻撃やスケーラビリティー問題など)を解決したりすることが期待されています。

DPoS(Delegated Proof of Stake)

ARKのコンセンサスアルゴリズムはDelegated Proof of Stakeです。略してDPoSと表記され、「デリケイド・プルーフ・オブ・ステイク」と読みます。

DPoSでは、コインを多く保有している人のうち、投票に選ばれた人がマイニング報酬を受け取ることができます

さらに、投票に選ばれた人は、投票してくれた人に報酬の一部を手渡す仕組みになっています。

簡単にいうと、ARKのマイニングは、ビットコインやイーサリアムよりも平等性が高くなっています。

送金スピードが早い

ARKの送金時間は、ビットコインやイーサリアムに比べ早いです。

また、ARKの元になっているリスク(Lisk)よりも速いのが特徴です。

アーク ビットコイン イーサリアム リスク
送金スピード 約8秒 約600秒 約15秒 約10秒

ARK(アーク)のチャートと価格推移に注目


上は、ARK/USDのチャートです。過去の値動きを振り返ってみましょう。

2017年は価格が約222倍に

6月に上場されたときは、約4円でした。2017年の高値は12月21日につけた約890円です。

約半年で222倍に価格が暴騰したことになります。

2018年には最高値を記録するもその後価格は下落

2018年にはいると価格は上昇し続け、高値は1月10日につけた約1100円となっています。

しかし、その後は価格は下落し、4月2日に約200円まで下落します。

ただ、4月以降は200円~400円の広いレンジで推移しています

時価総額は?

取引ボリュームを確認できるコインマーケットキャンプによると、2018年5月時点の時価総額ランキングは64位です。5月までの総売買高は、37,943,804,734円です。

ARK(アーク)の将来性をみてみよう

ARKの将来性を語るうえで、今後の開発が重要となります。ARKではロードマップ(開発計画)を公開していますが、その注目ポイントは、VM(Virtual Machine=仮想マシン)の開発です。

VMと呼ばれる技術を導入すると、スマートコントラクトの実装が可能になります。すでに、スマートコントラクトが実装されているイーサリアムでは、イーサリアム上で様々なゲームなどのアプリやサービスが開発されています。同じようにアークにもスマートコントラクトが実装されれば、取引量と認知の増加が期待でき、価格が上昇する可能性もあります。

また、アークは開発状況が可視化されています。公式サイトを確認すると、完成から逆算した現在の開発状況が、確認できます。(こちらから確認いただけます)このように%でわかりやすくロードマップを公開している通貨はあまりありません。

このように、開発進捗が可視化されているのは、わかりやすく将来性の信頼も上がります。反対に、いつまでたってもパーセンテージが進まなければ、価格は下落してしまうでしょう。

一方で、プラットフォーム化を目指す通貨は、イーサリアムやネムなど複数あり、ブロックチェーンをつなげる構想もさまざまあります。

そうした通貨といかに差別化していくか、継続的な開発以外に、大手企業との提携や実証的なプロジェクトに進めるかが鍵となりそうです。

ARK(アーク)を購入できる取引所

2018年6月現在、ARKは国内の取引所で取り扱いがありません。なので、ARKを購入したいかたは、海外の取引所を利用しましょう。おすすめの取引所をいくつか紹介します。

Binance

100を超えるアルトコインの取り扱いがあり、ビットコインがもっとも取引されている中国の取引所です。ARKの取引も活発なので高い流動性があります。

Binanceの公式ページはこちらから

Upbit

Upbitは韓国の取引所です。取引高もバイナンスに次ぐ規模をほこります。ARKの取引は、バイナンスの次に多く、Upbitでも高い流動性で取引できるので、おすすめです。

Upbitの公式ページはこちらから

ARK(アーク)を保管するためのウォレットは?

ARK公式のウォレットは、PCで管理するデスクトップ型ウォレット、スマートフォンで管理するタイプのモバイル型のウォレット、紙で管理するペーパーウォレットの3つです。

ウォレットはARKのサイトからダウンロード可能です。

また、公式ウォレットではありませんが、USBウォレット「Ledger Nano S」も使用可能です。

まとめ

ARK最大の特徴は、異なる仮想通貨の橋渡しをすることができるスマートブリッジでしたね。

その他にDPoSや送金スピードが早いのも特徴的でした。今後は、スマートコントラクトも使えるよう開発されていく予定です。

動向が気になる方はぜひ公式サイトを定期的にチェックしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。