【解説】DEX(分散型取引所)とは?特徴やメリット・デメリットをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨のDEX(デックス・分散型取引所)というのをご存知でしょうか。現在主流であるbitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)といった中央集権取引所とは違い、特定の管理者が存在しない分散型取引所のことです。

DEX(分散型取引所)は、ブロックチェーン上で自律した運営がなされている「次世代型の取引所」と言われています。今回は、DEX(分散型取引所)の特徴やメリット・デメリット、具体的な活用方法や将来性などを詳しくご紹介していきます。

DEX(分散型取引所)とは?

DEX(分散型取引所)は「Decentralized Exchange」の略で、そのまま分散的な取引所ということです。現在仮想通貨の主流な取引所となっている中央集権取引所とは違い、取引所を運営している仲介管理者が存在しない取引所を指します。

この分散型取引所を理解するには、もともと中央集権取引所がどういうものなのかをおさらいします。

中央集権取引所とは?

中央集権取引所とは、国内ではbitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)、海外ではのBinance(バイナンス)やBittrex(ビットレックス)といった仮想通貨の取引所のことです。

これらの取引所の運営には特定の中央管理者がいて、ユーザーはその中央管理者に自分が保有している仮想通貨をそのまま預けているという形になっています。

現金を銀行に預けているような感覚で、ユーザーは中央集権取引所に仮想通貨を預けています。それは一見安全なように思えますが、近年コインチェックのハッキング事件やマウントゴックス事件があったように、預けている資産がハッカーに狙われて盗まれてしまうというリスクがあります。

セキュリティが強固だといわれている大手の取引所でも、システムの脆弱な部分をつかれて、いつハッキングされるか分かりません。

さらに取引所に登録するには個人情報を提示する必要があるので、ユーザーの個人情報漏えいの心配もありますし、運営側がハッキングされると秘密鍵も奪われて仮想通貨がごっそり盗まれてしまう可能性もあります。

DEX(分散型取引所)とは?

中央集権取引所が資産を預ける上で決して安全な場所ではないとすると、他にどのような方法で自分の資産を守ればよいのでしょうか。

そこで登場したのが中央集権取引所の弱点を克服したDEXです。

DEXは運営に特定の中央管理者が一切存在せず、取引情報の記録や資産管理などは全てユーザー自身がブロックチェーン上で行うというシステムです。

まずDEXでユーザーが求めている取引を探し、取引場所が見つかったら個人対個人(P2Pネットワーク)でやり取りをすることができます。中央管理者を通さないのでハッキングされる可能性が限りなく低いとされているのです。

ブロックチェーン上では取引記録を書き換えることはできませんので、中央集権取引所よりも安全な資産管理ができると今注目されています。

DEX(分散型取引所)のメリットは?

DEXは今後の仮想通貨取引市場において革命的な仕組みだといえます。しかし、まだ新しいシステムなので完全に整備が行き届いてはいません。メリットはたくさんありますが、その分デメリットもあるのでご説明していきます。

セキュリティが強い

DEXではユーザーが保持している仮想通貨はユーザー自身のウォレットで管理する仕組みになっています。そのためハッキングされて仮想通貨が盗まれてしまうということがありません。

本人確認が不要

DEXは中央管理者が存在しないため、本人確認書類を提出する必要が一切ありません。したがってハッキングなどによる個人情報漏えいの心配がありませんし、匿名で取引ができる点もDEXの大きな特徴のひとつです。

手数料が安い

DEXは手数料がかなり安く済みます。中央集権取引所は、ユーザーの手数料をハッキング対策やセキュリティ管理、チームの運営費用など、さまざまな経費に充てています。DEXには中央管理者がいないので、それらの経費を大幅にカットすることができ、支払う手数料が格段に少なくなります。

DEX(分散型取引所)のデメリットは?

サポートやサービスがない

先ほどもご説明したように、DEXには中央管理者が存在しないので、セキュリティ管理などのサポートはなく、ユーザーへのサービスも一切ありません。例えば大手国内取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)では、顧客のビットコイン保管中のリスクを保証する損害保険を、国内の大手損害保険会社と契約しています。さらにbitFlyerを通して通販などを利用すると、ビットコインがもらえるサービスもあり、ユーザーへのサポートが充実しています。

それらのサポートがないということは、資産は完全に個人だけで守っていかなければなりません。ちょっとしたミスで大損してもそれは自分の責任で、誰も助けてはくれないのです。自分の資産をきちんと管理することに自信がない人には少しハードルが高いといえるでしょう。

取引量が少なく流動性が低い

DEXは、まだ新しい仕組みなのでまだまだ知名度が低いといえます。だから現時点で実際に利用している人は非常に少ないのです。取引されている量も少なく流動性が低いので、今の段階では中央集権取引所を利用する方が便利だといえるでしょう。

細かな手数料が発生する

DEXがユーザーに提供するものは取引する場所のみです。ユーザーが取引する相手を見つければ、あとは個人対個人(P2Pネットワーク)のやり取りで自由に取引をすることが可能となります。

しかし、このプロセスの中では個人がブロックチェーン上に取引記録を書き込むたびに若干の手数料が発生してしまうのです。例えば入金や出金をする際、それをブロックチェーン上に記録するたび少額の手数料がかかります。

この手数料は、中央集権取引所に支払う手数料と比べると格段に少額なのですが、ブロックチェーン上に記録するたびいちいち手数料を支払うので、感覚的には手数料をたくさん支払っているように思えるかもしれません。

DEX(分散型取引所)の紹介

ここからは実際にあるDEXをご紹介していきます。

EtherDelta(イーサデルタ)

EtherDelta(イーサデルタ)とは、仮想通貨イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上にあるDEXのことです。

イーサリアムのプラットフォームで取引きされるので、イーサデルタではイーサリアムとそのトークンの取引のみ可能ですが、中央集権取引所に上場していないイーサリアムのトークンなども取扱いがあります。

DEXはまだ新しい仕組みなので利用するか迷っている人も多いですが、イーサデルタはDEXの中でも利用者が多いので、初めての人でも比較的挑戦しやすくなっています。

Counterparty(XCP) (カウンターパーティ)

Counterparty(XCP) (カウンターパーティ)とは、日本語に訳すと「取引相手」という意味です。ビットコイン(BTC)のブロックチェーン上にあるDEXで、ビットコインの技術を使っていることから「ビットコイン2.0」とも呼ばれています。

イーサリアムの「スマートコントラクト」機能をビットコインのブロックチェーン上で実行したり、カウンターパーティのトークンを支払えば誰でも仮想通貨を作ることができたりと、今後伸びしろのある人気のDEXです。

DEX(分散型取引所)の将来性は?

現時点ではユーザーが少なく、取引量や流動性も低いのでまだ使いにくくデメリットの方が多いといえます。しかし今後の流れとして、たくさんの人々にDEX(分散型取引所)の有用性が認知されればDEX(分散型取引所)が主流になる可能性が高いです。

中央集権取引所である程度市場の知識がつけば、DEX(分散型取引所)で資産を管理することに挑戦してみましょう。

まとめ

中央管理者が存在する中央集権取引所は、中央のサーバーが攻撃されるとハッキングされてたくさんのユーザーの資産が盗まれてしまう可能性があります。一方、DEX(分散型取引所)は中央管理者が存在せず、世界中につながったネットワークで取引データを共有し、管理することで中央集権取引所の弱さをカバーしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加