ビットコインとは

今さら聞けない?ビットコインの話を初心者にもわかりやすく解説

さすがにビットコインという言葉を聞いたことのない人も減ったかと思いますが、どのような仕組みなのかを理解していない人もいるかもしれません。この記事では知識がない人でもできるだけわかりやすくビットコインを理解してもらえるようにご説明します。

ビットコインとは

ビットコインは仮想通貨の1種です。とりあえずは、お金のようなものという理解で大丈夫です。円やドルと同じようにビットコインという通貨があると思ってください。仮想通貨は他にもイーサリアムやリップルなど様々な種類があります。このビットコインには100円玉のような硬貨や1,000円冊のような紙幣はありません。オンライン上でデータとして存在します。ポイントや電子マネーの感覚に近いかもしれません。ただ、通貨なので、1ポイント1円のような決まったレートは存在せずに、他の通貨と同じように変動します。単位はBTC(ビットコイン)です。

なぜ注目されているのか?

具体的な仕組みの前になぜ注目されているのかご説明します。

価格が大きく上がったから

ビットコインが注目された一番の理由は大きく価格が上昇したためです。2017年の初めには1BTCが10万円程度だったのが、ピークでは200万円を超えました。テレビで特集されたり、オンラインの記事でも多く目にするようになりました。たぶんビットコインに投資している人の大多数は仕組みに関してはほとんど理解していないかと思います。

仕組みが新しい

もう少し玄人好みですが、ビットコインという仕組みの新しさがあります。詳しくは、下記に説明しますが、今までのお金と違う部分が多く、今までのお金ではできなかったことができるようになるのではないかという期待から注目されています。

ビットコインを支える仕組み

ブロックチェーン(分散型台帳技術)

ビットコインを支える技術として、ブロックチェーンというものがあります。取引のまとまり(ブロック)をつなげたもの(チェーン)という意味です。これは、『AというアドレスからBというアドレスに10BTC送金しました』といった取引がたくさん入ったブロックがチェーンで延々とつながっているということです。これをみんなで共有します。つまり、資金の流れが明らかになります。自分の送金・受け取り履歴が見られることに、違和感がありますが、このことで不正を防止します。これによって通貨を偽造したり、二重に支払うことを防ぎます。

ブロックチェーン:

分散的
取引:みんなで共有
不正防止:みんなでチェック

銀行:

中央集権的
取引:中央で管理
不正防止:銀行や警察がチェック

マイニング(採掘作業)

上記に関連しますが、取引を一定の期間で承認するプロセスがあります。ビットコインの場合には、このブロックごとに10分に1回取引をチェックするということを行っています。そこの承認作業を行うと、ビットコインが報酬として得られます。こうして、ビットコイン報酬を欲しい人により取引が承認され、チェーンがどんどん長くなっていきます。このときに、新しいビットコインが生み出されるので、金の採掘と同じようにマイニングと呼ばれています。

なぜビットコインの価格が上がったのか?

 

期待感で上下する

ここまで見たように、基本的にはビットコインはオンラインで取引ができる。その取引は不正を防ぐ仕組みがあるというだけです。では、なぜそんなに価格が上がるのでしょうか。それは、期待感です。ビットコインには基準となるような指標がないので、いくらが適切という価格がありません。したがって、純粋に高い値段で欲しい人がいれば上がりますし、いなければ下がります。もしかしたら国際送金に使えるのではないか。証券決裁に使えるのではないかという期待感が支えています。

ビットコインの価値に興味がある人はこちらもどうぞ。

そもそもビットコインに価値はあるのか?なぜ価値があるのか?

期待から実態

興味深いのは、期待から始まったものの、実態も少しずつ出てきています。ビットコインで決済ができるお店が増えたり、個人レベルで海外に送金している人もいたりと期待感と現実のギャップを埋める動きが様々あるように思います。

希少性や電気代という説明

ちなみに、ビットコインの価格の説明にあたって、金と同じような希少性があるということやマイニングに費やされた電気代が上げられることがあります。結論から言うと、個人的にはあまり関係ないと思っています。僕が海岸ですごい綺麗な貝を集めて、『これは希少性があるから』と言っても値段はつかないと思いますし、『この貝を集めるために10年かかりました』とか、『1,000万円かかりました』と言ってもそれによって価格が大きく上がる理由にはならないと思います。

まとめ

  • ビットコインはお金のようなもの
  • ビットコインはブロックチェーンの仕組みで不正のない取引を記録している
  • 値段が上がって注目されたが、根拠はあまりない
  • 期待感によって価格は大きく変動する
  • 期待と現実のギャップは少しずつだが、埋まってきている

【徹底解説】ビットコインの分岐、ハードフォークとソフトフォーク

Fork

Fork

仮想通貨はプログラムによって管理されていますが、Windowsがアップデートされるのと同じようにアップデートをされたり、分岐して新しいものが生まれることもあります。ビットコインをマイニングする人や取引に使う人など多くの関係者がいるので、その人たちの使いやすい形に変わっていきます。今回はフォークと呼ばれるその変化について見ていきます。

フォークとは?

ハードフォークとソフトフォーク

フォーク(fork)とは分岐のことです。フォークには大きく2種類あり、ハードフォークとソフトフォークと呼ばれます。一般的に分裂だったり、フォークすると言って話題に上がるのはハードフォークの方です。ソフトフォークは例えば、今までブロックのサイズが2MB(旧ブロック)だったものを1MB(新ブロック)にするといったもので、2MB以内のブロックという旧ルールを新しいブロックも満たすので、問題になりません。一方、ハードブロックは反対に2MBを8MBにするといったもので、新しいブロックは以前のルール(2MB以内)を満たさない(互換性がない)ので、全く別のものとして取り扱う必要があります。

ソフトフォーク:

  • 一時的な分岐
  • 一般的なソフトウェアのアップデートに近い
  • 互換性あり(より条件が厳しくなったとき)

ハードフォーク:

  • 永続的な分岐
  • 新しい別の通貨の生成に近い
  • 互換性なし(より条件が緩くなったとき)

なぜフォークが起こるのか?

偶然起こる

あまり頻繁には起こりませんが、同時に新しいブロックが生成されることがあります。この場合には、より長い方のブロックチェーンが正しいものとなると、すぐに収束します。

悪意によって起きる可能性も

よく話題に上がるものに51%攻撃というものがあります。実際に、可能なのかといった実現可能性、やるメリットがないので行われる可能性が低い、仮に可能でできることは限定的(過去の取引全てを変えたりはできない)だと様々な指摘がありますが、このような形でフォークを超えることはありえます。誰かがビットコインを崩壊させたいと思ったら、マイニングを最速で行い、取引を否認したり、二重に支払いすることで、信用度を下げ、多くの人に使わせないようにするといったアプローチは考えられます。

51%攻撃

ビットコインはより長いブロックチェーンが正しいという前提で、動いているという性質を逆手に取り、不正な取引を作り続けること。マイニング速度で過半数を押さえてしまうことで次から次へと不正な取引を作ることができる。

意図的に起こる

ほとんどのフォークは意図的に起こります。仮想通貨を使っている中で問題が起きてくるので、それを解決するためにアップデートをした方が良いという議論が起こります。

過去にあったフォークは?

ビットコインは無数のハードフォークを経験

トークンと同じで究極的には作り放題のようで、無数のコインがあるようです。ブロックサイズやマイニング方法、承認方式が違ったりと多種多様なので、興味がある人は調べてみてください。日本語の情報が限定的だったので、英語で調べた方が良いかもしれません。

  • ビットコインキャッシュ(BCH) 2017年8月
  • ビットコインゴールド (BTG) 2017年11月
  • ビットコインダイヤモンド(BCD) 2017年11月
  • ユナイテッドビットコイン(UBTC)2017年12月
  • スーパービットコイン (SBTC) 2017年12月
  • ライトニングビットコイン (LBTC) 2017年12月
  • ビットコインゴッド (GOD) 2017年12月

Bitcoin Forks List

【随時更新】Bitcoin(ビットコイン)ハードフォーク一覧まとめ

ビットコインキャッシュとは(ビットコイン分裂)

主要なものをいくつか取り上げます。ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークされて誕生したものです。ビットコインはもともと取引量の増加によって取引承認が遅くなったり、手数料が高くなったりと課題があったために、ブロックサイズを1MBから8MBにしました。これはマイニング事業者が主導して行われたものです。実は、ここに至るまでには、Segwit(Segregated Witness)というものを導入しようとするビットコインのコア開発者とマイニング事業者の攻防がありました。

▼Segwit派

内容:署名データを分離し、現状の1MBに入れられる取引データ量を増やす
支持者:ビットコインのコア開発者
課題:Segwitは1.7MBほどしか容量を拡大できず、今後も対応できるかわからない

▼ブロックサイズ拡大派

内容:ブロックサイズを1MBから8MBに増やす
支持者:ビットコインのマイナー(中国のBitmain社など)
課題:回線やマイニングツールによる差がますます増え、さらに大手法人が強くなる

そして結局、分裂することになりました。分散型という思想が結局は、中央集権的に決められるのが何とも皮肉ですね。Segwitはその後、ビットコインに実装されました。(ソフトフォーク)

Segwit2x騒動(起こらなかった分岐)

起こる分岐があれば、起こらないものもあります。Segwit2xというもので、名前通り上記のSegwitと関連しています。Segwitの課題にあるように、容量が1MBでは足りないので、2MBにした方が良いのではないかという流れです。結局、ビットコインのコア開発者の反対もあり、支持を拡大できず、ハードフォークさせると混乱が生じる可能性が高そうだということで無期限延期(=中止)となりました。

イーサリアムクラシックとは(イーサリアム分裂)

イーサリアムも少し異なる理由で分裂しています。イーサリアムを利用したThe DAO(Decentralized Autonomous Organization=分権的で自主的な組織)と呼ばれるプロジェクトでイーサリアムが不正に送金された(盗まれた)のがきっかけです。

The DAO:

投資ファンドを非中央集権的に行うというプロジェクト。DAOのトークンを購入することで、投資ファンドに参加することができる。ファンドの投資先はトークンを保有している人達の投票により決定し、リターンを受ける。100億円以上の金額がファンドに集まっていた。

ここで不正送金前に戻すか(ハードフォーク)、不正送金されたアドレスを使用不可にするか(ソフトフォーク)、何もしないかなどが議論され、最終的に不正送金前に戻すことになりました。そこで、そんな中央集権的な決め方は良くないということで、イーサリアムクラシックが作られました。

どのような影響があるのか?

一般的な投資家にとって

価格が上下します。新機能への期待感からソフトフォーク前に値段が上がったり、議論中に不安感から下がったり、ハードフォークするときに新しいコインが自動的に付与されるので、それを期待して上がったり、それが終わってから下がったりといった動きが見られます。

マイニング

通貨ごとに可能なマイニングの方法が異なるので、マイナーはどの通貨のマイニングを行うかを考える必要があります。

まとめ

  • フォークにはソフトフォークとハードフォークがある
  • フォークは既存の仮想通貨の課題を解決するために一定の支持を得て、行われる
  • フォークは頻繁に起こっている
  • 一般的な投資家としては、期待感に応じて上下することを知っておいた方が良い

ビットコインの創設者は誰?いつから?サトシ・ナカモトとは

ここ数年で急速に普及したビットコインは誰によって、どのように生まれたのでしょうか。実はビットコインを創った人物の情報はほとんど明らかになっていません。ここでは、現状判明していることと、関連する議論に関して見ていきます。

ビットコインを創ったのはSatoshi Nakamoto

創設者に関しては、本人の書いたと思われる論文しか手がかりがありません。そこにある名前がSatoshi Nakamotoで、実は国籍も何もわかっていません。日本人風の名前なので、サトシ・ナカモトと記載されたり、中本哲史と書かれた情報が流通していますが、実際にはどのような人物が不明です。論文はこちらです

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

直訳するとビットコイン:ピアツーピアの電子現金システムとなります。論文をざっと読みましたが、まずたった9ページという分量に驚きました。内容は取引の承認方法(Proof of work)やネットワーク、マイニングのインセンティブなどが記載されています。事業計画のようなものに近く、こうすれば実現できるのではないかという内容です。この論文を公開したのが、2008年でその後、2009年に開発したソフトウェアをオンラインで公開し、姿を消したようです。

Satoshi Nakamotoは誰か?

当然、犯人(本人)探しが始まります。共同開発を行っていた他の技術者とも対面で会うことが無かったため、彼らも知らないようです。そこで、〇〇じゃないのかといった噂ややり取りが続きます。

望月新一(京都大学教授)

望月教授はアメリカ育ちで英語にも堪能ということで注目されましたが、本人は否定しました。

グレイグ・ライト(オーストラリア)

WIREDやEconomistに取り上げられ、サトシ・ナカモトを自称したものの、メディアや関係者が調べたところ経歴や言動に多くの嘘があったようで、本人も発言を撤回したりと創設者ではないとされています。

ハル・フィニー

最初にビットコインを受け取った人物で、ビットコインの開発に多大な貢献をしたとされています。本人は難病のALSにかかり、亡くなってしまっていますが本人と近いところにいた可能性はあります。

AI

AIではないかと言っている人もいます。

なぜ出てこないのか

邪推に邪推が重なりますが、Satoshi Nakamotoの保有しているとされるビットコインの数は100万BTCで、現在の価格(1BTC=90万円)で日本円に直すと9,000億円になります。納税の観点だったり、安全性の観点で出てこないのかもしれません。最近では、ビットコインに関連したオンライン・オフラインの犯罪が増えているので悩ましいでしょう。

まとめ

  • Satoshi Nakamotoは誰かはわからない
  • 彼の論文からビットコインは始まった
  • 彼は協力者とともにビットコインを開発した
  • そして、姿を消した

そもそもビットコインに価値はあるのか?なぜ価値があるのか?

ビットコインに価値はあるのでしょうか?ビットコインの値動きが激しいことは多くの方がご存知かと思います。2017年の最初には10万円程度だったものが、年末には200万円を超え、2018年の3月現在では90万円程度になっています。これだけ多くの人が参加している金融資産でこのような大きい値動きがあることは驚きです。なぜビットコインこのように価値が上がっているのか、なぜ変動するのでしょうか。この記事では、ビットコインの価値はどこにあり、どのように決まり、その背景にはどのような根源的な価値があるのかを考えたいと思います。

商品(もの)の値段はどう決まるのか

ビットコイン以外のものはどのように値段が決まるのでしょうか。一般的に商品の値段は需要と供給のバランスで大部分が決まります。2,000円で誰も買わないものを3,000円で販売することは考えづらく、1,000円で売り切れるものであれば、値上げを検討するでしょう。他にも原価を踏まえた利益率や競合の価格などを考慮するのが一般的かと思います。その価値の裏付けはそのもの自体(パソコン、車、不動産)が担保していることになります。

金融商品の値段はどう決まるのか

株式を例にしますと、こちらも需要と供給で決まりますが、その裏付けは商品の値段とは少し異なります。上場した株式の場合には、企業ごとに財務諸表という一連の書類が公開され、企業の資産や負債状況、各種の利益などの詳細を見ることができます。投資家は一般的には、これらの書類を踏まえ、将来的にどれくらいの利益(≒キャッシュフロー)を得られるかという基準で最適な価格で投資します。すなわち、その会社がどれくらい儲けられるかということが裏付けになります。それも現時点だけではなく、将来の視点が入ることが重要です。例えば、Amazonなどは利益が赤字ないし、わずかな黒字しか出さない時期が続きましたが、利益を再投資することで、ECやクラウドのサービスで大きなシェアを獲得し、大きな利益が上げられるようになりました。こうしたことを投資家は予想して投資をします。また、美人投票と呼ばれるように、自分が誰を美人とするかではなく、みんなが誰を美人だと思うかという観点、すなわち株式であれば、どの会社の株式をみんなが上がりそうだと思うかという特徴もあると言われています。

お金の価値はどう決まるのか

ここでは日本の円を考えてみましょう。日本円の価値は日本政府によって裏付けられています。この信用によって価値が担保されています。このことは特に日本では意識することは少ないかと思いますが、例えばジンバブエでは国家が財政破綻し、スーパーインフレが起きて数兆ジンバブエドルというような貨幣が生まれました。国の信用が無くなると価値がなくなるわけです。国家間においても、日本円の需要が高まれば円高になりますし、反対ドルが高まればドルに対しては円安になります。

ビットコインの価格は何で決まるのか?

ここまでいくつかのものや金融商品を見てきましたが、ビットコインの価格は何で決まるのでしょうか。

期待感

1つには期待が上げられます。要は値段が上がりそうだと多くの人が思っているから価値があるという話です。価格の変動はビットコインができたばかりで期待の変動が大きいので、各国の規制や著名人の意見に左右されやすいところがあります。相場に影響されやすい個人投資家が多いからという指摘もあります。

実際にどの程度使われるか

長期的なことになりますが、いかに使われるかが今後上がるかどうかに大きく影響すると考えています。つまり、金融取引ではなく、実際に支払いや海外送金にどの程度ビットコインが使われるようになるかが大きく影響するように思います。法定通貨と比較されたときに、貨幣が果たす役割の3つのうち、価値の貯蔵としては、多少機能しているものの、価値の交換手段や価値の尺度という点ではまだまだだと思います。もっと手数料や税金が整備(というか軽減)されて、使えるシーンが増えないとなかなか価格は上がらないのではないかと感じています。

ビットコインは根源的に無価値なのか

ビットコインの価値(価格ではなく)に関しては、多くの疑問が投げかけられていますが、あまりストレートに回答されているものはなさそうです。個人的な考えとしては、ビットコイン自体に価値はあまりなさそうだが、ブロックチェーンやDLTは価値がありそうだと考えています。価格=価値では必ずしもないのですが、上記で見たように現状のビットコインは期待感で価格が伸びているだけで、実態がついてきていないように思います。価値を肯定する意見に関してもほとんどはブロックチェーンの正確性や分散性が挙げられており、それはビットコインでなくても良いのではないかというのが個人的な考えです。ビットコインの価格が上がるとしても本質的な価値から少し外れた投機性の高い金融商品としての一定の割合に留まるのではないかと思っています。それが他の仮想通貨になるかはわかりませんが、ビットコイン以外のブロックチェーンやDLTの適用先が見つかり、そうしたものがより普及していくのではないかと予想しています。