【仮想通貨】アトミックスワップとは?技術とその可能性・課題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、仮想通貨で話題になりつつある「アトミックスワップ」について紹介していきます。

アトミックスワップとは通貨の交換の仕組みです。現状の仮想通貨取引は、通貨を買ったり売ったりするために取引所を利用することが一般的です。アトミックスワップは、そうした当たり前の考え方を根本から覆し、新しい仮想通貨取引の技術です。

2018年1月、仮想通貨モナコイン(MONA)がアトミックスワップを行って成功というニュースが流れました。その後、モナコインの価格が上昇したことから、市場では好意的にアトミックスワップを捉えられています。

アトミックスワップが世に広まるにつれ、これからの投資方法がガラッと変わる可能性もあるため、ぜひとも今の内にその内容について知っておきましょう。

一般的な仮想通貨の取引方法

まずアトミックスワップについて説明する前に、一般的に仮想通貨をどのように取引(交換)するかをおさらいしましょう。

1.個人同士で仮想通貨を取引する場合

仮想通貨は完全なデジタルデータなので、「データ送信」を利用して個人同士で通貨を交換することができます。

たとえば、AさんとBさんが知り合いで、Bさんから「この送金アドレス宛に1BTCを送って」と頼まれたとします。そして、送金の条件として、「代わりに、1BTCと同額分のETHを送るよ」と。これが個人間の通貨交換事例です。

データを送信する方が持つウォレットのアドレスさえ分かれば仮想通貨を送金できるので、口頭でのやり取りでもビットコインやイーサリアム、リップルなど、他通貨間の交換が可能です。

しかし、個人間で通貨交換をする場合に怖いのは資産の持ち逃げです。ご自身が相手に通貨を送ったとしても、必ずしも相手から通貨が送り返されてくる保証はありません。

これでは、安心して仮想通貨投資などできないですよね。

2.仲介者(取引所)を使って仮想通貨を交換する場合

取引所を使って仮想通貨の交換をする方法は、個人同士で行うよりも安全性が高まります。取引所はいわば仲介者で、通貨交換をする場合は、相手方からの入金がない限り、ご自身の口座から資金が移動することはありません。

ただし、仲介者がいるということは、その取引所に対して取引のたびに手数料を支払う必要があります。また、それぞれの送金情報の整合性を確かめるチェックが入るので、個人同士の取引に比べて時間がかかるのです。

アトミックスワップの仕組み

では、いったいアトミックスワップとはどのようなものなのでしょうか。

アトミックスワップは「個人同士」と「取引所」の中間点

アトミックスワップは、個人同士の取引や、取引所の仲介によるデメリットを解消する目的で生まれました。

そのため、個人間取引と取引所のメリットだけを集め、ユーザーにとって安心で優しい通貨交換ができる仕組みとなっています。

アトミックスワップを利用する場合、まずはご自身の資産とセキュリティキー(秘密鍵と呼ばれます)を特定の場所に保管しておきます。たとえば、AさんとBさんが通貨交換をする場合、Aさんの保管場所をA-BOX、Bさんの保管場所をB-BOXとします。

そして、取引が開始されると、AさんはB-BOXへ、BさんはA-BOXへ相手方の資産を受け取りにいきます。仮にB-BOXが先に開かれた場合でも、その時点でA-BOXから資産を受け取ることができるので、片方だけで不正に資産を持ち逃げするということができません。

万が一、一方に悪意があって資産が持ち逃げされた場合でも、一定期間内に資産保証制度があるため、お金が盗まれるリスクは限りなく少なくなるのです。

アトミックスワップは、取引所を仲介する必要がないので、手数料がかからないだけでなく、即座に通貨を交換することができます。また、ビットコインとイーサリアムや、リップルとネムなど他通貨同士の交換にも対応しています。

アトミックスワップの将来性と課題について

アトミックスワップは仮想通貨市場で徐々に健全性が話題になり始めており、今後は一般に普及していく可能性があります。すると、今後は「どのような方法で仮想通貨投資を行うか?」という根源的な問題に突き当たるでしょう。

そこで、今の内からアトミックスワップの将来性と今後の課題について、しっかりと考えていきましょう。

なぜアトミックスワップという考え方が生まれたのか?

アトミックスワップという概念が生まれた背景には、現状の仮想通貨取引の問題点が指摘されます。

仮想通貨は誰でも開発に参加でき、ICOという仕組みで資金調達を行って市場公開することが可能です。通貨の管理主体は個人でも法人でもできるので、日本円や米ドルなど法定通貨のように中央集権が存在しないことに特徴があります。

ただし、それはあくまでも仮想通貨の存在に限った話。実際に仮想通貨を取引しようと思うと、取引所を経由して行う必要があります。ギャンブルで言えば「胴元」ですね。

取引所には、入金や出金、売買をする度に手数料を支払う必要があります。また、個人の資産の安全性は取引所のセキュリティ体制に完全に依存します。万が一、取引所から資金が盗まれたり、取引所自体の存続が危うくなれば個人資産が消失してしまう可能性があるのです。こうした可能性を投資用語で「カウンターパーティリスク」と呼びます。

特に仮想通貨市場は40兆円を超える規模に拡大しており、それだけ悪意のある方に狙われやすいの現実です。

そこで、アトミックスワップという方法で、こうしたリスクを最小限に抑えようとした考え方が登場しました。

将来は仮想通貨取引所も不要に!?

アトミックスワップが普及し始めると、今度は取引所自体の存在意義もなくなってくるかもしれません。

この記事を書いている2018年5月現在でも、世界中の仮想通貨取引所を標的に大規模なハッキングやデータ改ざんが行われています。2018年1月に起きたコインチェック騒動も記憶に新しい方が多いのではないでしょうか。

そうした事故の原因は、取引所自体のずさんな管理体制、利益至上主義の経営体質だと言われています。最近では、取引所に資産を預けておくことの危険性が声高に指摘されています。

アトミックスワップによる取引が活発になると、もはや取引所は不要。個人同士で極めて高いセキュリティ体制のもと取引が行えるようになるうえに、入出金や売買手数料もゼロになります。

また、ご自身の保有しているウォレットから直接通貨交換ができるようになるので、安全なコールドウォレットで運用すれば、ハッキングやデータ改ざんなどのリスクも減らせるのです。

取引所の手数料は便利なシステム料金でもある

アトミックスワップが具体化されたといって、すぐに投資家に活用されるかといえば少し疑問です。

取引所での通貨交換・売買は、確かに手数料や時間がかかるデメリットがあります。一方で、取引所が提供する便利なシステムと、サービス料金と考えることもできるでしょう。

たとえば、取引所で通貨の売買を行う場合、市場の需要が一目で分かる板情報や、扱っている銘柄のチャートも自分の投資スタイルに合わせて使い分けることができます。アトミックスワップは基本的に個人間取引となるので、こうした便利なツールが使えなくなる可能性があるのです。

もしかしたら、そうしたツールのみを提供するサービス企業なども現れてくるかもしれません。ただし、便利なサービスには対価が必要で、手数料なしでアトミックスワップを使うには多少の不便を覚悟する必要も出てきます。

仮想通貨の投資家にとってみても、取引できる選択肢が増えるというメリットと、新しい取引方法について学ばなければならないという負担の両方が考えられます。

まとめ

今回は、仮想通貨のアトミックスワップについて紹介してきました。

アトミックスワップは、ビットコインとイーサリアムなど異なる通貨同士での取引ができるため、この記事では「通貨交換」という言葉を使いました。ただ、仮想通貨の場合は、通貨交換は通貨売買・取引と意味が同じです。

海外の取引所などでは日本円が使えない場合が多いため、ビットコインを利用してイーサリアムを購入するなどの方法が取られます。これも通貨交換でありながら、立派な通貨売買となり、雑所得として損益が認識されます。(仮想通貨の取引における税金の解説記事

このアトミックスワップが普及することで、今後の仮想通貨取引市場は一変する可能性があります。仮想通貨の技術進歩は非常にスピードが速いため、早め早めに手を打って、有利な手法で投資を行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加