ERC20とは?仕組みからメリット・デメリット、対応ウォレットも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨取引を始めるとICOにも興味を持たれるかもしれません。そして、ICO銘柄を探す中でERC20という言葉が出てきて、いまいちよくわからないという方もいるでしょう。

ここではそもそもERC20とは何なのか、その仕組みや銘柄について詳しく解説していきます。

ERC20とは? イーサリアムのブロックチェーン上で生成されるトークン

企業が独自のトークンを発行するときにイーサリアムのブロックチェーンがよく使われます。0から新しい通貨を作るとなると、取引量を増やす方法やマイニングなど本質的でないことに時間を取られてしまうため、既存のプロックチェーン上で作られるのが一般的です。

イーサリアム以外にもネムやカウンターパーティーなどさまざまな通貨・トークンで独自トークンを発行する機能がありますが、その中でも歴史が長く、通貨の取引量も多く、開発も進んでおり、イーサリアムのブロックチェーンが人気となっています

ERC20とは、そうしたイーサリアムのブロックチェーン上で作られたトークンの中でも、ある一定のルール(仕様)で作られたものを指します。

ERC20の仕組み

さて、なぜ同じブロックチェーン技術を利用しているのに、ERC20とさらに限定したものに対応する必要があるのかという疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

すでにICOなどに参加し、トークンを保有されている方はご存知かもしれませんが、同じブロックチェーン上で作られていてもトークン同士はまったく異なります。

トークンごとにその目的も実装方法も異なるため、たとえばウォレットは仕様が異なるトークンごとに別のウォレットが必要になります。

これは個人において、トークンごとに別のウォレットで管理する必要があるという課題だけでなく、将来的に取引所で上場する際にもその取引所でそのウォレットに対応する必要があり、非常に不便です。

このような背景から、統一された技術仕様を作り、管理や上場などを行いやすくするために生まれたのが、ERC20というわけです。

もちろんERC20が代表とされているだけで、イーサリアムを利用したものでは改良版のERC223やERC721が、イーサリアムのブロックチェーン以外ではNemのmosaicが同様の仕組みによって作られたトークンとして知られています。

なぜERC20を利用するのか スマートコントラクトとdApps

先ほど説明したように、ERC20銘柄はイーサリアムのブロックチェーン上に挙げられたトークンを指します。仮想通貨Neoや、Nemも同様の仕組みを持ち、トークンを作成することが可能ながら、依然としてERC20銘柄がICOでは主流になっています。

なぜERC20が選ばれるのでしょうか。

ERC20を使うメリット・可能性は?

メリットの前に一つ言えることはイーサリアムが他の仮想通貨や分散型アプリケーション(Dapps)の上場などを目的として仮想通貨のインフラとなる構想をもった俗にいう「インフラ系」銘柄の先駆者であることもシェア数の多さには影響しています。事例がすでにあればどれだけのリスク、また利益が得られるかは想像しやすいですからね。

トークンの一括管理が可能

まず大きなメリットはトークンの一括管理が可能だということです。ERC20のようなトークンができるまではそれぞればらばらに管理しなくてはならず。ウォレットの作成、取引などに問題を抱えていました。ERC20のトークンとして一元に管理ができるようになったことで、取引所への上場、またユーザーの利便性向上が期待されます。

通貨間の送金、受け取りが容易

また、ERC20という同一の企画を採用することによって、受け取り、送金も簡易になっています。規格が異なると送金、受け取り方法が異なり、例えばですが、送金用にわざわざ別のウォレットを作成、そこに通貨を送ったうえで送金をするなど面倒な作業が必要になります。仮想通貨の場合はここに送金手数料もかかってくるため、以下にこの手続きが不要かがわかっていただけるでしょう。

ERC20という同一規格を利用すればこうした手間は必要なくなるのです。

スマートコントラクトが利用可能

こうしたもの以外に大きなメリットがあるとすれば、一つはイーサリアムが実装している「スマートコントラクト」にあります。ERC20ではもちろんスマートコントラクトを利用可能です。例えば決済用のアプリケーション、購入プラットフォームなどでのユースケースも想定できるでしょう。

dAppsプラットフォームとしての機能

もう一つがdAppsのプラットフォームとしての利便性です。こちらは上述したイーサリアムが先駆者であるという部分にも関わってくるでしょう。dAppsは分散型アプリケーションの総称です。つまり、ブロックチェーンを利用したアプリケーションで、現在はゲームが有名ですが、今後は様々なアプリケーションベースのサービスが登場することが期待されています。

ERC20デメリットと課題

ERC20はとても大きな課題を抱えていました。それが「誤送金による通貨の消失です。」仮想通貨送金の際の大きな問題が受け取りアドレスが複雑だということですが、輪をかけて面倒になっているのが、アドレスを間違って入力したうえで送金してしまうと、通貨が失われてしまうということです。

ERC20の場合はただでさえ難しいにも関わらず、これに加えてスマートコントラクトを実装するためのコントラクトアドレスも必要になり、より送金の面倒さ、そして通貨消失のリスクが上がっています。

通貨消失のリスクを下げた新たな規格ERC223

こうした問題を解決するために登場したのが、新たな規格ERC223です。tokenFallbackという仕様を追加することによって、仮に誤った送金をしたとしても、送金者にトークンが返ってくるようになりました。まだ、利用している通貨は少ないですが、今後利用数は増えていくと考えられます。

イーサリアムの仕様変更に依存する

これはイーサリアムに限らず、すべてのトークン系銘柄に関して言えることです。仕様変更や運営側の様々な移行、ブロックチェーンを利用している通貨の価格変動、こういった問題にトークン系銘柄は影響を受けます。

非常に可能性は低いといえますが、イーサリアムが何らかの理由でダウンする、または攻撃を受けるといった問題があれば当然ながらERC20を利用している銘柄もその影響を受けることになってしまいます。

ERC20トークンの紹介

細かく特徴やメリット、デメリットを見てきた後はERC20トークンを利用した著名なプロジェクトを見ていきましょう。

BNB(バイナンスコイン)

ERC20コインの中で著名な銘柄になっているものの一つがBNBです。世界最大手取引所であるバイナンスで取引に使われているトークンであり、取引所の利用者数の多さや取引高に影響を受け、シェアを伸ばしています。時価総額は現在約16億ドルです。

バイナンスコインはバイナンス取引所で購入できるため、興味がある方は下記のリンクからどうぞ。

バイナンスの公式サイトはこちらから

OmiseGO(OMG)

次にご紹介するのがOmiseGOです。タイに拠点を置く日本人企業家長谷川潤氏が CEOを務めるスタートアップ企業「Omise」が自社ブロックチェーン内で普及させているトークンOMGにERC20を採用しています。

依然として銀行の信頼度の低さから現金をそのまま保管している人が多い東南アジア地域において、法定通貨、仮想通貨の療法をリアルタイムで決済できるプラットフォームを打ち立てる構想を立てているプロジェクトです。

OmiseGOはHuobiという海外の取引所で取り扱いがあります。こちらも興味がある方は下記のリンクからどうぞ。

Huobi取引所の公式サイトはこちらから

Etherscan

ちなみにこうしたERC20を扱っている銘柄、プロジェクトは「Etherscan」というサイトで一覧になっているので、気になったら調べてみてくださいね。

ERC20トークンの購入方法

ERC20トークン、買いたくなってきたんではないでしょうか。購入方法は大きく分けて、ICO時にイーサリアムを利用して購入する方法と、取引所上場後にBitcoinやEther等取引所対応の基幹通貨を利用して購入する方法の大きく分けて2種類があります。

ICO参加方法

ICOに参加をする前に、送金や受け取りの流れをスムーズに行うためにウォレットをあらかじめ用意しておくことをおすすめします。ERC20を利用している銘柄であればイーサリアムの公式ウォレットMyEtherWalletで保管できますので、保有していない方はアカウントを開設しておきましょう。

また、合わせてICOは人気銘柄の場合、開始後一週間もたたずに、場合によっては24時間以内に資金調達が完了してしまうものも多いです。あらかじめ、情報を得ておくことがカギを握ります。

ICO Alertというサービスを利用すれば事前にICOの予定を知ることが可能です。

ICOAlertはこちら

さて準備が進んだら、次の工程に進みましょう。まず最初にICOに参加したい銘柄のホームページにて、ICO購入用のアカウントを解説します。メールアドレスと購入用のウォレット登録が必要ですので、準備してください。

ICOは基本的に資金調達が完了するまで数回にわたって行われるのが一般的です。始まったら、運営の送金アドレス宛にイーサリアムを送金、トークンを購入します。無事に購入が済めば、登録したウォレットあてに通貨が送られてきます。

上場後の購入 初心者はバイナンスがおすすめ

もう一つの利用方法は取引所で購入するというもの。一般的な通貨の購入と同じです。ただ、現時点で国内取引所ではERC20銘柄を扱っている取引所はありませんので、海外取引所の口座を開設する必要があります。Binanceのような取引高、登録者が多い、規模の大きなものをまずは選ぶとよいでしょう。

安く通貨を手に入れたいならICOを利用するのがベスト

二つの方法を紹介してきましたが、安くトークンを購入したいのであれば、ICOの時点で購入する方がいいでしょう。上場後は数十倍、あるいは数百倍に膨れ上がることも多く。その差額で利益を出しているという投資家も多いのです。将来的に長期保有するのであれば、通貨の価値を見定めるために上場後取引するのもありでしょう。

バイナンスの公式サイトはこちらから

まとめ

まとめ

さて、ここではERC20銘柄について解説してきました。当記事の流れを最後にざっとまとめて振り返っておきましょう。

ERC20とはイーサリアムのブロックチェーンを利用して発行されたトークンのことで、スマートコントラクトなどイーサリアムの特徴を受け継いでいます。非常に多くのプロジェクトのトークンとして採用されており、購入するためにはウォレットが必要な他、ICOに参加するか取り扱っている取引所に登録する必要があります。

OmiseGO等将来有望な通貨も多いERC20銘柄、これを機に投資を始めてみるのもいいかもしれませんね。あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。