bitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・登録・使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内No.1の仮想通貨取引所との呼び声も高いbiflyer(ビットフライヤー)をご紹介します。早い段階から取引所を運営しており、CMなどのプロモーションもいち早く行い、拡大をしてきた取引所です。

bitflyer(ビットフライヤー)の概要・特徴

運営会社情報

会社名 株式会社bitFlyer
代表取締役 加納裕三
事業内容 仮想通貨交換業及びブロックチェーン開発・サービス事業
設立年月日 2014年1月9日
資本金 41億238万円

2014年1月というかなり早い段階の設立となっています。代表取締役の加納裕三氏は東京大学の大学院を卒業し、ゴールドマン・サックスという外資系の証券会社でエンジニアとして働き、その後BNPパリパ証券でトレーダーとして働き、またゴールドマン・サックスでトレーダーとして働き、その後に起業しています。

多額の資金調達

総額で35億円以上の資金調達を行っています。最も額の大きいラウンドは約30億円で、ベンチャーラボインベストメントやSBIインベストメントなどから出資を得ています。

取り扱い通貨

現物取引

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

bitflyer Lightning(現物・FX・先物)

biftlyerでは、取引所と販売所を両方持っています。bitflyer Lightningが一般的に取引所と呼ばれるもので、通常の現物取引以外にも先物取引や信用取引(FX)が可能となっています。

FX対応

レバレッジは最大15倍で、1倍・2倍・3倍・5倍・10倍・15倍から選ぶことができます。対応通貨は円建てはビットコイン(BTC)のみで、ビットコイン建てでは、イーサリアム(ETH)とビットコインキャッシュ(BCH)に対応しています。

積み立て投資にも対応

Zaifなども積み立て投資に対応していますが、

手数料

販売所は無料ですが、取引所の現物取引には手数料がかかります。

ビットフライヤーはアプリにも対応

iOS、Android共にアプリはあり、それぞれ、レビューの点数がiOS4.2、Android3.5とそこそこ良い数字となっています。

金融庁に登録済み

2017年9月に金融庁の許可を得ています。

ビットフライヤーを使うメリットは?

取引量が多い

ビットフライヤーは取引所の立ち上げも早く、CMなどのプロモーションにも早く取り組んだため、利用者が多く、取引量が国内でも最大級となっています。短いスパンでの取引量は手数料無料などの施策を行う他社に流れることもありますが、コンスタントな取引量に関しては他社に抜きんでています。したがって、国内取引所の中では、取引が成立しやすく魅力的になっています。

セキュリティ

コインチェックでの不正送金もあり、セキュリティに関しても気になるかと思います。bitflyerはあるセキュリティサービスを提供する会社の調査においても世界一のセキュリティレベルと評価されており、国内取引所の中でもセキュリティが高いと認識されています。

経営体制

代表取締役社長の加納裕三氏、取締役CTOの小宮山峰史氏、取締役CFOの金光碧氏の3名がゴールドマン・サックス出身のエリートで金融業務に関する知見があります。また、株主も大手メガバンク(三菱UFJ、三井住友、みずほのグループ)が名を連ねており、盤石な経営体制を築いています。

ビットコインをもらえる

bitflyerには、ビットコインをもらうという項目があり、提携するサービスへの登録や利用を行うことで、ビットコインを得られるような仕組みがあります。普段使いのサービスなどでもビットコインを得られる機会が増えるメリットがあります。

補償がある

二段階認証を設定している場合には、補償があります。円換算で100万円以上を預けている人は500万円まで、それ以外の人も10万円まで補償されるという制度があります。ただ、円に限るようで、仮想通貨が盗まれた場合には対象にならないようです。

ビットフライヤーを使うデメリットは?

取引所の取り扱いの少なさ

各取引所の取り扱い通貨も増えており、取引所で取引が可能な通貨も増えています。そのような中で、円建ての取引ができるのはビットコインだけというのは、他社と比べると弱いように感じます。販売所は手数料が無料ですが、取引所よりも値段が高くなりがちのため、ビットコイン以外の取引は他社に流れやすくなっています。

スプレッドが大きい

上記と関連してですが、スプレッドの大きさがよく話題になります。販売所はもちろん、FXの取引でもスプレッドが大きいことがたびたび指摘されています。

サーバーが落ちる

昨年からずっと一貫してサーバーの課題が指摘されています。アクセスできなかったり、重要な注文が通らなかったりとサーバー強化を求める人が多くなっています。取引が多いことも理由の1つかと思いますが、リアルタイム性が重要となる取引でこのような状況が続くことはマイナスになってくるかと思います。

ビットフライヤーの評判は?

使っている人が多いということがあるかと思いますが、ネガティブな評判が多くなっています。特に、取引の遅延やスプレッドの大きさがネガティブに取られています。

ポジティブ

  • 安全安心
  • 結局、ビットフライヤー

ネガティブ

  • 約定されない
  • 鬼スプレッド
  • 注文拒否と遅延が酷い
  • 取引高が他社に抜かれている

bitflyer(ビットフライヤー)の将来性は?

直近では、競合取引所が手数料無料や狭いスプレッドなどを提供し、取引量を伸ばしています。特にアルトコインに関しては、取引所を手数料無料で提供している会社もあり、価格差が大きくなっています。また、今後はSBIホールディングスが参入を計画しており、社長の北尾吉孝氏も業界最小のスプレッドを目指すと発言されています。競争環境が激化していくと思われるので、現状のスプレッドやサーバーのレベルのレベルではなかなか厳しいかと思います。ただ、取締役のレベルなどの経営体制を踏まえると、他社に負けていくイメージはあまりないかもしれません。

口座開設・登録方法

bitflyerにアクセスします。メールアドレスを入力し、アカウントを作成します。

二段階認証の設定

二段階認証は絶対に設定しましょう。取引所から直接盗まれるリスクはありますが、個人アカウントの乗っ取りはこれで防ぎやすくなります。

本人情報を登録する

ログイン後に右下のアカウント情報より本人情報を入力します。

 

本人確認を行う

続いて、本人確認を行います。

口座情報の登録

口座情報まで登録すると郵送で本人確認のはがきが来ます。

ビットフライヤーはアフィリエイトにも対応

ログイン後に、アフィリエイトをクリックすることで、紹介用URLが手に入ります。このURL経由で登録があると、収益が得られます。(3,000円~23,000円)

まとめ

ここまでbitflyerについて見てきました。仮想通貨取引所としては、取引量の多さや盤石なセキュリティ、経営体制と魅力的な部分も多々ありますが、今後は取引所での通貨取り扱いやサーバーの強化などの課題もあります。主要なプレーヤーの1つのため、他の取引所を開く方でも口座を開いておいても良い取引所かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。