Bitfinex(ビットフィネックス)取引所の登録・使い方・入出金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Bitfinexは香港拠点の人気の取引所です。他の取引所と比較すると、取引に至るまでのハードルが高く、既に仮想通貨取引に慣れている玄人向けの取引所です。

Bitfinex(ビットフィネックス)とは?

運営会社情報(iFinex株式会社)

会社名 iFinex Inc
代表取締役 JL van der Velde
拠点 香港
設立年月日 2012年

Bitfinexは香港が拠点の取引所です。Binance(バイナンス)やKucoin(クーコイン)など香港拠点の取引所は多くなっています。CEOのジャン氏は、Bitfinexだけでなく、Tetherというドルと連動した仮想通貨を発行しているテザー社のCEOも勤めています。

取り扱い通貨数

60種類近くの仮想通貨を取り扱っています。海外取引所としてはあまり多くない数です。

通貨名 略号 通貨名 略号
0x ZRX Loopring LRC
aelf ELF Medicalchain MTN
AidCoin AID Mithril MITH
Aion AION Monero XMR
Aragon ANT NEO NEO
Augur REP Odem ODE
Aventus AVT OmiseGO OMG
Basic Attention Token BAT QASH QASH
Bitcoin BTC Qtum QTUM
Bitcoin Cash BCH Raiden RDN
Bitcoin Gold BTG Ripio Credit Network RCN
Bitcoin Interest BCI Recovery Right Tokens RRTs
BnkToTheFuture BFT Request Network REQ
Cofound.it CFI Ripple XRP
Dai Stablecoin DAI Santiment SAN
Dash DASH SingularDTV SNGLS
Decentraland MANA SingularityNET AGI
Dether DTH SpankChain SPANK
Eidoo EDO Status SNT
EOS EOS Stellar Lumen XLM
Ethereum ETH Storj STORJ
Ethereum Classic ETC Streamr DATA
ETP ETP Time New Bank TNB
FunFair FUN TRON TRX
Golem GNT Verge XVG
iExec RLC WAX WAX
IOSToken IOST YOYOW YOYOW
Iota MIOTA Zcash ZEC
Litecoin LTC

手数料

過去30日の取引量に応じて値段が変わります。Makerは新しい値段で注文を入れる、Takerは既に板にある値段での取引です。それぞれで、手数料が異なります。0.1%~0.2%からのため、やや安い部類に入るかと思います。

EXECUTED IN THE LAST 30 DAYS (USD EQUIVALENT) MAKER FEES TAKER FEES
$0.00 or more traded 0.100% 0.200%
$500,000.00 or more traded 0.080% 0.200%
$1,000,000.00 or more traded 0.060% 0.200%
$2,500,000.00 or more traded 0.040% 0.200%
$5,000,000.00 or more traded 0.020% 0.200%
$7,500,000.00 or more traded 0.000% 0.200%
$10,000,000.00 or more traded 0.000% 0.180%
$15,000,000.00 or more traded 0.000% 0.160%
$20,000,000.00 or more traded 0.000% 0.140%
$25,000,000.00 or more traded 0.000% 0.120%
$30,000,000.00 or more traded 0.000% 0.100%

詳細はこちら

信用取引

3.3倍までのレバレッジをかけて、信用取引を行うことができます。

レンディングサービス

仮想通貨を一定期間貸すことで収益を得られます。レンディング中は取引ができないため、使い方は注意が必要です。

日本語対応

Bitfinexは日本語対応していません。日本語に対応していない取引所は少なくないのですが、初心者向けでなく、本人確認もややこしいため、英語が苦手な方にはやや使いづらいかもしれません。本人確認などのやり方は以下に詳述しています。

スマホアプリ対応

iOS、Androidともに公式アプリがあります。Androidの評価は良いですが、iOSはイマイチのようです。

メリット

取引量が多い

2018年に入っても1日あたりの取引量がTop10を常にキープしています。2017年末から2018年始めにかけて、新規口座受付を禁止していましたが、それも人気があることが大きいかもしれません。ビットコイン、イーサリアム、EOS(イオス)、リップル、ライトコインなど比較的メジャーなコインの取引が多くなっています。

チャートが使いやすいTrading View

国内取引所のZaifやBitbankでも使われているTrading viewというチャートを使っています。チャートの見やすさや分析ツールが充実していることから評判の良いチャートです。既に使われている方であれば、スムーズに始められるでしょう。

レンディングができる

信用取引に対応している取引所は多いですが、レンディングができる取引所はまだ多くありません。通常取引以外にも収益を得られる方法が用意されていることは魅力の1つだと思います。

デメリット

取引までのハードルが高い

あまりに多くの登録があったためか、現在は10,000USD相当のデポジット(入金)がなければそもそも取引ができません。また、アクティブに取引をしない人には将来的に手数料を課す可能性もあり、玄人向けという印象です。手軽に仮想通貨を始めたい、ちょっとマイナーなアルトコインを買ってみたいという方にはあまり向かなそうです。

複数回のハッキング

取引所のハッキングや不正送金に関しては、マウントゴックスやコインチェックが有名かもしれませんが、Bitfinexでも2016年にハッキングを受け、12万BTC近い金額が盗まれています。取引所の破たんのリスクもありましたが、利用者の資産を一律で減らす代わりに、BFXというトークンを発行し、そのトークンを買い戻す方法で、利用者に少しずつ返済をする方法を採りました。最終的に完済しましたが、こうしたハッキングがあったことから取引所への不信感がある人もいるようです。

様々な疑惑

Bitfinex取引所とTether(テザー)をめぐって、多くの疑惑が指摘されています。Tetherは仮想通貨の1つで、ドルと価格が連動するペッグ通貨です。したがって、Tetherを発行するにはその分のドルを準備する必要があります。ただ、経営陣・株主がこの2社は同じとなっており、共謀することでTetherを勝手に好きなだけ発行することができてしまいます。これによって、ビットコイン価格を不当に操作したのではないかという疑いがあり、CFTC(米国商品先物取引委員会)からも召喚状が送られています。こうした経営の不透明性が指摘されており、ビットコインのリスクの1つとして認識されています。

口座開設

Bitfinexにアクセスする。

確認が必要です。それぞれ簡単に説明すると、Bitfinexはプロ向けなので、初心者の人は別の取引がおすすめです。1万ドル(約110万円)以上の入金がないと使えません。新規登録の申請は6~8週間かかります。Bitfinexはウォレットサービスではないので、将来的に取引がない人には口座維持の手数料を取りますという内容です。初心者やとりあえず口座開設をしたい人はお断りということのようです。

 

二段階認証

二段階認証を忘れずに行いましょう。他の取引所同様、Google Authenticatorで可能です。Security -> Two-Factor Authenticationから設定します。

本人確認

本人確認は他の取引所と比較し、非常にハードルが高くなっています。

再度、本人確認に時間がかかること、すべての入力が済んではじめて、本人確認を認証することという2点の確認です。

 

Name & Contact

Address

国によって呼び方が異なるので、だいたいで大丈夫です。

本人確認

本人確認書類が2つ必要です。

Finance

銀行の口座番号や口座名義を証明するもの、英語以外の場合にはその英語訳も必要になります。

Know your customer

書類に記入する必要があります。

Bitfinexのアフィリエイトはあるのか?

残念ながら、Bitfinexのアフィリエイトは無いようです。各種の施策を見ますと、どちらかというと登録者を増やすよりも大きな金額を取引する玄人のユーザーに対応することを優先していそうです。

まとめ

取引量は魅力的ですが、取り扱い通貨数や手数料だけを見ると、BinanceやPoloniexなど他の取引所でも良さそうなものもあります。レンディングを行いたい方、既に取引所の使い方にも慣れていて、英語も問題ない方にマッチしそうな取引所です。テザーとの関係については、Bitfinexを使わない方にも影響が大きくなる可能性もあり、注視が必要そうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加