【完全版】COMSAトークンとは?特徴・将来性・価格予想・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

COMSAというトークンをご存知でしょうか。COMSAは仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)を運営するテックビューロが発行したトークンです。

COMSAはICOのソリューションを提供するもので、COMSA自身もICOし、多額の資金を調達しました。

今回はそんなCOMSAを実現するために発行された、「COMSAトークン」について紹介していきます。

仮想通貨COMSAトークンとは?

仮想通貨名 COMSA(コムサ)
通貨記号 CMS:ETH、CMS:NEM
発行数 発行数上限は未定
コンセンサスアルゴリズム
ブロックサイズ
ブロック生成時間
公開年月日 2017年11月
発行・開発主体 テックビューロ
公式サイト Comsa公式サイト

COMSAトークンはCOMSA(コムサ)というICOプラットフォームで使われるトークンのことです。

ICOというのはイニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の略で、その企業の独自トークン(仮想通貨)を発行することで、事業立ち上げなどに必要となる資金を調達することを言い表します。

従来、企業が資金調達を行う方法としては、銀行や機関投資家からの融資などによるものがあったりしますが、これらは融資を受ける際に必要となる審査が厳しく時間がかかったりして、基本的に資金を集めるのも簡単ではありません。

一方で、COMSAを利用したICOでは、こういった資金集めを簡単かつ迅速に済ますことができるプラットフォームであることから注目されています。

CMS:ETHとCMS:NEMの違いについて

COMSAトークンの略号はCMS:ETHとCMS:NEMの2種類ありますが、このうちCMS:ETHがイーサリアムのブロックチェーン上で作られたトークンで、CMS:NEMがネムのブロックチェーン上で作られたトークンということになります。

このように両者の違いはイーサリアムベースか、ネムベースかという違いがあり、保管する際はCMS:ETHならイーサリアムウォレット、CMS:NEMならネムのウォレット(ナノウォレット)になります。それぞれの値動きに関してはさほど変わりません。

テックビューロが発行

発行主体は仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社です。過去にはZaifトークンというトークンも発行しています。取引所を持っていることを活かし、新規事業として、取引所を持っていることの活かせるICO領域に進出していくようです。

COMSA(コムサ)の特徴は?

コムサトークンのイメージ画像

COMSA(コムサ)はICOプラットフォームであり、企業が資金調達をする際に大変効率的に行えることを可能にしています

これを可能にするのは、COMSAの3つのソリューションであるICOソリューション、トークンソリューション、ワンタイム・スマート・コントラクトによるもので、これらにより企業がICOを行う際に必要となる環境の提供や技術的なサポートが行われ、ICOを短時間で容易にさせることができます。

企業にとってメリットとなる3つのソリューション

ICOソリューション

例えば企業が仮想通貨を発行して上手く資金調達したいという場合は、ホワイトペーパー(目論見書)の整備やブロックチェーンの導入プラン設計、PR、トークンセールのツールの開発といったものが必要になってきますが、これらを独自でやろうとすると多大な労力がかかります。

COMSAではこれらICOに必要なことを全て請け負い、企業のICOをサポートします

トークンソリューション

ICOにより発行させるトークンを売買可能にするための場所(Zaif取引所)や決済ツールを提供してもらえます。

発行したトークンは取引所といった市場があって初めて取引されると共に価格変動が期待されるので、ICOを成功させるうえでは、そのトークンを取り扱う取引所などの存在は必要不可欠です。

COMSAであれば、国内仮想通貨取引所の中でもトップクラスに知名度・人気があり、取引量も十分にある取引所「Zaif(ザイフ)」に上場させることができるのも大いに魅力的ですね。

ワンタイム・スマート・コントラクト

円やドルなどの法定通貨やビットコインなどの仮想通貨に対してレートがあまり変動しないトークンを提供することで、仮想通貨など価格変動が激しい通貨のやり取りによる不便を解消させ、実際のビジネスにおいても取引しやすくさせます

COMSAトークンを購入・保有するメリットについて

企業がICOを行う場合は上記の3つのソリューションがメリットになりますが、投資家などがCOMSAトークンを購入・保有するメリットもあります。

COMSAトークンの値上がりの可能性

COMSAトークンが値上がりすることで、事前に購入して保有している場合は利益を上げることができます

COMSAトークン自体はICOとしても人気であり、開始から既に100億円以上の資金が集まっていますが、2018年度末までには更なる資金が集まる予定だと言われています。

したがって、今後Comsaトークンは更に値上がりするような可能性を秘めているので、購入を検討する場合はこの先の動向に注目していきたいところです。

COMSAトークンで企業のトークンを購入すると5%上乗せされる

特定の企業がICOで発行した独自トークンを、COMSAトークンを使って購入する場合は、購入した枚数に加えて全購入枚数の5%分が付与されます

ビットコインなど他の仮想通貨であれば、こうしたICOトークンを購入する場合は基本的に購入した枚数分のみになりますが、COMSAトークンで買えば同じ金額で購入しても5%分お得にICOトークンを購入することができます。

COMSAトークンのチャートと今後の価格予想

コムサのチャート

COMSAトークンのチャートを見てみると、2017年の年末に高騰後現在にかけて価格は落ち着いたところで推移しています。

12月の高騰理由に関しては色々と考えられますが、元ライブドア社長の堀江貴文氏(ホリエモン)による発言が大きいのではないかと考えられています。

このようにCOMSAがICOで100億円の資金調達に成功させたことは、界隈で広く話題になっています。

COMSAを使ったICOは今後次々と多数の企業によって行われると予定だと言われているので、予定通りICOが行われていけば、この先価格が上がっていく事も期待できるのではないでしょうか。

Comsaトークンを購入できるオススメの取引所

COMSAトークンを購入できるオススメの取引所はCOMSAの発行元でもある会社「テックビューロ」が運営するZaif(ザイフ)です。

Zaif(ザイフ)

ザイフは国内取引所の中でも1、2を争うほどの人気取引所で、すべての仮想通貨を取引所方式で取引可能であり、取引手数料は-0.01%と業界最安で安いどころか逆にもらえてしまいます

その代わりサーバーが少し不安定なのがネックですが、セキュリティがしっかりしているので安心して利用できますし、このCOMSAトークンを始めザイフトークンを唯一購入でき、人気アルトコインであるネムを安い手数料で買える貴重な取引所となっています。

ザイフは本人確認から仮想通貨のトレードができるようになるまでに時間がかかったりするので、早急にCOMSAトークンなどを入手したい場合はなるべく早めにザイフで口座開設手続きを行うと良いでしょう

Zaifの登録はこちらから

COMSAトークンを保管するのにオススメのウォレットは?

MyEtherWallet

イーサリアムやイーサリアムクラシック、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されるトークン(ERC20トークン)を保管できるウォレットで、CMS:ETH(ERC20トークン)を保管できます

アクセスしているとき以外はオフラインでの管理となるので、セキュリティもかなり高いといえます。

MyEtherWalletのダウンロードはこちらから

NanoWallet

ネムやネムで発行できるトークン(Mosaic)を保管できるウォレットで、CMS:XEM(Mosaic)を保管できます

秘密鍵をオフラインで管理できるので、セキュリティに関してはMyEtherWaleet同様に強固で安全です。

Nano Walletのダウンロートはこちらから

Zaif取引所のウォレット

取引所であるZaifのウォレットでもCOMSAトークンを保管できます。ザイフではコールドウォレットでの保管でマルチシグ対応となっているので、セキュリティに関しても問題ないでしょう。

Zaifの登録はこちらから

COMSAトークンの将来性は?

Comsaの将来性

COMSAは国内に限らず海外企業に対してもICOの誘致を行っており、今後は多くの企業のICO案件をこなしていく予定です。そしてこのICO案件により2018年度までには1億ドル以上の資金調達を目標としているようです。

COMSAはICOプラットフォームとしての実需要が十分に見込めると考えられますし、現在ICOを行う予定である企業のプロジェクト内容も詐欺的ではなく正当なものだと言われています。

一方で、コインチェックの不正送金の事件もあり、日本ではICOのハードルは上がっており、COMSA自身は除くとCOMSAプラットフォームではまだ1件のICOも成立していません

今後、COMSAトークンの値段が上がるかどうかは、日本でICOがどのように規制されていくかに大きく依存します。

COMSAトークンのまとめ

今回はCOMSAトークンについてまとめてみました。

ICOプラットフォームとして可能性のあるCOMSAですが、このCOMSAトークンは自体はまだ価格が低くて買いやすいので、COMSAに将来性を感じるのであれば今のうちに保有しておくと良いかもしれません。

Zaifの登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。