bitbank(ビットバンク)の手数料は高い?入金・送金手数料など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はビットコインをはじめ、その他のアルトコインでも取引手数料が無料で取引できる国内の大手仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」をご紹介します。各種手数料についてや、他の国内の人気仮想通貨取引所との手数料の違い、手数料を抑えるための節約方法などについてもご説明します。

bitbank(ビットバンク)とは?

会社概要

取引所名 bitbank(ビットバンク)
運営会社 ビットバンク株式会社
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-20-9
代表 廣末紀之
設立 2014年5月
公式サイト https://bitcoinbank.co.jp

bitbankを運営するビットバンク株式会社は、主に仮想通貨を健全に普及させていくために作られました。また、代表の廣末氏を始め、その他の取締役の方のキャリアも華々しいことで知られています。

bitbankの特徴

bitbankは金融庁にも認可されている仮想通貨取引所で、現在はキャンペーン中で、全通貨ペアの取引手数料が無料であることや、セキュリティが強固でありサーバーが安定しているなど、ユーザーの間でも定評があり人気上昇中の取引所です。

またbitbankのアカウントを持っていればすぐに登録できる「bitbank Trade」では追証なし(かけた金額以上の損をしない)でハイレバでFX取引を行うこともできます

bitbankで扱われる取引方法は?

ビットバンクは取引所であり、ここで取り扱われるすべての仮想通貨は取引所方式で取引されます。

取引所方式の場合は個人同士での取引となるため、コインチェックなどの販売所に比べても手数料が安く、短期間のトレードで利用する場合にも向いています。

気になるbitbankの手数料は?

ビットバンクの手数料

取引手数料

ビットバンクを始めとした各取引所の手数料は以下のようになります。

現物取引(取引所)

取引所 ビットコイン アルトコイン
bitbank 0% 0%
bitflyer 0.01%~0.15% 0.2%
Zaif -0.05%~-0.01% 0%~0.1%
BITPoint 0% 0%
QUOINEX 0% 0.1%~0.25%

ビットバンクでは現在全ペア手数料無料キャンペーンを実施しており、2018年の6月末までは全ての通貨の取引手数料が無料になります。また取引所なので販売所のように、スプレッドなどといった仲介手数料もほぼありません。

つまり、ビットコイン以外のアルトコインでもほぼ手数料無料で取引できるので、アルトコインを安く取引したいような場合には最適です。リップルを手数料無料で取引できる取引所としてもビットバンクは貴重な存在でしょう。

入金手数料

入金手数料はビットバンクを始め、基本的にどこの取引所でも無料です。ただし持っている銀行口座により振込手数料がかかりますが、住信SBIネット銀行の口座を持っていれば大体どこの取引所でも振込手数料を無料にすることができます

ビットバンクの場合はクリック入金には対応していませんが、振込名義人の前にアカウントIDを追加して、振り込むことで即時反映が可能です。

出金手数料

ビットバンクを始め各取引所の出金手数料は以下のようになります。

取引所 出金手数料
bitbank 540円~756円
bitflyer 216円 〜 756円
Zaif 350円 〜 756円
BITPoint 324円
QUOINEX 500円
GMOコイン 無料
DMM Bitcoin 無料

ビットバンクの出金手数料は3万円未満の出金であれば540円、3万円以上であれば756円となっています。他の取引所と比べても比較的割高になりますね。

送金手数料

送金手数料は預入に関しては基本的にどこも無料になりますが、払出に関しては送金を行う取引所や通貨の種類によって変わってきます。以下、ビットバンクにおける各仮想通貨の送金手数料(払出手数料)になります。

仮想通貨名 送金手数料
BTC 0.001 BTC
LTC 0.001 LTC
XRP 0.15 XRP
ETH 0.005 ETH
MONA 0.001 MONA
BCC 0.001 BCC

また以下は各取引所におけるビットコインの送金手数料になります。

取引所 送金手数料
bitflyer 0.0004BTC(送金手数料
Zaif 0.0001BTC~(送金手数料
bitbank 0.001BTC(送金手数料
BITPoint 無料(送金手数料
QUOINEX 無料(送金手数料
GMOコイン 無料(送金手数料
DMM Bitcoin マイナーに支払う分のみ(送金手数料

送金手数料はよく変動するようなので、上記手数料はあくまで参考になりますが、リンク先から各取引所の送金手数料を確認できます。ビットバンクの送金手数料は他の大手取引所と比べ比較的割高になります。

手数料を節約するには?

手数料の節約

ビットバンクを利用する際に、各種手数料を抑える方法としては、住信SBIネット銀行で振り込みする、出金回数は減らすといったことが挙げられます。また手数料とは関係ありませんが、注文は成行よりも指値で行うと損失を抑えられるでしょう。

1.住信SBIネット銀行で振り込みする

ビットバンクの振り込み先銀行は住信SBIネット銀行になっています。つまり、住信SBIネット銀行口座から入金すれば振込手数料は無料になります

しかも住信SBIネット銀行口座で振り込みをする場合は、他の銀行口座から行う場合と比べても送金が早く、ものの10分程度で取引所の口座へ反映されることもあります。

なのでビットバンクを利用する際は是非住信SBIネット銀行の口座を作っておくと良いでしょう。

2.出金はまとめ、回数を減らす

ビットバンクの出金手数料は、3万円未満の出金であれば540円、3万円以上であれば756円と比較的高めです。なのでビットバンクでの仮想通貨の取引で利確した後は、その都度出金するのではなく出金回数を控えめにしてなるべくまとめて出金するようにしておきたいですね。

費用を抑える:注文は成行よりも指値で行う

ビットバンクでの注文方法は「成行」と「指値」があります。成行は売買価格をわざわざこちらで指定せずに、数量を入力して注文ボタンを押すだけで簡単に取引できるので、初心者の方に向いています。

しかし成行注文の場合は、取引する通貨の価格変動が激しい場合だとかなり損をする可能性も少なからず出てきます。一方で指値注文の場合は、数量と価格をこちらで指定しなければなりませんが、成行注文のようにこちらにとって損となる価格で取引が約定されることはありません。なのでなるべく損をしたくないのであれば成行よりも指値で注文しておくと良いでしょう。

bitbank(ビットバンク)はこんな人におすすめ

ビットバンクは以下のような方におすすめです。

  • リップルなどのアルトコインを取引手数料無料で取引したい方
  • セキュリティが強固で安心して利用したい方
  • bitbank Tradeと簡単にアカウント連携させて、追証なしのレバレッジ取引がしたい方

まとめ

ビットバンクでは送金手数料や出金手数料は比較的割高ではあるものの、アルトコインでも取引手数料無料で取引できるのが最大の強みです。ちなみに、リップルを取引所形式で取引できるのは、国内取引所ですと、ビットバンクくらいなので、リップルの取引をしたい場合にもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。