ADA(エイダ)コインのチャートを徹底解説!将来性や過去の推移まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、仮想通貨ADA(エイダ)の価格やチャートについて紹介していきます。

ADAはICOセールが始まった時から既に大きな注目を浴びており、実際に取引所で通貨売買が開始された時から、わずか半年足らずで時価総額ランクトップ10以内に入っています。

2018年最も期待されている仮想通貨といっても過言ではないので、有望な投資先をご検討中の方は、ぜひとも当記事をご参考ください。

仮想通貨ADA(エイダ)の基本情報

仮想通貨ADA(エイダ)は、2017年10月に一般公開された仮想通貨です。通貨表記は「ADA」と分かりやすく、1ADA=100円などと表記されます。

ADAの運営・開発・管理を行うのは「カルダノ財団」と呼ばれ、オンラインカジノやオンラインゲームを仮想通貨で楽しめるプラットフォーム「Cardano(カルダノ)」を経営しています。ADAとCardanoの関係性は深く、エイダコインを利用してカルダノプラットフォームでゲームやカジノを楽しむことができるのです。

ADAはもともとイーサリアムのシステムを基に作られた仮想通貨ですが、オンラインカジノやオンラインゲームを主眼に開発が進められており、他の銘柄にはない強みがあります。特に、胴元の存在なしでオンラインカジノやゲームがプレイできるなど、ビジネスモデルの独自性の高さから高い注目を浴びています。

特に、オンラインカジノ市場は世界的に拡大しており、カジノ・ポーカー・ブックメーカーなどを含めると2017年の市場規模は500億ドル(約5.4兆円)にも達しました。まだまだ業界は右肩上がりで成長を続けているため、ADAなど仮想通貨を使ったカジノ・ゲームも台頭していくことが予測できるでしょう。

仮想通貨ADA(エイダ)最新のチャートと価格の振り返り


ADAは、通貨の発行こそ2015年ですが、実際に通貨取引ができるようになったのが2017年10月。つまり、仮想通貨の銘柄としてはまだまだ新興コインに当たります。

一方、時価総額は既に5,700億円を突破し、全仮想通貨の中で第8位に記録しています。これだけ短期間のうちに上位10位に入る銘柄は珍しく、それだけADAに対して大きな期待が寄せられているということでしょう。

ADA(エイダ)通貨の現在価格

2018年6月8日現在の価格は1ADA=約22円となっています。総通貨発行枚数が250億枚を突破したので、1枚辺りの価格が低くても時価総額は高くなります。ビットコインやイーサリアムと比べても価格が低く安定しているため、より長期の保有に向いています。

過去の価格の変遷と理由

ADAの価格は通貨発行当初は1ADA=2~3円程度を低迷していましたが、そこから約2ヶ月で大きな注目を浴び、最高値130円近辺まで急騰しました。現在の価格は最高値の約6分の1程度に落ち着きましたが、仮想通貨の中では大変検討している銘柄に入ります。

ADA通貨が最初に高騰したのは2017年11月。通貨が発行されてから2か月も経たない期間です。当初は2~3円程度で推移していた価格は約10円にまで跳ね上がりました。その理由は取引所で利用できる通貨ペアの増加です。

それまでADAはBittrex(ビットレックス)のビットコイン建てのみでしか購入できませんでしたが、2017年11月を境にイーサリアム建てが追加。その影響で通貨価値が約5倍に高まるまでに成長しています。

また、2017年12月にはBinance(バイナンス)とCoinnext(コインネクスト)へ上場します。すると、価格は急激な上昇を見せ、1ADA=40円、50円と急騰していきます。2018年に入るまでに、過去最高値として記録したのが130円近辺と、発行からわずか2ヶ月で60倍以上もの暴騰を見せました。

そうした成長を記録したこともあり、ADAの認知度も上昇。現在ではメジャー通貨としての立ち位置を確立しています。2018年に入ると、中国の規制強化やコインチェック騒動など暗いニュースが続き、仮想通貨市場全体が下落傾向にありますが、取引所への上場や通貨ペア追加など明るいニュースが登場することで再び再燃する可能性も考えられるでしょう。

仮想通貨ADA(エイダ)の将来性について

ADAに対する市場の期待値は非常に高く、仮想通貨が全般的に悪いニュースに包まれている中にあっても、時価総額8位をキープする実績を誇ります。

ADAに大きな期待が集まるのは、やはりメイン事業とするオンラインカジノやゲーム市場の拡大でしょう。2017年のオンラインカジノ市場は約5兆円規模と紹介しましたが、現在も右肩上がりに成長しているため将来性は高いと思われます。

では、ADAを検討するにあたって、参考となるニュースや口コミ情報などを紹介しつつ、その将来性について詳しく解説していきましょう。

将来性を予見するニュース

ポジティブニュース

ADA通貨を利用できるプラットフォーム「Cardano(カルダノ)」では、ADAコインからチャージして決済に使える「カルダノデビットカード」の発行を予定しています。

一般的なデビットカードは、支払い金額を銀行口座から振替して利用しますが、カルダノデビットカードは個人が所有するADAコインの残金から引き落としされます。ADAコインはウォレットで管理する他に、これから世界的に設置が予定されている「ADA専用ATM」からも利用することが可能です。

このデビットカードは、Cardanoのオンラインカジノやゲーム以外でも、日常生活の代金支払いや商品の購入に利用できるので、サービスの普及により通貨需要と価値の上昇が期待できるでしょう。

ネガティブニュース

ADAには良いニュースの他にも、悪いニュースが目立つ場面も少なくありません。

特に、ADAコインの公開予定日より半年以上も遅れて発行されたことで多くの投資家からの失望を買いました。ICO銘柄では、通貨を発行する側の信用性を確かめる明確な基準がないため、プロジェクトの進捗具合に最新の注意を払う人も多いです。

そうした中で半年以上も音沙汰がなかったADAは、「もしかしたら詐欺コインなのでは?」と囁かれたほどです。

現在はBittrexやBinanceなど、国際的な大手取引所へ上場したことから信用度は高まりつつあります。ただ、ADAを含め、仮想通貨に投資する際は特に入念に、「順調にプロジェクトが進んでいるのか?」を確認しておくことをおすすめします。

COMSAの口コミ情報

ポジティブな口コミ

ネガティブな口コミ

結論

ADAは過去にプロジェクトの進捗遅延を起こした問題があり、どうしても「詐欺コイン」というイメージは払拭しがたいようです。しかし、すでにBittrexやBinanceに上場してから日も経ち、徐々に信頼性は回復している模様。

発行からわずか2ヶ月で60倍以上もの成長を見せた銘柄だけでに投資家からの期待は相当なものです。

まだまだ今後のプロジェクト進捗具合、信用度に対する調査などが必要ですが、ビジネスモデルの完成度でいえば、仮想通貨上位のイーサリアムやリップルにも劣りません。特に、オンラインカジノやゲーム市場は世界的な拡大が予想され、その相乗効果でADAの通貨価値も上昇が期待できます。

ADAコインを購入できる取引所が少ないというのも好材料です。BittrexやBinanceなど大手取引所へは上場しましたが、ADAコインを買えるのはまだ一部の取引所のみにとどまっています。今後、扱う取引所の数が増えるに従って、通貨に対する需要が高まっていく可能性があるでしょう。

ADA(エイダ)を購入できるおすすめの取引所

Binance(バイナンス)

ADAコインを購入できる取引所でおすすめはBinance(バイナンス)です。

2017年12月には仮想通貨取引量で、それまで世界一だったBittrexを抜いて首位に躍り出ます。2018年6月11日現在も勢いは衰えず、24時間辺りの取引量は約1,800億円と世界最大規模を記録しています。

Binanceでは合計120種類以上の通貨を扱っているため、ADA以外にも分散投資が可能。さらに、アルトコインの取引手数料は0.1%と最低クラスに抑えられているため、ADAや新興通貨を安く購入したい方におすすめです。

Binanceの登録方法は簡単で、メールアドレスとログインパスワードだけで口座開設ができます。国内取引所のように、氏名や住所などの基本情報は必要ありません。しかも、二段階認証などのセキュリティ体制も整っているので、簡単・安全に取引できる環境が揃っています。

Binanceの公式ページはこちらから

まとめ

今回は、仮想通貨ADA(エイダ)のチャートや将来性をメインに紹介してきました。

ADAには仮想通貨を使ったオンラインカジノ・ゲームという独自のビジネスモデルがあり、他の仮想通貨とは一線を画す強みを持ちます。そのため、投資家からの期待度も高く、一般公開からわずか2ヶ月で60倍以上の成長を見せた有望株です。

ただし、いくら市場に対する先見の明があっても、プロジェクトの進捗が遅れたり、開発資金の用途が不明瞭なようでは信頼性も低下します。過去に何度かトラブルを起こしている銘柄だけあって、投資する際には明暗両方の情報を精査して慎重に行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。