【完全版】仮想通貨ビットコインダイヤモンドとは?特徴・将来性・価格予想・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインダイヤモンドという通貨はご存知でしょうか。

その名の通り、名前にビットコインとついていることからもちろんビットコインと関係があります。一方で、名前の中にビットコインが付いている仮想通貨はビットコインキャッシュやビットコインゴールドなど数多くあり、何がどう違うのかわからない人も多いでしょう。

今回はそんなビットコインダイヤモンドについて皆さんにご紹介します。

仮想通貨ビットコインダイヤモンドとは?

仮想通貨名 Bitcoin Diamond
通貨記号 BCD
発行数 2億1千万枚
コンセンサスアルゴリズム PoW(OPTIMIZED X13)
ブロックサイズ 8MB
ブロック生成時間 10分
公開年月日 2017年11月24日
開発者
公式サイト http://www.btcd.io/#/
ビットコインダイヤモンドとは元々、ビットコインの一部だったものが分裂して新しくできた仮想通貨です。確かにビットコインは仮想通貨の代名詞といえるほど知名度が高いですが、実際の性能面では様々な点で欠陥を抱えています。

名前にビットコインが入っている仮想通貨はこのビットコインの欠点を解消するために分裂し、新しく生まれ変わりました。ではビットコインダイヤモンドはビットコインのどう言った部分を改善したのか?

以下の特徴部分で詳しく解説します。

仮想通貨ビットコインダイヤモンドの特徴

ビットコインダイヤモンドの大きな特徴としては以下の3点が挙げられます。それぞれ詳しく解説していきます。

匿名通貨としてのプライバシーの保護

現在、ビットコインで行う取引はまったく関わりのない第三者でも閲覧することが可能です。送金した額から送金されたアドレスまで特定する事ができ、保有資産まで特定されかねないです。実際に、保有資産を知られたことから取引所の代表が事件に巻き込まれるなどの例も発生し、情報を公開する事が必ずしも良いとは限りません。

そんな中、大手投資家など自分の保有資産を明らかして事件に巻き込まれたくない人の為に作られたというのが匿名通貨全体の開発理由です。ですが実際の所記憶に新しいコインチェックのネム流出事件では、犯人グループが盗まれたネムを匿名通貨を利用してマネーロンダリングした例もある為、匿名通貨の犯罪防止対策についてはまだまだ課題が残されています。

送金の遅延や手数料の高騰の改善

ビットコインダイヤモンドがビットコインと大きく違う点において、ブロックサイズが8MBになっている点が挙げられます。具体的にはビットコインよりも一つのブロックに書き込める情報量が多くなり、送金の遅延と遅延から生じる手数料の高騰を防ぐ効果が期待されます。しかし、問題点も指摘されており、ブロックサイズが8MBに容量アップしたことにより一般のユーザー端末では処理することが難しいのが現状です。そのため、一部のユーザーが独占的に処理を行うことで中央集権型になってしまう点が今後の課題でしょう。

発行枚数が2億1000万枚

ビットコインは2018年5月現在でおよそ1枚100万円の価格で全盛期の半分の価格ですが、それでも一枚当たりの価格が大きいことから投資家達の心理的投資ハードルが高いのが現実です。そんな中、ビットコインダイヤモンドはビットコインの総発行枚数の10倍にあたる2億1000万枚もの枚数を発行しました。

これは発行枚数を増やすことにより一枚当たりの価格を下げることが狙いで実際に2018年5月現在、ビットコインダイヤモンドの価格は約3500円とビットコインと比較しても、心理的投資ハードルが低くなっています。

ビットコインダイヤモンドの将来性

ビットコインの問題点を解決しようと生み出されたビット コインダイヤモンドですが、枝分かれした仮想通貨の中でプレゼンスが高いものはビットコインキャッシュとなっています。

ビット コインダイヤモンドは匿名通貨という特徴がありますが、既にその枠はDashやMoneroなどの他の通貨が陣取っており、今から入り込む余地はあまり無いと思われます。そして最大の問題点としては開発者の情報が明らかにされていない事から詐欺コインではないかとの噂が立っている点です。しかし、今後開発者の情報が公開されて信用を勝ち取ることができれば、ビットコインの名前のブランドから大きく価格が上昇する可能性も秘めています。

仮想通貨ビットコインダイヤモンドの価格予想


ビットコインから分裂した通貨は基本的にビットコインの価格と連動した動きを見せていますが、それでも徐々に右肩下がりになっているのが現状です。現在はビットコインが仮想通貨No.1の地位を独占していますがその現状が崩れた時、次の基軸通貨が決まるまでは様子見の段階でしょう。

今後大きく跳ねる可能性も抱えているので今のうちに投資を考えても良いかもしれません。

ビットコインダイヤモンドを取り扱っている取引所

現在仮想通貨ビットコインダイヤモンドを取り扱っている仮想通貨取引所で最もメジャーなものはBinanceでしょう。以下にBinanceの特徴をまとめましたのでご紹介します。

Binanceの特徴

海外仮想通貨取引所で現在最も有名と言っても過言ではないBinanceですが、一番の特徴は取り扱い通貨の多さでしょう。そしてハードフォークした通貨の取り扱いに積極的な事から2018年5月現在ビットコインからハードフォークした通貨は全て取り扱っています。

実際の取引上のメリットとしては取引手数料が0.1%と格段に安く、更にBinance独自の仮想通貨であるBNBで手数料を支払う設定にすれば更に半額の0.05%で取引手数料を収める事が出来ます。

ビットコインダイヤモンドを購入するだけでなく、その他の仮想通貨の購入を考えている方にもおすすめできる取引所です。

Binanceの登録はこちらから

保管するためにおすすめのウォレット

ビット コインダイヤモンドを保管する上でおすすめのウォレットとしては、BitpieBitgoが挙げられます。

BitpieはAndroid・iOS両方の携帯端末に対応しており、最初に設定した12個のキーワードをパズルのように並べて認証するのが特徴的です。

Bitgoの方もAndroid・iOS両方の携帯端末に対応し、二段階認証も出来るので安心度はこちらの方が高いですね。

仮想通貨ビットコインダイヤモンドまとめ

ここまで仮想通貨ビット コインダイヤモンドについての情報をまとめてきましたが、ビットコインの価格に依存してしまう事、そして開発者の情報が不透明な点がやはり一番のネックになっています。総合的には安心できる投資先かはわかりませんが、今後の情報開示を期待して先行投資しておくのも一つの手でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。