徹底解説!DMM Bitcoin取引所の評判・登録方法・使い方も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はDMMの運営するDMMビットコインという取引所をご紹介します。タレントのローラさんをCMに起用して話題になりました。

DMMビットコイン(Bitcoin)とは?

運営会社概要

会社名 株式会社 DMM Bitcoin
(親会社:株式会社DMM.COM)
事業内容 仮想通貨交換業
設立年月日 2016年11月7日
資本金 12億9000万円

元々は、株式会社東京ビットコイン取引所という名前で運営されていたようです。親会社はDMMで、以前はアダルト事業のイメージが強かったですが、ある時期からFXや英会話、太陽光発電に至るまで幅広く新規事業を展開するようになりました。DMM.com証券はFXの口座数で1位をキープしており、この分野の経験もあります。資本金も10億円以上あり、盤石な資本を準備しています。

金融庁登録済み

2016年の終わりに設立され、比較的新しいですが(ビットフライヤーやコインチェックは2014年設立)、金融庁に登録されています。

取り扱い通貨

現物取引はビットコインとイーサリアムのみですが、レバレッジ取引でアルトコインが充実しています。すべての通貨を販売所として扱っています

現物取引

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

信用(レバレッジ)取引

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BTC)

DMMビットコインを使うメリットは?

アルトコインのレバレッジ取引ができる

アルトコインでレバレッジ取引を行いたい方には非常におすすめです。元より変動の大きい仮想通貨でレバレッジ取引を行うことはリスクですが、DMMビットコインでは5倍とそこまで高くなく、ロスカット(自動での損切り)の基準が証拠金維持率が80%以上と他社比較で高くなっており(他社では30%~50%が多い)、ある程度のリスクヘッジがなされているようです。

運営母体の強さ

FX取引の口座数で日本1位を誇るノウハウと資本力が強みです。資本面では大企業においても新規事業に投資される額がそこまで多くないことはありますが、DMMでは新規事業においても多額の投資を行っています。直近でもCASHという設立されて数ヶ月の会社を70億円で買収しています。(DMMがCASHを70億円で買収

各種手数料が無料

入金や出金・取引手数料がすべて無料です。手数料を毎回、考えずに済む点はメリットかと思います。ただ、販売所の形式ですので、安いかどうかは別問題です。(詳細はデメリットで記載します)

取引ツールが使いやすい

もともとFXを運営している会社ということもあり、簡単に使えるツールやスマホでも使いやすいアプリが充実しています。どこでもすぐに取引できるツールはレバレッジ取引を行う上で重要です。

DMMビットコインのデメリットは?

現物取引が可能な通貨が少ない

今後、変わっていく可能性は十分にありますが、現物取引がビットコインとイーサリアムの2通貨だけというのはなかなか厳しいと思います。現状はレバレッジ取引を行う人がターゲットになりそうです。

安いとは限らない

手数料が無料でも安く買えるとは限りません。DMM Bitcoinは取引所ではなく、販売所を運営しており、自社で仮想通貨の売り買いを行います。したがって、売り買いでDMM Bitcoinが利益が得られるように価格が調整されています。この売値と買値の差をスプレッドと良いますが、これが一般的な手数料の代わりとなります。つまり、手数料が無料でも実際には、手数料のある取引所で買うよりも高くなる可能性がありえます。

レバレッジが低く、ロスカットが早い

低いレバレッジやロスカットの早さは、投資家が大きな損を出さないための仕組みですが、既にFXで慣れている人やリスクを大きく取るのが好きな方には物足りないかもしれません。

DMM Bitcoinの評判は?

アプリやチャートなどは実際に評判が良いです。特にFX取引で為替チャートを見てきた人からの評価が高いです。ネガティブな評判は、スプレッドが大きいという意見が多数です。

ポジティブな評判

  • スマホからでもアプリが使いやすい
  • チャートが見やすい
  • リップルでレバレッジをかけられるのは嬉しい
  • ローラが良い

ネガティブな評判

  • スプレッドが大きい(多数)
  • アルトコインでレバレッジ取引は怖い
  • 現物取引できる通貨が少なすぎる

登録はこちらから

登録・口座開設方法

仮想通貨をはじめるなら、DMM Bitcoin

口座開設をクリックする。

 

個人情報登録、本人確認

個人情報登録

続いて個人情報を入力します。

本人確認書類のアップロード

本人確認書類は下記のものが認められています。本人確認書類で該当のものを選択し、画像をアップロードしましょう。

  • 免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳
  • 在留カード
  • 保険証、住民票の写し、年金手帳、印鑑登録証明書の中から2点

携帯電話番号認証

続いて電話番号までを入力します。ここまで完了するとハガキが送られてきますので、しばらく待ちましょう。

アフィリエイトはあるのか?

A8.netでアフィリエイトを取り扱っています。

A8.net(エーハチネット)



まとめ

ここまで見てきたように、DMM Bitcoinには以下の特徴があります。

  • 親会社がノウハウも資本もあり強い
  • 取引ツールが使いやすい
  • アルトコインのレバレッジ取引に強い
  • 現物取引の取り扱いが少ない

今のところはアルトコインのレバレッジ取引が良さそうですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨の取引は安心な取引所で

国内 No.1 取引所のビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

大手で安心!GMOコイン

 

アジア最大級の取引所!QUOINEX

世界No.1の取引所:Binance

保管は安心のハードウェアウォレットで