ビットコインキャッシュのチャートを徹底解説!将来性や過去の推移まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨で、ビットコインよりもブロックサイズを大きくしたものです。

今回はビットコインキャッシュの最新のチャートから、これまでの変遷や将来性をみていきましょう。

ビットコインキャッシュってどんな仮想通貨?

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨です。

ビットコインでは取引が増えたことにより、送金の遅延や送金手数料の高騰などスケーラビリティ問題と呼ばれる問題が起きました。

それに対応するための方法でビットコイン派とビットコインキャッシュ派で異なるアプローチを取り、合意に至らなかったため、ハードフォークが行われました。

もともとのビットコインは、ブロックサイズはそのままで、取引データの一部を分離することで、1つ当たりのデータを小さくする(Segwit)ことで対応をしようとしました。

それに対して、ビットコインキャッシュでは、ビットコインよりもブロックサイズを大きくすることで、ブロックあたりで取引ができる量を増やして解決を試みました。

最新のチャートと価格の振り返り

では、このビットコインキャッシュの過去の価格推移や現在の価格についても見ていきます。

現在の価格について


ビットコインキャッシュは現在700ドル付近で推移しています。

ビットコインキャッシュの価格はビットコインの価格と連動するように動いており、ビットコインが下がるとビットコインキャッシュが上がるということがよく起こります。

これはビットコインからハードフォークしたという経緯が大きく影響しています。

過去の価格の変遷

2017年8月のハードフォーク後すぐは、期待感も相まって価格が一気に上昇しました。

2017年11月には2倍近い価格上昇が見て取れます。これは、SegWit2xのハードフォークが中止になったことでそこに流れる予定だった資金が流れ込んだからと考えられています。

SegWit2xはビットコインキャッシュと同じくビットコインからハードフォークしてスケーラビリティ問題を解決した仮想通貨として考案された仮想通貨です。

2017年末には、少し価格を下げた後、他の仮想通貨同様に一気に価格が高騰し、日本円で40万円を超えるまでになりました。2018年初頭には、価格が暴落し日本円で13万円ほどまで落ち込みました。

また、ビットコインキャッシュは2018年5月15日にハードフォークを行い、機能向上に期待をした多くの投資家が買ったことで短期的に価格が上昇しましたが、決済売りが多くなりすぐに価格が下がりました。

ビットコインキャッシュの将来性について

ビットコインキャッシュの将来性を予見するニュース

ポジティブなニュース

それまでビットコインキャッシュはビットコインと同じアドレス形式を採用していましたが、独自のアドレス形式であるCashAddrフォーマットを新たに採用しました。これによって誤送信などのトラブルが解消され、新たな機能の追加が可能になりました。

2018年5月15日に実施されたハードフォークでは、ブロックサイズが8MBから32MBに拡大し、スマートコントラクトの実装が可能になるコードを追加しました。

ブロックサイズの拡大は、処理速度の高速化に貢献でき、スマートコントラクトが実装できるようになれば、イーサリアムのように利便性が大きく向上することが期待されます。

加えて、電話回線だけでビットコインキャッシュを送金できるサービスがローンチされています。

このサービスはコインテキストと呼ばれており、特にアフリカ市場での活用に期待されています。アフリカの大きな人口で利用されるようになれば、ビットコインキャッシュがより社会へ浸透していくと期待できます。

ネガティブなニュース

ビットコインの欠点を解決した仮想通貨を目指しているビットコインキャッシュですが、実はたくさんのライバルが存在します。

その代表格はライトコインといえるでしょう。ライトコインは銀(シルバー)を目指す仮想通貨と呼ばれており、ビットコインを超える優秀な処理速度と低価格の手数料を実現しています。

LitePayやLitePalと呼ばれる実店舗やネットショップで使えるサービスも続々とリリースしており、実用性に磨きをかけています。

ビットコインキャッシュは今後、このようなライバルになる仮想通貨との競争を強いられることになります。この競争は決して簡単なものではなく、熾烈な競争になっていくでしょう。

ビットコインキャッシュのクチコミ情報

ポジティブなクチコミ

ネガティブなクチコミ

結論

ビットコインキャッシュはビットコイン以上の性能を持った仮想通貨を目指して、さまざまな工夫を行なっています。また、決済用の仮想通貨として採用される場面も増えてきており、徐々に定着もし始めています。

しかし、同じくビットコインを超えようとたくさんの仮想通貨がしのぎを削っているのも事実です。そのため、今後熾烈な覇権争いを繰り広げていくことになります。強力なライバルとの競争で勝つことができれば、大きく価値が上がると言えるでしょう。

このように考えれば、ビットコインキャッシュの将来性を握るのは、実用性だと言えます。より多くの実店舗やネットショップなどで決済用の仮想通貨としてビットコインキャッシュが採用されれば、大きな将来性が実現するでしょう。

ビットコインキャッシュのおすすめの取引所

取引所のイメージ

ビットコインキャッシュは多くの取引所で取引することができますが、日本の取引所で取引するのが比較的簡単でおすすめです。

Zaif(ザイフ)

ザイフはコイン積立やマイナス手数料制度など独自のサービスを提供しており、使いやすい取引所として定評があります。

Zaifの公式サイトはこちらから

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクは取引のしやすさに定評のある取引所で初心者でも簡単に取引することができます。また、ビットコインニュースやブロックチェーン大学校など情報発信や人材育成にも力を入れている取引所でもあります。

bitbankの公式サイトはこちらから

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは日本国内最大の取引所で、二段階認証やマルチシグ、不正ログイン保証サービスなどセキュリティ体制に定評のある取引所です。

bitFlyerの公式サイトはこちらから

まとめ

情報の整理

今回はビットコインキャッシュのチャートの分析を中心に将来性をみてみました。具体的な実用に向けて実店舗やネットショップなどで決済手段として採用される例も増えており、ハードフォークを通した利便性や機能性の向上なども行われています。

しかし、同じく決済用の仮想通貨として利便性も機能性も優れたものも続々と誕生しています。ビットコインキャッシュが今後価値を大きくしていくためには、そのような仮想通貨との競争をくぐり抜ける必要があります

うまく頭一つ抜け出すことができれば、大きな将来性が期待できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。