DMM ビットコインの手数料は高い?売買や送金手数料も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は今年2018年の1月に新たにオープンされた国内大手の仮想通貨販売所「DMMビットコイン」の手数料についてご紹介します。あの大手企業であるDMMが運営する仮想通貨販売所ということで、利用を検討する際に気になるのが各種手数料についてですが、これらは実際のところどうなっているのでしょうか?

dmm ビットコインとは?

会社概要

取引所名 DMMビットコイン
運営会社 株式会社DMM Bitcoin
所在地 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
代表 田口 仁
設立 平成28年11月
公式サイト https://bitcoin.dmm.com/

DMMビットコインは株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨販売所です。

2017年の12月に仮想通貨交換業者として登録されている金融庁お墨付きの販売所であり、また同じような時期に「株式会社東京ビットコイン取引所」から「株式会社DMM Bitcoin」に商号を変えて、2018年の1月にサービス開始となりました。

DMMビットコインの特徴は?

DMMビットコインの最大の特徴は、ビットコインだけでなくアルトコインのレバレッジ取引が可能であるということです。

多くの国内の仮想通貨取引所においては、レバレッジ取引はビットコインでしか取引できなかったりします。

しかし、DMMビットコインであればビットコインはもちろん、ほかの取り扱いアルトコイン(イーサリアム・イーサリアムクラシック・ネム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュ)の最大5倍のレバレッジ取引ができます。

ただし、アルトコインはレバレッジ取引しか対応していませんが、ビットコインとイーサリアムではアルトコインと現物取引の両方に対応しています。

またスマホアプリをダウンロードすることでスマホ上から取引ができるということや、入出金手数料・クイック入金手数料が無料であることが好評です。

DMMビットコインで扱われる取引方法は?

DMMビットコインの場合は販売所になるので、個人間取引ではなくDMMビットコインが仲介となり仮想通貨を売買する形になります。

つまり、仲介料として取引手数料以外にもスプレッドという実質的な手数料がかかってきます。

これは取引所に比べるとかなり高くついてしまうので、取引手数料は実際には比較的割高になってしまうので利用する際には注意が必要です。

気になるDMMビットコインの手数料は?

手数料の勘定

取引手数料

DMMビットコインを始めとした各大手仮想通貨販売所の取引手数料は以下のとおりです。

取引所 取引手数料 スプレッド(目安)
DMM Bitcoin 0% 約2%
Coincheck 0% 約2%
bitflyer(販売所) 0% 約1%
Zaif(販売所) – 0.05% ~ – 0.01% 約3%
GMOコイン 0% 約1~2%

このように販売所の取引の際にかかる手数料は取引手数料+スプレッドと呼ばれる表向きに表示されない手数料がかかるので注意が必要です。

また販売所のスプレッドに関しては、取引をする仮想通貨のボラティリティ(価格変動率)によって変わってくるのであくまでも目安になります。

入金手数料

銀行振込手数料

DMMビットコインの入金手数料は、その他大抵の仮想通貨取引所・販売所と同様に無料となります。

ただし、銀行振り込みで入金を行う場合は、銀行による振込手数料がかかります。

この銀行による振込手数料は入金を行う銀行によって多少変わってきますが、DMMビットコインでは「住信SBIネット銀行」で振り込みをすれば振込手数料が無料になります。

住信SBIネット銀行はDMMビットコイン以外の大手取引所でも大体対応しており、どの取引所でも振込手数料が無料になる上に送金も約10分前後と非常にスピーディーになるので、その他の取引所でも仮想通貨の取引を行う場合には、是非住信SBIネット銀行の口座を作っておくと良いでしょう。

クイック入金手数料

DMMビットコインのクイック入金手数料並びに、他の大手取引所の手数料は以下のとおりです。

取引所 クイック入金手数料
DMM Bitcoin 無料
GMOコイン 無料
Zaif 486 ~ 594円
coincheck 756円
bitFlyer 324円
QUOINEX 無料

DMMビットコインでは大手取引所(販売所)だと割高になるクイック入金手数料も無料になります。ただしクイック入金する場合は5000円以上の入金に限ります。

出金手数料

DMMビットコインの日本円出金手数料は以下のとおりです。

取引所 出金手数料
DMM Bitcoin 無料
GMOコイン 無料
coincheck 400円
bitflyer 216円 〜 756円
Zaif 350円 〜 756円
bitbank 540円~756円
BITPoint 324円
QUOINEX 500円

DMMビットコインでは出金手数料も無料になります。ただし出金する際は、出金手続きを行ってから3営業日ほどの時間を要します。

送金手数料

通貨の預け入れに関しては基本的にどこの取引所・販売所でも無料ですが、払出だと送金する通貨の種類やその取引所・販売所によって手数料が異なります。

以下はDMMビットコインをはじめ、各大手取引所におけるビットコインの送金手数料です。

取引所 送金手数料
DMM Bitcoin 無料(送金手数料
GMOコイン 無料(送金手数料
bitflyer 0.0004BTC(送金手数料
Zaif 0.0001BTC~(送金手数料
bitbank 0.001BTC(送金手数料
BITPoint 無料(送金手数料
QUOINEX 無料(送金手数料

DMMビットコインでは、ビットコインを始め全通貨において送金手数料が無料になります。またマイナーにいくらか手数料を送付することで、送金を早くすることができます。

手数料を節約するには?

お金と電卓

スプレッドが大きい時はなるべく取引しない

通貨の価格変動が大きい場合はスプレッドが大きくなるので、手数料の節約を優先する場合はなるべくそのようなタイミングでは取引しない方が良いでしょう。

取引頻度は少なめにする

DMMビットコインでは取引手数料(無料)の他、スプレッド(約2%前後)の分の手数料がかかってきます。

これは取引の売買ごとにかかってくるので、ここぞという場面以外ではなるべく取引を控えた方が良いです。

アルトコインだとレバレッジ取引しか対応していないので、取引回数を少なめにしようとすると、それはそれでレバレッジ手数料(スワップ手数料)がかかるので難しいです。

ただ、ビットコインとイーサリアムだと現物取引にも対応しているので、買ってからできるだけ取引せず、中長期的に運用する場合には、これら通貨で現物取引するようにすると良いでしょう。

レバレッジ取引の際は1日以内に決済する

レバレッジ取引の際は、レバレッジ手数料としてポジションを持っている限り、一日につき0.04%もの手数料がかかります。

つまり長期保有などする場合には日ごとにこうした手数料がかかるので、レバレッジ取引の際に手数料を節約したいのであれば、なるべく手数料が発生する前にその日のうちに決済しておくと良いでしょう。

DMMビットコインはこんな人におすすめ

  • アルトコインのレバレッジがしたい人
  • クイック入金手数料無料でいつでも即座に口座に送金したい人
  • スマホ上からどこからでも簡単に取引したい人

まとめ

DMMビットコインは取引所ではなく販売時になるので、手数料は比較的高くついてしまいます。

その代わりDMMビットコインではアルトコインのレバレッジ取引を行える数少ない販売所なので、アルトコインのレバレッジ取引がしたいという方は利用してみると良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加