【完全版】仮想通貨Bytom(バイトム)とは?特徴・将来性・価格予想・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はアルトコインのBytom(バイトム)を紹介します。資産管理の課題を解決するための仮想通貨で、比較的新しく発行されたにも関わらず、時価総額ランキングで上位に入っています。

仮想通貨Bytom(バイトム)とは?

仮想通貨名 Bytom(バイトム)
通貨記号 BTM
発行数(上限) 14億700万BTM
コンセンサスアルゴリズム PoW
ブロックサイズ  –
ブロック生成時間  –
公開年月日 2017年6月20日
開発者  Duan Xinxing(Founder & CEO)
公式サイト Bytom(バイトム)公式サイト

Bytom(バイトム)は中国発の仮想通貨で、イーサリアム上で発行されるERC20規格のトークン(通貨)です。主に現物資産とデジタル資産をひとまとめにして資産を簡単に管理できるようにするような目的で開発されました。

仮想通貨Bytom(バイトム)の特徴は?

バイトムBTMのイメージ画像

Bytom(バイトム)は株式や証券、土地といった現物資産と仮想通貨などのデジタル資産をまとめて扱うことができるのが最大の特徴です。現在は現物資産とデジタル資産をやりとりする場合に資産を一括で管理したり、交換したりするのは簡単ではありません。

しかし、Bytom(バイトム)ではこれら様々な資産をまとめて管理でき、効率的な資産運用が可能であるという点で注目されています。このようにBytom(バイトム)で資産一括管理を可能にしているのは、バイトムのプラットフォームの構造によるものです。また、資産運用の効率化以外にも、秘密鍵1つですべての資産が管理できたり、ASICに有利なアルゴリズムが採用されているといったことなども特徴として挙げられます。

バイトムのプラットフォームの構造

Bytom(バイトム)のプラットフォームの構造としては、「データトランザクションレイヤー」、「コントラクトレイヤー」、「アセットインタラクションレイヤー」という3つのレイヤーで作られています。これら3つのレイヤーで構成されていることにより、素早い取引や優れた秘匿性を実現させ、現物資産とデジタル資産を統合させることを可能にしています

秘密鍵1つですべての資産を管理可能

秘密鍵のイメージ画像

例えば仮想通貨をウォレットで保管する場合には、所有している仮想通貨の種類が多くなればなるほど、それらを管理するための秘密鍵が必要になります。

このとき、特定の仮想通貨の秘密鍵を紛失をしてしまうと、ウォレットに置いているその通貨は全て失ってしまうという危険性があります。もちろん、秘密鍵が増えればその分リスクが高まります。

一方、Bytom(バイトム)ではBIP32、BIP43、BIP441という技術により、一つのマスターキーを入力することで保管している全ての資産の秘密鍵が作られるようになっています。

これによって秘密鍵一つで全ての資産を管理できるので、秘密鍵を複数持って別々で管理するといった必要性もありませんし、秘密鍵が複数存在することによって高まるリスクによる問題も解消させられる訳です。

ASICに有利なアルゴリズムを採用

Bytom(バイトム)ではコンセンサスアルゴリズムとしてPoWが採用されています。

このアルゴリズムではコンピューターの演算速度が速いほどマイニングを有利に行うことができます。この時にASICと呼ばれる計算速度が速いAIチップを搭載させた装置を使うことで、さらに効率的にマイニングができます。このASICですが、計算能力が優れて人気となったために、値段が高額になっています。そのため、マイニングにおいては、資本力が勝負になってきます。

つまり、Bytom(バイトム)はASICによる本格的なマイニングを行うような、ある程度資本金があると思われる企業などにも支持されやすく、価格が下がった際にはマイナーによって買い支えが入ったりするというような事も期待できるかもしれません。

仮想通貨Bytom(バイトム)のチャートと今後の価格予想



昨年末にビットコインと共に価格が上がり、今年に入り、ビットコインの価格が下がるとともに値段が下がっています。4月の上旬辺りから再び順調に価格が上昇しています。今後の動向を追う際は公式のツイッターによる発表に注目していきたいところです。

仮想通貨Bytom(バイトム)を購入できるオススメの取引所は?

Bytom(バイトム)は現在国内取引所では取り扱われていませんが、海外取引所だと購入可能です。具体的には、KucoinやHitBTCなどの海外取引所で購入することができます。

Kucoin(クーコイン)

Kucoinは第二のバイナンス(海外で最も人気な取引所)とも呼ばれており、取引手数料0.1%という安さに加えてKucoin独自の通貨KCSを保有することで、取引手数料が最大30%割引適用されます。

バイナンス同様に本人確認なしで取引ができたり、インターフェースが見やすく日本語化に対応しているため、使いやすいです。ただし、バイナンスと比べると、取り扱い仮想通貨の種類が60種類程度と少なめです。それでも国内取引所に比べればこれでも十分に豊富だと言えるでしょう。

登録はこちらから。

Cryptopia(クリプトピア)

Cryptopia(クリプトピア)は日本語対応はありませんが、アルトコインを約500種類取り扱っている取引所です。マイナーなコインを取引したい方にはおすすめです。

登録はこちらから。

その他有名取引所

その他、Bytom(バイトム)を扱う海外取引所として有名なところであれば、Poloniex、Huobi、OKEx、HitBTCなどがあります。

仮想通貨Bytom(バイトム)を保管するのにオススメのウォレットは?

ビットコインとウォレット

Bytom(バイトム)はイーサリアム上で作られたERC20トークンなので、MyEatherWalletやMetamaskで保管することができます。

MyEatherWallet

イーサリアムやイーサリアムクラシック、Bytom(バイトム)を含めたERC20トークン(イーサリアムトークン)を保管できます。

MyEtherWalletはこちらから。

Metamask

MyEtherWalletと同じくイーサリアムやイーサリアムクラシック、ERC20トークンなどを保管できるウォレットです。一方、こちらはアプリなので動作が早く、複数のアドレスを使い分けたい場合もMyEatherWalletより簡単にできます。MyEatherWalletのようにトークンの送受金ができませんが、MyEatherWalletと連携すれば送金・入金ができるようになります。

Metamaskはこちらから。

仮想通貨Bytom(バイトム)の将来性は?

Bytom(バイトム)中国発の仮想通貨なのですが、中国では現在、仮想通貨を厳しく取り締まっており、規制による影響が懸念されます。

その一方で、中国はブロックチェーン技術は積極的に開発を進めていくという姿勢があり、利用価値があると思われるものは、規制の可能性は低いと考えられています。

Bytom(バイトム)は資産管理プラットフォームとして革新的ですので、広まることにより、将来性が期待されます。

仮想通貨Bytom(バイトム)のまとめ

今回は資産運用を効率化するプラットフォームのBytom(バイトム)について解説していきました。Bytom(バイトム)は現在は100円以下と安い価格で購入できるので、可能性を感じる方は、今のうちに購入しても良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。