仮想通貨Decentralandとは?特徴・将来性・チャート・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Decentraland

仮想通貨Decentralandはイーサリアムのブロックチェーンをベースにした分散型VRプラットフォームです。

今回はそんなDecentralandの特徴や価格推移などを詳しく見ていきます。Decentralandの購入を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨Decentralandとは?

仮想通貨名 ディセントラランド
通貨記号 MANA
発行数 2,805,886,393 MANA
コンセンサスアルゴリズム
ブロックサイズ
ブロック生成時間
公開年月日 2017年8月4日
開発者 Esteban Ordano
公式サイト https://decentraland.org

Decentralandは分散型VRプラットフォーム

DecentralandはVR空間内の土地を活用したプラットフォームです。ユーザーはVR内に自分の土地を購入し、その土地を利用して自分の思い描いた建物やオブジェクトを作り出すことができ、自由にコンテンツを展開することが可能です。

また、ユーザーはアバターを介し、VR空間内でイベントに参加したり、お店を開いたりといった娯楽やビジネスを楽しむことができるなど、人間の想像力を最大限に活用できる世界を提供しています。

同じようなVR空間を活用したLinden Lab社が運営母体である「SecondLife」と呼ばれるオンラインゲームがありますが、Decentralandには運営母体がなく非中央集権的であるという点で、「SecondLife」とは異なる分散型のプラットフォームなのです。

時価総額は?

Decentralandの2018年7月6日現在の時価総額は、100,914,819USD(11,168,468,434JPY)でランキングは90位の仮想通貨となっています。100位以内の仮想通貨ということで、未だに一部のユーザーからのニーズがあることが伺えます。

Decentralandの特徴をチェック

イーサリアムのブロックチェーン技術

イーサリアムのブロックチェーンを活用することで、決済機能にとどまらずアプリケーションを構築することができます。そうした技術を活用することで、Decentralandでは、誰もがVR空間内で住宅やビルをはじめとした建物から、自動車や鉄道などの移動手段を作り出すことが可能になっています。

また、イーサリアムの特徴であるスマートコントラクトを活用することで、VR空間内での土地をはじめとした取引において、第三者機関を介在させることなく、低コストで信頼性の高い取引をすることが可能となっています。

そのため、たとえVR空間内であっても所有物が誰のものであるのかわかり、所有権を守ることができるのです。

MANA(Decentraland)トークン

Decentralandのプラットフォーム内では、MANAと呼ばれるトークンが基軸通貨となっています。

MANAはVR空間内の土地取引の他、デジタル商品やサービスなの決済にも使用され、Decentralandのプラットフォームを利用するにはなくなてならない通貨です。

Decentralandのチャートと価格推移に注目



こちらは、MANA/USDのチャートです。ここから価格推移をチェックしてみましょう。

2017年の価格推移

ICO価格0.0240ドルで始まったMANAですが、12月の初旬までは約0.01ドル~約0.02ドルの間で揉み合う値動きでした。

しかしながら、12月7日を境に出来高を伴いながら急激に値上がりし、12月14日には2017年の最高値である約0.13ドルを付けています。

仮想通貨市場が軒並み上昇したことに加え、12月中旬に行われたTerraform Eventと呼ばれるDecentraland内の中心地のオークションが行われたことが値上がりの要因だと言われています。

2018年以降の価格推移

2018年に入ると、2017年の年初来高値を更新し、1月9日には最高値である約0.27ドルを付けています。

しかしその後は、高値を更新することなく下がり続け、現在は0.08ドル近辺で揉み合う展開となっています。

Decentralandの将来性を見てみよう


Decentralandのロードマップによれば、今後にはIron Ageと呼ばれるユーザーを表現するアバターの導入やライブチャット機能の実装が予定されています。

また、その後にはSilicon Ageと呼ばれるVR技術のサポートと物理法則をカスタマイズした完全な3D世界の実現を予定しています。

しかしながら、いずれも実装時期は未定となっており、いつ導入されるかは定かではないため、将来性があるかどうかは今のところわかりません。

Decentralandを購入できるおすすめの取引所


仮想通貨Decentraland(MANA)は国内取引所では取り扱いがありません。そのため、Decentralandは海外取引所で購入する必要があります。

Binance(バイナンス)

2017年11月24日より、DecentralandがBinanaceにて購入可能となりました。

取引手数料は0.1%となっています。
Binanceの公式ページはこちらから

Bittrex(ビットレックス)

取引手数料は一律0.25%となっています。

仮想通貨Decentralandを扱っている他、取り扱い通貨が200種類以上と非常に多いのが特徴です。
Bittrexの公式ページはこちらから

Decentralandを保管するのにおすすめのウォレットは?

MyEtherWallet

イーサリアム系トークンを保管するためのデスクトップウォレットです。

DecentralandはイーサリアムのERC20トークンを利用していることから、MyEtherWalletで保管することが可能です。

MyEtherWalletのダウンロードはこちらから

Ledger Nano S

Ledger社が提供しているUSB型のハードウォレットです。

Decentralandに対応していることに加え、MyEtherWalletと同期することが可能です。

Ledger Nano Sの公式ページはこちらから

Decentralandのまとめ

仮想通貨DecentralandはVRプラットフォーム内で土地取引やサービスの支払いなどに使用される仮想通貨です。

今後のアップデートは未定ではありますが、VR自体は今後ますます普及することが予想されるため、引き続き注目されるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加