coincheck(コインチェック)の手数料は高い?売買や送金手数料も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コインチェックのトップ画像

今回はビットコインをはじめ、アルトコインなど仮想通貨の取り扱い種類が最も豊富である大手仮想通貨取引所「coincheck(コインチェック)」をご紹介します。ここでは主に各種手数料についてや、他の国内の人気仮想通貨取引所との手数料の違い、手数料を抑えるための節約方法などについてもご説明します。

coincheck(コインチェック)とは?

会社概要

取引所名 coincheck(コインチェック)
運営会社 コインチェック株式会社
所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
代表 和田晃一良
設立 2014年8月
公式サイト https://coincheck.com/ja/

コインチェックの代表である和田晃一良氏は、ウォレット・取引所「コインチェック」の開発者でもあり、日本仮想通貨理事、日本ブロックチェーン協会監事も務めています。もともとはレジュプレスという会社名で、storys.jpというビジネスを行っていました。自分のストーリーを共有できるUGM(User Generated Media)のサービスで、ビリギャルなどが有名です。新規事業として、仮想通貨取引を始めてCMなどのプロモーションを行っていましたが、2018年1月にはハッキングを受けてしまい、大量のNEMの不正流出が起きてしまいました。約500億円近い損失を自己資金で補てんし、資金的には、事業継続は可能そうでしたが、金融庁への対応や信頼の回復という観点からマネックスグループに買収されています。和田氏は代表取締役を辞任して現在は執行役員に就任しています。

coincheck(コインチェック)の特徴は?

コインチェックの最大の特徴は、取り扱い通貨の種類が国内仮想通貨取引所の中でも多いこと、サイトデザインが見やすく、おもに販売所形式でコインを取り扱っていることから、仮想通貨の初心者でも簡単に行うことができることです。

またスマホアプリをインストールすることで、モバイル端末から外出先でもお手軽に仮想通貨の取引をすることができます

coincheck(コインチェック)で扱われる取引方法は?

コインチェックではビットコインは取引所と販売所の両方に対応しており、それ以外のアルトコインは販売所でのみ売買ができるようになっています。

気になるcoincheck(コインチェック)の手数料は?

手数料のイメージ画像

取引手数料

コインチェックはビットコインに限り取引所形式で安い手数料で取引出来ますが、それ以外のリップルなどのアルトコインでは販売所での取り扱っています。

つまり、アルトコインの取引では、取引手数料の他に表向きには表示されないスプレッド(買い値と売り値の差)という実質的な手数料がかかるので、一般的には取引所に比べて手数料が高くなってしまいます。

取引所 取引手数料 スプレッド(目安)
Coincheck 0% 約2%
bitflyer(販売所) 0% 約1%
Zaif(販売所) – 0.05% ~ – 0.01% 約3%
GMOコイン 0% 約1~2%
DMM Bitcoin 0% 約2%

また、販売所の中にはビットコインも扱われており、この場合は取引所で扱われるビットコインと違って取引手数料が高くなってしまうため、取引所で扱われているビットコインと間違えないように注意しておきたいところです。

入金手数料

銀行振込手数料

銀行振り込みによる入金手数料はコインチェックを始め、基本的にどこの取引所でも無料です。ただ、コインチェックの場合はビットコインの入金限り、高速での入金が可能になっており、その際に手数料として0.002 BTCかかります。(通常時は無料です)

また銀行側でかかる振込手数料は、持っている銀行口座によって微妙に異なってきますが、コインチェックの場合はりそな銀行と住信SBIネット銀行のネットバンキングが使えれば、振込手数料も無料となります。

ちなみに住信SBIネット銀行の口座を持っていれば大体どこの取引所でも振込手数料を無料にすることができます

クイック入金手数料

取引所 クイック入金手数料
コインチェック 756円
ビットフライヤー 324円
ザイフ 486 ~ 594円
DMM Bitcoin 無料
GMOコイン 無料
QUOINEX 無料

クイック入金手数料に関しては最低(3万円未満)でも756円かかるので、他のクイック入金に対応している取引所と比べてもかなり割高です。

レバレッジ取引手数料(スワップ手数料)

コインチェックにおけるレバレッジ取引手数料(スワップ手数料)は、ロングポジションだと取引約定金額(円) × 0.04 %、ショートポジションだと取引約定数量(BTC) × 0.05 %となっており、他の取引所と比べても割と標準的な手数料になります。

ちなみにこの手数料は約定から24時間ごとにかかるので、長期的に保有する場合は注意が必要です。

クレジットカード手数料

コインチェックにおけるクレジットカード手数料は、仮想通貨の価格によって変わってきますが大体購入価格の8.5%程度だと言われています。

高い時で10%近くにものぼるので、クレジットカード決済はよほどのことがない限りは控えておいた方が良いでしょう。

出金手数料

以下コインチェックの日本円出金手数料です。

取引所 出金手数料
coincheck 400円
bitflyer 216円 〜 756円
Zaif 350円 〜 756円
bitbank 540円~756円
BITPoint 324円
QUOINEX 500円
GMOコイン 無料
DMM Bitcoin 無料

コインチェックでは出金先がどの銀行でも一律400円となっています。他の取引所と比べてもやや高めですね。

送金手数料

送金手数料は預入に関しては基本的にどこも無料になりますが、払出に関しては送金を行う取引所や通貨の種類によって変わってきます。

以下はコインチェックにおける各仮想通貨の送金手数料です。

仮想通貨名 送金手数料
ビットコイン 0.001 BTC
イーサリアム 0.01 ETH
イーサリアムクラシック 0.01 ETC
リスク 0.1 LSK
ファクトム 0.1 FCT
モネロ 0.05 XMR
オーガ 0.01 REP
リップル 0.15 XRP
ジーキャッシュ 0.001 ZEC
ライトコイン 0.001 LTC
ダッシュコイン 0.003 DASH
ビットコインキャッシュ 0.001 BCH

※コインチェックユーザー間の送金手数料は無料です。

また、以下は各取引所におけるビットコインの送金手数料になります。

取引所 送金手数料
coincheck 0.0001BTC(送金手数料
bitflyer 0.0004BTC(送金手数料
Zaif 0.0001BTC~(送金手数料
bitbank 0.001BTC(送金手数料
BITPoint 無料(送金手数料
QUOINEX 無料(送金手数料
GMOコイン 無料(送金手数料
DMM Bitcoin マイナーに支払う分のみ(送金手数料

コインチェックの送金手数料は比較的安めになっているので、通貨を海外取引所に送金する場合にも使えるでしょう。

送金手数料はよく変動しますので、上記手数料はあくまで参考になりますが、リンク先から各取引所の送金手数料をご確認ください。

coincheck(コインチェック)の手数料を節約するには?

節約のイメージ

アルトコインの売買は控える

コインチェックはビットコイン以外のアルトコインの種類が豊富で、その分幅広いトレードが可能ですが、アルトコインは全種類において販売所で売買される形になるので、スプレッドという表向きには表示されない手数料があり、取引所に比べて高くつきます。

ビットコインであれば販売所以外にも取引所で売買できるので、手数料を節約したいのであれば、アルトコインではなく基本的にビットコインの取引だけにしておくと良いでしょう。

即時入金できる便利な入金方法はなるべく使わない

コインチェックでは「コンビニ入金」や「クイック入金」、そして「クレジットカード入金」といった、今すぐ仮想通貨を購入したいような場合に即座に口座へ送金できる便利な入金方法があります。

これらは便利な代わりに手数料が非常に高いです

例えば「コンビニ入金」や「クイック入金」であれば、一回の送金につき手数料は最低でも756円以上はかかりますし、クレジットカードであれば購入額の10%近くも手数料がかかります。

こうした便利な入金方法で頻繁に入金していると、積み重なって手数料が高くなってしまうので、これら便利な入金方法は必要最小限に留めておきたいところです。

振込手数料が無料になる口座を用意しておく

上記から入金は銀行口座をメインに行っていきたいところですが、振り込みを行う銀行によってはその振込手数料が無料になったりそうでなかったりします。

コインチェックの場合だと「りそな銀行」と「住信SBIネット銀行」の口座があれば常に振込手数料が無料になるので、これらの口座を用意しておくのをおすすめします。

coincheck(コインチェック)はこんな人におすすめ

コインチェックは以下のような場合におすすめです。

  • 豊富な種類の通貨を取引したい場合
  • 初めての仮想通貨取引デビューでも簡単に売買したい場合
  • スマホからいつでもどこでも取引したい場合
  • レバレッジ取引がしたい場合
  • すぐに売買成立するようなお手軽な取引がしたい場合

まとめ

コインチェックはアルトコインの種類が多く初心者でも難なく使いやすいのが魅力的ですが、手数料が高いのがネックです。

また2018年の初頭には、ハッキングによる不正流出がありましたが、返金対応もしっかりと行い、通貨の管理も見直して改善させていく意向であり、サービスも無事に再開しているので、今後はさらに安心して利用することができるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。