ビットコインの送金を解説!取引所別の手数料・時間や送金方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ビットコインの送金方法について紹介していきます。

ビットコインの送金方法を知っているか知らないかで、今後の仮想通貨投資の幅が決まります。たとえば、日本円を利用できない海外の取引所を使う場合には主にビットコイン建てとなるため、送金処理が必要です。また、仮想通貨のICO銘柄に投資する場合も、ビットコインなどの送金を求められます。

ここからは、国内最大手の取引所「ビットフライヤー(bitFlyer)」の画面を使って、ビットコインの送り方について詳しく解説していきます。同時に送金時の手数料や反映時間についても学んでいきましょう。

ビットコイン送金の基本的事情

ビットコインの送金は、銀行で日本円などを送金するのとは異なり独特のルールや習慣が存在します。ここでは、送金の仕組みから手数料の役割などを解説していきます。

ビットコイン送金の仕組み

ビットコインの送金は、特に海外送金などにおいて銀行から送金するよりも手数料が安く済みます。これは仮想通貨の大きなメリットの一つで、仮想通貨を使った国際送金システムが盛んになっているのもこの理由からです。

一方、手数料が安いということは何かを犠牲している可能性があります。

たとえば、銀行で日本円を送金する場合、金融機関に対して高い手数料を支払う必要があります。しかし、銀行に依頼した送金手続きはほぼ完全に履行され、ご自身の資金が突然消えてしまうことはないでしょう。これは、銀行が高い手数料を取る代わりに、安全性を担保しているからですね。

仮想通貨の場合は完全に個人対個人で送金が行われます。P2P(ピアツーピア)という仕組みで送金が行われるため、ユーザー同士の間に仲介する管理者が一切存在しないのですね。そのため、個人同士で送金する際の手数料は安価に済む一方で、確実に相手の元に資金が届くという保証がありません。

そこで、仮想通貨の場合は、秘密鍵と公開鍵を使うことで信頼性を担保することを確立しています。

秘密鍵

秘密鍵は仮想通貨資産に対する情報のすべてを操作するために必要なセキュリティキーです。銀行でいえばキャッシュカードと暗証番号にあたり、秘密鍵を失うことはご自身の資産が消失してしまうことと同意となります。

公開鍵

公開鍵は一般にも公開されているパブリックキーを指します。

公開鍵は、秘密鍵の暗号を解読する時に利用され、公開鍵と秘密鍵はセットで扱われます。

仮想通貨の送金手続きを行うと、そのリクエストに応じて情報が作成されます。そしてその送金情報は秘密鍵で暗号化されるのです。そして、暗号化された情報にアクセスできるのは公開鍵のみとなります。この暗号化と解読という2つの作業情報は、第三者による特定ができなくなっており、2つの段階で送金情報の整合性を確保します

なぜビットコインを送るのに手数料がかかるのか?

ビットコインを送金するには取引所を経由して行うのが一般的です。そして、取引所経由でビットコイン送金を行うと基本的に「送金手数料」が発生します。

たとえば、私たちが銀行を通じて日本円などを送る際も手数料が発生しますよね。銀行の場合は、この手数料は完全に金融機関側の収益となります。しかし、仮想通貨の場合は少し事情が異なります。

仮想通貨は国が通貨の発行をしているわけではないので、基本的にユーザー同士の取引では何を元に信用をしてよいのかが分かりません。そこで、マイニングという作業で、取引における情報の整合性をチェックします。これには膨大な演算処理が必要で、世界中の有志がコンピュータパワーを提供して行っているのです。

そして、マイニングを行った方に対して報酬が発生します。この報酬は送金や取引によって発生する手数料が基本となっているのです。そのため、送金手数料は、仮想通貨を安全に送るために欠かせない仕組みと言えるでしょう。

また、ビットコインの手数料は送金者自身が自由に設定できるようになっています。そして高い金額を支払う方ほど速く処理してくれるというルールがあるのです。ビットコインはマイニング作業を行うのに10分という時間がかかるため、送ったBTCが相手の口座に反映されるまで10分という時間がかかります。

ビットコイン送金の優先順位を決めるというのも手数料の役割です。

ビットフライヤー(bitFlyer)からビットコインを送金する方法

ビットフライヤーからビットコインを送金するには、ログイン後の画面から「入出金」を選び、「BTCご送付」を選択します。

すると、下のような画面が表示されます。

ラベルの部分は自由入力で、送金ナンバーを入力して管理を行う際に利用されます。その右にある欄に送金先のアドレスを入力し、「追加」を選びましょう。

あとは、送金するBTCの数量と優先度を入力します。

優先度に入力する数字は「0~0.005」程度です。数字が大きくなるほど速く処理されますが、入力した数値分のBTCが手数料として差し引かれます。

最後に、画面下に表示される「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックすると手続きは完了です。

ビットコインの送金反映時間は10分!?

ビットコインを送金するためには長い時間がかかります。これは、上記で紹介したビットフライヤー側の問題というよりも、ビットコインという仮想通貨の仕様の問題です。

仮想通貨はそれぞれ、通貨の移動を行う場合に、「送付元と送付先の情報が正しいかどうか?」を詳しくチェックします。これは、「マイニング」と呼ばれる仕組みで、世界の有志が報酬を受け取ることを条件に、たくさんのコンピュータを使って膨大な計算を行っています。この仕組みがあることで、不正やデータ改ざんのリスクを抑えることができ、仮想通貨取引の健全性を確保しているのです。

ただ、せっかく計算処理を行ったデータも、それを保管しておく倉庫が小さければ処理に時間がかかってしまいます。仮想通貨の処理データは日々甚大に増えていくため、そのデータを保管しておく大きなスペースが必要なのです。

ビットコインの場合は、残念ながらスペースはそれほど大きくはありません。そのため、1回の送金を行うのに要する処理時間は10分にも及びます。つまり、取引所に対して「送金してください」と申請してから、実際に相手方にデータが反映されるまで10分もの時間がかかるということです。

特に急いでいない時なら大丈夫でしょうが、相手方の都合で「すぐに送ってほしい!」という場合などは考えものですね。なにか良い解決策はないものなのでしょうか?

ビットワイヤー(bitWire)ならわずか1秒で送金完了!

国内最大手の取引所「ビットフライヤー(bitFlyer)」なら、ビットコインの送金の遅さを解決することができます。その名も「ビットワイヤー(bitWire)」というサービスです。

ビットワイヤーを使えば、送金先のメールアドレスを指定するだけで即座に処理を行うことができます。ビットワイヤーの送金処理時間は約1秒となっているので、ビットフライヤーからそのまま送金するよりも600分の1秒という高速処理が可能です。

では、ビットワイヤーはどのように使えばよいのでしょうか?

ここから先はビットワイヤーの使い方について詳しく解説していきます。

ビットワイヤー(bitWire)の使い方

ビットワイヤーの使い方は、まずビットフライヤーにログインしてメニュー画面から「bitWire」を選択します。

すると、下の画面のように切り替わります。

ここでは、送金先のメールアドレスを指定します。

その下にある送付金額は、日本円からビットコイン数量のどちらかで構いません。

コメントは任意で、あとは画面下にある「ビットコインを送付する」をクリックすると、1秒後には相手の口座にビットコインが反映されています。手間も時間もかからないので、ビットフライヤーの独自サービスとして最も使いやすいと言えるでしょう。もちろん手数料もかかりません。

ただし、ビットワイヤーで送金するためには、相手方もビットフライヤーに口座開設しておく必要があります。ビットコインの送金先は相手のビットフライヤー口座になるため、登録がなければ処理は行われません。

相手のビットフライヤー口座がなくても申請はできますが、その場合2週間以内に口座開設を行っておく必要があります。申請から2週間が過ぎても登録されていない場合は、ビットコイン送金はキャンセルとなり、資金は送り元へと返還されます。

ビットコインの送金手数料は?

ビットフライヤーからビットコインを送金する場合は、0.0004BTCの手数料がかかります。2018年5月29日時点の価格でいえば、1BTCが約80万円なので、約320円ほどのコストとなります。

取引所によっては送金手数料が無料になる場合も。

たとえば、以下の3つの取引所では送金手数料は無料です。

  • GMOコイン
  • ビットポイント(Bitpoint)
  • コインエクスチェンジ(Quoinex)

あらかじめ複数の取引所に口座開設しておき、ビットフライヤーのビットワイヤーや、上記3つの手数料無料取引所など、状況に応じて使いこなすことをおすすめします。特に送付金額が少なくなるほど、対コストの割合が高くなってくるため、少額で送る場合はGMOコインなどを利用してみても良いでしょう。

まとめ

今回は、ビットフライヤーの画像を使いながら、ビットコインの送金方法を紹介してきました。

ビットフライヤーは利用者数200万人と国内最多、投資家からの信頼度も高く、世界一のセキュリティ体制を誇ります。はじめて仮想通貨投資にチャレンジする方にとって最もおすすめする取引所です。

ビットフライヤーには、ビットワイヤーなどの独自サービスがあり、他社よりも簡単に、早くビットコインを送れるメリットがあります。GMOコインやビットポイントなど、他の取引所を利用する場合もビットフライヤーだけは登録しておいて損はありません。上手に使いこなして、賢い仮想通貨投資を行ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加