徹底解説!ビットトレード(Bittrade)取引所の評判から使い方まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は取引所のビットトレードをご紹介します。チャートの見やすいアルトコインを取り扱う取引所です。

Bittrade(ビットトレード)とは?

会社概要

会社名 ビットトレード株式会社
(親会社:トレイダーズホールティングス株式会社)
事業内容 仮想通貨交換業
設立年月日 2016年9月12日
資本金 5,100万円

株式会社FXトレード・フィナンシャルから25%の出資を受け、関連会社となっているようです。こちらは名前の通り、外国為替取引を運営している会社です。サイトを見ると、タレントの小島瑠璃子さんがイメージキャラクターとして載っています。ビットトレード自体は、2016年の9月に設立された比較的新しい取引所です。

金融庁登録済み

2017年の9月に金融庁から認可を受けています。コインチェック事件以降、様々なみなし業者(登録申請中の会社)が金融庁に業務改善命令や停止命令を出され、登録をあきらめる会社も増えてきました。既に登録されているのは投資家からすると安全材料ですね。

Twitter公式アカウントあり

 

ビットトレードの魅力・メリットは?

そこそこ取り扱い通貨が多い

ビットトレードでは、下記の6種類の通貨を取り扱っています。海外の取引所の場合には、200以上のアルトコインを取り扱うようなところもあり、決して多いとは言えませんが、日本の取引所の場合には、10種類以下のところがほとんどです。その中でイーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコインなどの準メジャーな通貨を揃えているのは悪くないと思います。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン

見やすいUI

BittradeはTrading viewというサービスと連携しており、チャートがわかりやすく見られます。分析ツールも様々なものがあり、使いやすくなっています。PCだけではなく、モバイル端末にも最適化しており、外出先でも確認しやすくなっています。

親切な説明

多くの取引所(特に海外取引所)では、説明は少なめで実際に使いながら覚えるケースがほとんどです。一方で、ビットトレードはサイトに説明書を設置したり、メールでも案内したりと初心者の方でもわかりやすいような説明がされているかなり珍しい取引所と言えるかもしれません。

セキュリティ対策済み

最近では、どこの取引所でも必須条件になっていますが、二段階認証・マルチシグ・コールドウォレット管理などの対策はされています。

マルチシグ:

マルチ(複数の)シグニチャー(署名)の略です。秘密鍵を2つ以上使用することで、1つが盗まれても大丈夫な状態にできます。(両方とも同じところに保管されていたら無意味ですが)

コールドウォレット:

コールドウォレットとは、インターネットとつながっていないウォレットという意味です。反対につながっているものはホットウォレットです。もちろん、取引の際にはオンラインに接続する必要があるので、オンラインになります。一般的には極めてオンラインになる時間が短いものを指します。

ビットトレードのデメリット・課題は?

手数料がやや高い

例えば、ビットコインの場合は多くの取引所で0.0~0.1%程度の低い手数料を設定していますが、ビットトレードでは0.2%と高くなっています。アルトコインに関してもイーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュはZaif(ザイフ)の方が安かったり、Bitbank(ビットバンク)に至ってはすべてのアルトコインが被っており、キャンペーン中とはいえ、全コインの手数料が無料です。

取引量が少ない

他の取引所と比べたときに、人気や知名度も劣っており、上記の手数料もあるため、現状は取引量がまだ少ないです。ビットトレードはすべてが取引所(販売所ではなく)のため、取引量の多さが取引のしやすさにダイレクトに影響します。

ビットトレードの評判は?

メリットとデメリットに近いものになりました。チャートの評判が良いようですが、手数料が高かったり、あまり活発に取引がなされていないところが気になる人が多いようです。

ポジティブな評判

  • チャートが見やすい
  • FXのツールが見やすかったので、選んだ
  • こじるりが良い!
  • スプレッドが狭くて良い
  • サーバーが安定している

ネガティブな評判

  • 出金処理が遅い
  • ビットバンクと比べると手数料が高く、選ぶ理由がない
  • 取引が少ない
  • 全然話題になっていない

登録はこちらから

登録・口座開設方法

まず、ビットトレードにアクセスします。新規会員登録をクリックします。メールアドレスを入力し、リンクをクリックします。

パスワードを入力し、完了です。

個人情報登録

まずは、個人情報を登録します。登録後のデフォルトはこの画面のようですが、登録情報をクリックすることでも見ることができます。

 

取引の目的や職業を入力します。比較的シンプルな内容です。

本人確認

次に本人確認を行います。運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カードの4つが利用可能です。

完了をすると審査中になります。

 

アフィリエイトはあるのか?

アクセストレードでBittradeやその他の仮想通貨のアフィリエイトもあります。

 アクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

 

まとめ

ここまで見てきたように、Bittrade(ビットトレード)には以下の特徴があります。

  • FX事業を運営している会社の関連会社
  • チャートが見やすく、そこそこアルトコインの取り扱いもある
  • 手数料がやや高く、取引はまだ少ない

良いところもあるだけに、他社に負けてしまっている部分がもったいないようにも思えます。さらに多くの通貨を扱ったり、手数料が変更したりするとまただいぶ変わりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。