今回はビットコインキャッシュ(bitcoin cash)をご紹介します。もともと、ビットコインからフォーク(分岐)して生まれたコインです。実はビットコインからフォークした仮想通貨は多くありますが、その中でも圧倒的に有名で、支持されています。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュとはビットコインからハードフォークされて生まれた仮想通貨です。ビットコインの課題を解決するために、2017年8月1日に生まれました。総発行枚位数はビットコインと同じ2,100万枚(ビットコイン保有者に自動的にビットコインと同数が付与されました)、コンセンサス・アルゴリズムはビットコインと同じPoWです。

仮想通貨のフォーク(分岐)

  • ハードフォーク:永続的な分岐で、大きなアップデートのときに発生する。全く別の新しい通貨の誕生に近い。
  • ソフトフォーク:一時的な分岐で、小さなアップデートのときに発生する。元の通貨のまま、仕様が変わる。

ブロックチェーンのコンセンサス・アルゴリズム(ブロックを追加するときのルール、合意形成とも呼ばれる)

  • PoW:ビットコインに使われている。ビットコインの場合には、10分間に1回、計算処理(マイニング)を行い、そこで承認する。
  • PoS:ネクストという通貨に使われている。コインの保有が多い人によって承認される方法。Proof of workと組み合わされて使われたり、純粋に保有割合に応じた抽選などが実装されている。

なぜビットコインから分裂したのか?

ビットコインが注目されて取引量が増えた結果、取引の承認スピードが遅くなったり、手数料が上がったりするような問題が発生しており、こうしたスケーラビリティ(拡張性)の問題を解決したいという背景から生まれました。ビットコインの1つのブロックには約4,000のトランザクション(取引)データが入るのですが、ここに入りきらない取引量になってしまったので、ブロックに入る取引データを小さくするというアプローチ(Segwit)と、そもそものブロックを大きくするという案がありました。前者を推したのがビットコインのコア開発者で、後者を推したのが中国の大手マイナー(採掘事業者)です。

▼Segwit派(ソフトフォーク)

内容:署名データを分離し、現状の1MBに入れられる取引データ量を増やす
支持者:ビットコインのコア開発者
理由:ビットコインの信頼性の維持、マイナーの寡占化
課題:Segwitは1.7MBほどしか容量を拡大できず、今後も対応できるかわからない

▼ブロックサイズ拡大派(ハードフォーク)

内容:ブロックサイズを1MBから8MBに増やす
支持者:ビットコインのマイナー(中国のBitmain社など)
理由:大手マイナーの使っているマイニングツールが使えなくなるため(真偽不明)
課題:回線やマイニングツールによる差がますます増え、さらに大手法人が強くなる

結果的に、両社は合意に至らず、ビットコインキャッシュという新しい通貨が生まれました。このことで、仮想通貨全体、また特定の仮想通貨におけるマイナーの影響力・重要性が再認識されるようになりました。

ビットコインキャッシュとの特徴

もともとビットコインから派生したコインしたコインなので、ビットコインとの共通点も多いです。

  ビットコインキャッシュ(BCH) ビットコイン(BTC)
開発者 ビットコインコア開発者 複数の開発チーム
ブロックサイズ 1MB 8MB
Segwit あり なし
手数料 安い 高い
発行枚数 2,100万枚 2,100万枚
ブロック作成 10分に1回 10分に1回
コンセンサスアルゴリズム PoW PoW

大きな違いとしては、ハードフォークのときに論点になったような、開発者(ハードフォークに反対していた)、ブロックサイズやSegwitなどに関するものです。単純計算でビットコインキャッシュは8倍のデータを処理でき、Segwitと比較しても数倍程度の処理が可能です。もう1つ、利用者に影響がある部分としては手数料の違いがあります。

手数料の違い

 

小さくなってしまいましたが、上の青い線が、ビットコインの手数料推移(最大で55$)で、下の赤い線がビットコインキャッシュの手数料推移です。2018年4月1日で比較するとビットコインが0.925ドル(約100円)、0.0351ドル(約4円)と大きな差があります。もちろん、今後ビットコインキャッシュの取引が増えて上がる可能性は否定できませんが、取引できる量が多いので、今のところは大幅には上がらなそうです。

課題・デメリットは?

歴史の浅さから来る不安定さ

分裂当初ですが、難易度の調整やマイナー達との連携がうまくいかず、マイニングが不安定で、マイニングが10分に1回なされずに、暴落しました。その後、DAA(Difficulty Adjustment Algorithm)と呼ばれる難易度調整が自動的になされるようになりましたが、日が浅い分にこうした問題は起きやすいです。

マイナーに依存

すべての仮想通貨はそもそもマイナーに多くの面を依存ですが、ビットコインキャッシュはそもそも大手のマイナーにサポートされて生まれたという経緯があります。また、ブロックサイズの問題で、大きなブロックを扱うようになると、扱える人が減り、中央集権化が進むという指摘がされています。(実際にもうかなり進んでいますが)それなりのネットワークスピードを担保できるような事業者やマイナーでなければ、そもそも参加ができないとうものになってしまいます。

メリット・可能性は?

マイナーがサポートしてる

良し悪しになりますが、マイナーがサポートしていることによってメリットも多いです。基本的にマイニングがなされないと、通貨の安定性が保てないため、マイナー依存である一方で、マイナーを呼んでこなくてはいけない通貨に比べるとプラスです。

ビットコインに変わる可能性がある

と信じている人たちがいます。ビットコインを創ったとされているSatoshi Nakamoto氏の思想により合っているのはビットコインよりもビットコインキャッシュという主張をされている人もいて、なかなか根強い支持者のコミュニティがある部分はプラスです。

決済として普及し始めている

少しずつではありますが、ビットコインキャッシュが決済できるお店が増えています。前述のようにビットコインに比べて、手数料が安いので、現状は決済として普及しやすいという面があるかと思います。

リプレイアタック対策済み:

通常の取引:

AさんがBさんに100BTC送る
Bさんが100BTC受け取る

分裂した場合(双方の取引所が分裂後通貨に対応):

Aさんが100BTC持っていると、100BTC-Newが付与される
Aさんが100BTCをBさんに送る
Bさんが100BTCと100BTC-Newを受け取る

分裂した場合(Aさんの取引所が分裂後通貨に非対応):

Aさんが100BTC持っているが、100BTC-Newは認識されていない
Aさんが100BTCだけBさんに送る
Bさんが100BTCと同時に100BTC-Newも盗ってしまう

このように分裂に対応していない取引所や取引所・ウォレットを使う人から盗む行為をリプレイアタックと言い、やり方次第では無限にお金を引き出してしまうことがあります。ビットコインキャッシュの場合にはこのような問題に対する対策が行われているということです。

相場・チャート情報

現状

過去のチャート

2017年8月~10月

 最初は$500前後でスタートし、マイニングの不安定さから一時は下がりましたが、$500~$600あたりを行ったり来たりします。

2017年11月

ビットコインにおけるSegwit2Xが無期限延期されたために、価格が高騰します。$600から$2,500近くまで上がっています。

2017年12月

Bitcoin.comを設立したエミールさんや大手のマイナーなど影響力のある人たちがビットコインキャッシュへの移行や支持を表明して価格が高騰しました。一時は$4,000まで上がり、その後はビットコインの同じような形で価格が下がっていっています。

投資判断は?今後の価格予想

投資対象としてどうか?

ビットコインの価格がだいぶ上がっているので、1割程度の値段で買えるビットコインキャッシュは単価としては魅力的に思います。手数料が安いといった明確な利点もあるので、ビットコインに興味がある人は検討しても良いと思います。少なくともよくわからないICO銘柄やトークンよりはおすすめです。

予想価格は?

個人的にビットコインを200万円と予測しているので、15~20万くらいになると予想します。

購入方法とおすすめの取引所

ビットコインキャッシュを取り扱っている下記の取引所で購入できます。

国内 No.1 取引所のビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

大手で安心!GMOコイン

 

アジア最大級の取引所!QUOINEX

おすすめのウォレット

保管は安心のハードウォレットで


まとめ

  • ビットコインキャッシュはビットコインから分裂して生まれた
  • 分裂理由はビットコインのスケーラビリティを解決するため
  • 分裂にあたりSegwit派の開発者とビックブロック派のマイナーが議論し、合意に至らなかった
  • ビットコインキャッシュはブロックのサイズが大きいが、その他の点ではビットコインと似ている
  • ブロックサイズに関しては、賛否両論あり
  • 値段はビットコインへの失望タイミングで上がったが、その後はビットコインへ連動して価格が変化している