【完全版】仮想通貨ビットコインゴールドとは?特徴・将来性・価格予想・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はビットコインをハードフォーク化させたコインであるビットコインゴールド(BTG)の特徴や将来性、購入するのにオススメの取引所やウォレットなどについて詳しく解説していきます。

仮想通貨ビットコインゴールドとは?

仮想通貨名 Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)
通貨記号 BTG
発行数  2100万枚
コンセンサスアルゴリズム PoW(Equihash)
ブロックサイズ 1MB
ブロック生成時間 約10分
公開年月日 2017年8月
開発者 ライトニングエーシック(LightningACIC)
公式サイト https://bitcoingold.org/

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)はビットコインをハードフォーク化させた仮想通貨です。ハードフォークというのは簡単に言うとアップデート・ルールの変更といったもので、既存のブロックチェーンを分裂させることで新しい仕様を適用させていく方法です。この時ハードフォークではソフトフォークのように旧仕様との互換性がありません。

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)が作られた目的は?

ビットコインゴールドは、ビットコインのマイニングの集中を防ぐために、ハードフォーク(分裂)して生まれた通貨です。現状のビットコインのマイニングは土地代や電気代が安い中国で半ば独占的に行われており、ビットコインの非中央集権制に反していることが指摘され、生まれました。

ビットコインゴールドの特徴は?

BTGのイメージ画像

ビットコインゴールドはビットコインのマイニングにおける中央集権化を解消する目的で作られましたが、この両者では具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

アルゴリズムの違い

ビットコインとビットコインゴールドとでは、主にPoWアルゴリズムが異なっています。まず、ビットコインではSHA-256というアルゴリズムが使われていました。

このアルゴリズムではASICと呼ばれる、計算能力が高く、マイニング効率の高いコンピューターを使ってマイニングをすることができます。ただ、このデバイスは高額であり資金力のある一部の人しか利用することができません。

このASICが導入されたことによって誰でも平等にマイニングをすることはできず、これが中央集権化させる原因になりました。これを防ぐために、ビットコインゴールドではEquihashと呼ばれるアルゴリズムが使われています。

このアルゴリズムではASICでマイニングをすることができないうえに、パソコンのGPUでもマイニングが出来るので、資金力のある特定の層だけでなく誰でもマイニングに参加できるようになっています。

マイニングの難易度調整の違い

またビットコインと違ってマイニングの難易度調整期間も変更され、ビットコインでは2週間に1回しか行われていなかった難易度調整が、ビットコインゴールドではブロックが作られるたびに調整されるようになりました。

これによりビットコインのようにマイニング競争が激しくなっていくことによって、一般的なパソコンではマイニングができなくなるくらいにマイニング難易度が上がるような問題も解決されるようになっています。

ブロックサイズや生成時間は同じ

ブロックサイズやブロック生成時間に関しては、ビットコインとビットコインゴールドも変わりません。またビットコイン同様にSegwitが導入されており、これによってスケーラビリティ問題もある程度解決することができます。

気になるビットコインゴールドの価格予想



ビットコインゴールドの年間単位のチャートです。(上のタブを切り替えると1か月単位のものが表示されます)11月の後半から価格が高騰した理由としては、海外取引所である「BITTREX」や「Bithumb」で上場したことが考えられています。

ビットコインゴールドで噂される好材料とは?

ビットコインゴールドは国内大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)で上場されるかもしれないという噂があります。これはビットコインゴールドのホームページ上でcomming soonの所にビットフライヤーが表示されていたことからこのように推測されているようです。

あくまで噂でしかありませんが、これがもし本当であればリスクなどのアルトコインがビットフライヤーに上場したときと同様に、ビットコインゴールドの価格高騰が大いに期待できるでしょう。

ビットコインゴールドの将来性

右肩上がりのイメージ画像

ビットコインゴールドは中央集権化させないような目的で開発された通貨であり、誰もがマイニング可能になる事から、今後のマイニングの承認速度の向上具合によっては決済として便利になるでしょうし、それが利用価値となって需要が高まってくることが期待されるのではないでしょうか。

ただし、ビットコインゴールドのマイニングでASICが使えるようになってしまった場合は、独自の価値を保てなくなってしまいますし、機能的にはビットコインとほとんど変わらないので、取引が活発化すれば同様に送金手詰まりなどが起こる可能性も懸念されます。

また、非中央集権を掲げてはいるものの、開発元自体がビットコインゴールドをプレマイニングをしていて、ある程度のBTGを保有しています。このような中央集権的ともとれるような行為を行っていることから、BTGに対して不信感を募らせる声も多々あがっているようです。

ビットコインゴールドを購入するのにオススメの取引所は?

ビットコインゴールドは現在国内取引所では購入できませんが、海外取引所であれば取り扱われているので購入できます。海外取引所で最もおススメなのはBinanceです。

バイナンスであれば取引所内で発行される独自トークン「BNB」を使えば取引手数料は最安になりますし、本人確認書類不要で取引が始められて取り扱い通貨も豊富であり、日本語化にも対応しているというようにとにかく使いやすいのでオススメです。

その他日本語対応していませんが、取引手数料が安い「Bitfinex」や「Hitbtc」もオススメです。

ビットコインゴールドを保管するのにオススメのウォレットは?

Ledger Nano S

仮想通貨のハードウォレットとしては恐らく世界中でも最も有名で人気のあるウォレットです。公式サイトでは10000円台とハードウォレットの中でも割安な値段で販売されており、コストパフォーマンスに優れています。対応している仮想通貨は24種類ありますが、ネムには対応していません。

購入はこちら:Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

Trezor

Ledger Nano Sよりは少し割高になりますが、こちらもトップクラスに人気のあるハードウォレットウォレットになります。対応している仮想通貨は17種類程度ありますが、リップルには対応していません。ただしいずれリップルにも対応する予定だと言われています。

ビットコインゴールドまとめ

今回はビットコインゴールドの特徴や将来性などについてまとめていきました。

ビットコインゴールドはビットコインを持っている状態で国内取引所に上場されたりすることで無料で配布される可能性もあるようですし、上場に向けて事前に購入しておけばその後起こり得る価格高騰により利益を得られるかもしれません。

なので気になる方は来るべきタイミングに備えてビットコインなりビットコインゴールドを入手しておくと良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。