Dapps(分散型アプリケーション)とは?特徴・活用例・今後の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨に関わっている人であれば、Dappsという単語を目にすることはあるでしょう。しかし一体どういうものなのか?しっかりと理解している方は少ないはずです。調べようとしても技術的な話で難しい単語が並び、理解をあきらめてしまった方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな少し難しい印象を持つDappsについていったいどんなものなのか?特徴や活用例をご紹介したいと思います。

Dapps(分散型アプリケーション)とは?

まず、DappsとはDecentralized Applicationsの略で日本語に直すと「分散型アプリケーション」になります。今回ご説明するDappsはより具体的に説明するとブロックチェーンを用いた分散型アプリケーションのことを指します。

では、Dappsは具体的にどのようなものを指すのでしょうか。例えば、ゲームなどの従来のアプリケーションであれば、ある会社がソフトを開発しアップデートなども販売した会社が行います。しかしこのDappsは分散型アプリケーションという名の通り、複数の人間がオープンソース化されたブロックチェーン技術を利用し、アップデートなどを行います。

つまりは、特定の団体が管理せず、複数人で共同で管理を行う非中央集権型のアプリケーションのことをDappsと呼びます。

Dapps(分散型アプリケーション)の特徴

Dappsと定義される条件としては上記で説明したオープンソース化されたブロックチェーンを利用しており、非中央集権的であること。他にはオープンソース上にトークンを持ちブロックチェーンの参加者にトークンで報酬が支払われること。そしてアプリケーションの改善はユーザーの同意を得てから行うことが条件となっています。

最も有名なDappsの例としてはビットコインが挙げられます。

ビットコインはオープンソースであり、マイナーがマイニングすることによって処理を任せる代わりにビットコインを報酬として付与していることからまさにDappsの形そのものと言えます。

Dapps(分散型アプリケーション)のメリット

Dappsを導入することによって得られる最大のメリットは、やはり先ほどから記述しているように中央管理者がいない点でしょう。中央サーバーで情報を管理していないためハッキングによるシステムダウンの心配がないことや、改善にユーザーの承認を必要とするため運営者側本位の変更が起こらないメリットがあります。

この中央管理者がいない非中央集権的なアプリケーションのあり方についてはフェイスブックのCEOも言及しており、現在の1990年代から2000年代までのテクノロジーのあり方は個人に力を与える存在だと信じていたが、実際のところは中央集権的なあり方を加速させるだけであったことに失望したこと。そしてDappsの技術はそんな現状のテクノロジーの流れに反し、非中央集権的なあり方を進み個人の強さを取り戻すものでコントロール不能に陥る可能性もあるが、そのポジティブな部分とネガティブな部分の両方を学び、サービスに応用していきたいと述べています。

Dapps(分散型アプリケーション)のデメリット

Dappsのメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。その主なデメリットとして以下の2点が挙げられます。

セキュリティ問題

65億円相当のイーサリアムが盗まれたThe DAO事件をご存知でしょうか?これはアプリケーションやスマートコントラクトのバグをハッカーに突かれ不正送金を行われた事件です。いくらメインサーバーが無いとはいえ、システムそのものにバグが発生していた例もあるのでそういった面ではデメリットが存在します。

スケーラビリティ問題

ブロックチェーンには元々ブロックサイズという一度に処理できる限界のデータ容量があるのですが、利用者が増えることによりブロック内にデータが収まらずデータの処理に時間がかかってしまう問題があります。特に、ビットコインはこの問題に直面しており、実際に取引の承認スピードの低下やそれに伴う取引手数料の増加などの問題が起きています。ビットコインの場合はこのスケーラビリティ問題の解決のためにハードフォークを行い新たな通貨を誕生させることで対策を行いました。

トークン価値問題

Dappsではブロックチェーン参加者にトークンという形で報酬を与える仕組みですが、その報酬とされるトークンの価値を保証する必要があります。トークンの価値が低下してしまえばそれだけブロックチェーンに参加するユーザーも減りサービスの継続も難しくなってしまうため、トークンの価値の下落はサービスの存続そのものを左右する問題です。

Dapps(分散型アプリケーション)の活用例

ここまでDappsの主な使用例としてビットコインの例を挙げてきましたがその他にはどのような例があるのか?以下にまとめましたのでご紹介します。

イーサリアム

イーサリアムも仮想通貨の中ではビットコインに次いで知名度がありますが、一体どのようなものなのか意外と知らない人も多いのではないでしょうか?イーサリアムの特徴としてはここまで説明してきたDappsのプラットフォームとしての役割を持つ仮想通貨、つまりはイーサリアムを使ってDappsを作れるということです。

既に仮想通貨時価総額上位の中にもイーサリアムを利用して作られた仮想通貨は多く、Dappsを語る上では知っておくべき事柄でしょう。

ゲーム

Dappsの実例としては仮想通貨がメジャーな存在ですが、その他にもゲームに実装された例も登場しています。実際にBitPetやイーサエモンなどまだまだ発展途上ですが、ゲームで遊んで報酬を得ることができるシステムが確立しており、ゲームで遊んでお金稼ぎができる世界がすぐそこまで来ています。

AWS Blockchain Templates

先ほどイーサリアムがDappsのプラットフォームとして機能していると説明しましたが、アマゾンが提供しているアマゾンウェブサービスではブロックチェーンフレームワークを既に用意してあり手軽にブロックチェーンを始めることが可能です。このサービスを使えば手動で設定が必要な部分を短縮することができ、より効率的に開発を行うことができます。

Dapps(分散型アプリケーション)のまとめ

ここまでDappsのことに関して説明してきましたが仮想通貨だけでなくその開発環境や身近なものではゲームにまで様々なところにDappsは食い込んでいます。今後もブロックチェーン技術及び仮想通貨はますますの発展を遂げるのでそれに伴いDappsもより身近なものになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加