BTCBOX(ボックス)取引所の手数料・チャート・登録・使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

btcbox

今回は仮想通貨取引所の一つ「BTCBOX」について紹介します。BinanceやZaifのように有名な取引所ではなく、知る人ぞ知る取引所の一つといえます。BTCBOXとは一体どんな取引所なのかについて詳しくみていきましょう!

BTCBOXとは?

BTCBOXの概要

取引所名 BTCBOX
運営会社 BTCBOX Co.,Ltd.
所在地 日本・東京都
代表 David Zhang
設立 2014年3月6日
公式サイト https://www.btcbox.co.jp/

BTCBOXは日本国内にある取引所です。もちろん、金融庁に仮想通貨交換業者として認可されていますので安心して利用できます。国内取引所の中でも知名度はまだまだですので、今後の動向に期待です。

取り扱い通貨数

2018年5月28日現在、BTCBOXで取り扱っている仮想通貨は以下の4種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)

こうしてみてみると、Zaifのような主要な国内取引所よりも少ないことがわかります。時価総額上位の主要な仮想通貨に絞って取り扱う方針なのかもしれません。今後、もう少し取扱通貨が増えればさらに注目されるようになるでしょう。

手数料

BTCBOXの各種手数料は次のとおりです。

取引手数料

BTCBOXでは取引手数料は売買手数料と呼ばれ、コインによって異なります。コイン別の取引手数料は次のとおりです。

  • ビットコイン(BTC): 0.05%
  • ビットコインキャッシュ(BCH): 0.1%
  • ライトコイン(LTC): 0.1%
  • イーサリアム(ETH): 0.1%

ビットコインのみ他のコインと比べて取引手数料が安く設定されています。

入出金手数料

BTCBOXに入金する場合、入金手数料はすべてのコインで無料となっています。出勤時の手数料はコインによって異なり、次のとおりです。

  • ビットコイン(BTC): 0.001BTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH): 0.001BCH
  • ライトコイン(LTC): 0.002LTC
  • イーサリアム(ETH): 0.01ETH
  • 日本円(JPY): 400JPY(150,000JPY未満)/750JPY(150,000JPY以上)

出金手数料の金額は固定となっており、マイナーに支払う手数料を別に請求されるということはありません。

信用取引

BTCBOXでは信用取引を提供しています。信用取引は「仮想通貨融資」または「Bitcoin融資」と呼ばれています。レバレッジは3倍で、上手く利用すれば大きな利益を出せるかもしれません。なお、信用取引を利用する場合、スワップ手数料として0.05~0.08%/日程度がかかります。

スマホアプリ

BTCBOXではスマホアプリを提供しています。スマホでも仮想通貨の取引をしたいという人はぜひ、スマホアプリを利用してみてください。

Google Playはこちらから

App Storeはこちらから

日本語対応

BTCBOXは日本で営業している取引所ですので日本語に完全対応しています。

メリット・可能性は?

続いてBTCBOXのメリットや将来性についてみていきましょう。

アルトコインの手数料が安い

BTCBOXではアルトコインの手数料が低めに設定されています。国内取引所では、アルトコインを販売所形式でしか扱っていないところも多いため、取引所形式で利用でき、手数料が安いのは大きなメリットといえるでしょう。

サーバーが強い

取引所のサーバが強く、落ちにくいのもメリットの一つです。取引所によってはサーバが弱く、取引が集中するとアクセスすらできなくなるところもあります。サーバが強ければ混雑時も安定した取引ができますので、安心して利用できるでしょう。

海外取引所も同時運営している

BTCBOXは国内取引所だけでなく、海外取引所も運営しています。こちらは国内取引所より取り扱っている通貨の種類が多く、合計8種類となっています。日本語には対応しておらず、英語と中国語のみですが気になる人はぜひ、チェックしてみてください。

BTCBOX海外版: https://ex.btcbox.com/

デメリット・問題は?

デメリットもしっかりチェックしておきましょう。

取扱通貨が少ない

国内取引所の中でも取扱通貨数が少なくなっています。そのため、わざわざBTCBOXを利用する必要性を感じない人も多いかもしれません。

流動性が低め

まだまだ知名度が低い取引所ですので、流動性が低めになっています。トレードが成立しにくい可能性がありますので、サブの取引所としての利用やアービトラージ目的の利用がオススメかもしれません。

登録方法

登録

BTCBOXの新規登録の手順は次のとおりです。

  • トップページにアクセスし「新規登録」をクリック
  • メールアドレスとパスワードを登録する
  • 送付されたメールのURLをクリックして認証する

本人確認

アカウントを開設したら本人確認が必要です。手順は次のとおりです。

  • BTCBOXにログインする
  • セキュリティ > 本人認証の順に進む
  • 個人情報を登録し、本人確認書類をアップロードする
  • 住所確認書類(郵送)を受領して完了

二段階認証

BTCBOXではセキュリティを向上させるために2段階認証を提供しています。設定方法は次のとおりです。

  • Google Authenticatorをインストールする
  • セキュリティ > 2段階認証の設定に進む
  • QRコード読み取り or シークレットキーのコピペで認証する
  • コードを入力して登録する

使い方

続いてBTCBOXの使い方をみていきます。

入出金

日本円の場合

  • 入金時は財産センターから日本円入金を、出金時は日本円出金を選択する
  • 入出金したい金額を入力して手続きを進める
  • 入金時は表示された口座に入金額を振り込み、出金時は出金先口座を指定して手続きする

仮想通貨の場合

仮想通貨の場合は財産センターから仮想通貨入金(仮想通貨出金)を開きます。入金の場合は指定アドレスに送金し、出金の場合は出金先アドレスを指定して送金します。

買い方・売り方

買い方・売り方は一般的な取引所と同様で、次のとおりです。

  • トレードしたい通貨ペアの取引画面を開く
  • 注文入力欄に注文内容を入力し、注文する(指値注文・成行注文を利用可能)
  • 注文が約定したらトレード完了

アフィリエイトはあるのか?

2018年5月28日現在、BTCBOXにアフィリエイトプログラムはありません。今後、始まることに期待したいものですが、発表があるわけではないので今のところは期待できなそうです。アフィリエイトの利用を考えている人は他の取引所を利用する必要があります。

まとめ

今回はBTCBOXについて詳しく見てみました。国内取引所と海外取引所を同時運営している珍しい取引所ですが、主要な取引所と差別化できるポイントはほとんどありません。登録方法などは他の国内取引所と同様ですので、気になる人は予備の取引所としてアカウント開設しておくのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。