【完全版】オーガー(AUGUR)とは?特徴・将来性・価格予想・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Augur

今回は仮想通貨オーガー(AUGUR)とは一体どのような特徴があるものなのか、その将来性には期待できるのかを見ていきます。ブロックチェーンの「中央管理者がいない公平なシステム」という特徴を活かしたものになっていますので必見です!

仮想通貨オーガー(AUGUR/REP)とは?

オーガー(AUGUR/REP)の基本情報

仮想通貨名 AUGUR(オーガー)
通貨記号 REP
発行数 11,000,000 REP
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(ETH依存)
ブロックサイズ 可変(ETH依存)
ブロック生成時間 約15秒(ETH依存)
公開年月日 2016年3月14日
開発者 Joey Krug/Jack Peterson
公式サイト http://www.augur.net//

時価総額と価格に関する情報

オーガーの2018年5月15日時点の時価総額は、643,454,900 USD(70,722,685,722 JPY)となっており、時価総額ランキングは40位です。また約58 USD(6,400 JPY)/REPでトレードされています。すでにある程度の時価総額がある仮想通貨だとわかります。

オーガー(AUGUR/REP)の特徴

オーガーの特徴を詳しく見ていきましょう。とてもユニークで将来性のあるプラットフォームですのでぜひ注目してみてください。

予測市場

オーガーを簡単に説明すると、予測市場と呼ばれる未来予測のプラットフォームです。予測市場とは、将来に起こる出来事を参加者が予測するというものです。正しい予測をすると報酬としてREPがもらえ、間違った予測をすると失う仕組みになっているので、参加者は根拠に基づく正確な予測をするようになり、信頼性が向上します。

オーガーはブロックチェーンを利用した予測市場のため、中央管理者が存在しません。そのため、中央管理者が不正をしたりすることができないので既存の予測市場より信頼性が高くなっています。なお、オーガーでは以下の3種類の予測市場を提供します。

Yes/No Markets(二者択一型)

最も簡単な予測市場がこちらです。答えがYesとNoのように二者択一型のものを指しています。

例: 今後3年以内にビットコインの価格は20,000 USDを超えるか?

Multiple Choice Markets(多肢選択法)

こちらは複数の選択肢の中から一つを選ぶタイプの予測市場です。

例: リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュのうち、1年後に最も時価総額が高いのはどれか?

Numerical Range Markets(範囲型)

こちらは前述の2種類に比べて少し複雑ですが、結果が一定の範囲内に入るかどうかを予測するものです。

例: 1年後のイーサリアムの価格は今の2~3倍になっているだろうか?

REPはERC20トークンの一種

予測市場プラットフォームのオーガーで使われるトークンは「REP」と呼び、これはERC20トークンの一つです。そのため、基本的な性能などはイーサリアムに依存しています。イーサリアム由来の問題などが影響する可能性があるので覚えておきましょう。

オーガー(AUGUR/REP)の将来性は?

オーガーは今後、以下のような場面で活躍するのではないかと言われています。実現には課題も多く残されていますが、将来性に期待できそうなプラットフォームです。

市場予測

オーガーを利用することによって質の高い未来予測が集まるようになれば、各種市場の動向を予測するのに役立つかもしれません。株式市場や外為市場、仮想通貨市場などの動きを予測できれば投資判断などにも役立てることができるでしょう。

保険サービス

保険システムの根幹には予測市場と似た面があります。つまり、将来起こり得る出来事を予測して備えるということです。オーガーの予測市場とスマートコントラクトをここに応用すれば保険会社のいらない分散型の保険サービスを提供できるようになるかもしれません。

オーガー(AUGUR/REP)のチャートと価格推移をチェック!



こちらはオーガーの過去1年分のチャートです。チャートを見ると、2017年12月頃から価格が上昇し、その後程なくして下落しています。こうしてみてみるとビットコインやイーサリアムのような主要な仮想通貨の値動きと同様になっています。

しかし、オーガーは4月移行に価格が再び上昇し、2018年5月現在右肩上がりのチャートとなっています。この時期は他の仮想通貨も価格が回復したものの、上下を繰り返しているものも多くなっていますのでオーガーは少し違った値動きを見せています。

オーガー(AUGUR/REP)を購入できる取引所

続いてオーガーを購入できる取引所をチェックしてみましょう。メジャーな仮想通貨ですので取り扱っている取引所はたくさんあります。その中からオススメの取引所をピックアップします。

Binance

世界最大の取引所として知られるBinanceはオーガーの取引量もかなり多くなっています。取引画面も日本語に対応していて使いやすいので一番オススメの取引所です!

Binanceの登録はこちらから

Bittrex

こちらは200種類近くの仮想通貨が上場されている取引所です。先ほど紹介したBinanceに次いで取引量が多くなっています。分散投資をしたい人やサブの取引所を探している人にオススメです。

Bittrexの登録はこちらから

Poloniex

Poloniexは2014年に設立された取引所です。こちらも上場されている仮想通貨の種類が多く、分散投資にオススメです。その一方でクラッキング被害に遭ったことがあるなどセキュリティに懸念がありますので、利用する際はウォレットなどを利用することをおすすめします。

Poloniexの登録はこちらから

オーガー(AUGUR/REP)に対応しているオススメウォレット

オーガーはERC20トークンであるため、対応しているウォレットもたくさん存在しています。その中でもオススメなのは「Ledger Nano S」です。こちらはハードウェアウォレットでセキュリティが非常に高いので長期保有したい人にオススメです。

オーガーの将来性に期待して長期保有したいと思っている人はぜひ、こちらを利用してみてください。ただし、不正なウォレットを購入しないように必ず公式サイトから購入するようにしましょう!

Ledger Nano Sの購入はこちらから

オーガー(AUGUR/REP)のまとめ

オーガー(REP)はいかがだったでしょうか?予測市場はうまく活用すれば社会にあるさまざまなサービスを変革できる可能性を秘めています。法律の問題など、解決すべきものもまだまだたくさんありますが、今後に期待できるといえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加