仮想通貨Golem(ゴーレム)とは?特徴・将来性・チャート・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は次世代型のクラウドコンピューティングサービスになりうる注目のプラットフォーム・仮想通貨Golem(ゴーレム)についてまとめてみました。

仮想通貨Golem(ゴーレム)とは?

仮想通貨名 Golem(ゴーレム)
通貨記号 GNT
発行数 10億GNT
コンセンサスアルゴリズム  PoW
ブロックサイズ  –
ブロック生成時間  –
公開年月日 2016年11月
開発者  Julian Zawistowski
公式サイト https://golem.network/

仮想通貨Golem(ゴーレム)はイーサリアムのブロックチェーン上で作られた分散型のスーパーコンピューターネットワークであり、そのプラットフォーム内で使われるトークン(ERC20)のことです。

最初に行われたICOでは発行上限枚数である10憶GNTがわずか30分足らずで完売し、これによって約860万ドルの資金調達を達成しました。

この時既に発行上限枚数分のGNTを発行しているので、Golem(ゴーレム)はマイニングでは入手することはできず、Golem(ゴーレム)を取り扱っている取引所などで購入しなければGNTを手に入れることはできません。

仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴は?

仮想通貨 Golem(ゴーレム)のイメージ画像

仮想通貨Golem(ゴーレム)の最大の特徴は、P2Pネットワークにより参加者のコンピューターのリソース(計算能力)を共有させ、個人のパソコンでもスーパーコンピューター並みの機能性を享受できるというものです。

スーパーコンピューター自体は購入するのに多額の費用がかかることから個人が入手するとなると難しいのですが、Golem(ゴーレム)を利用することで個人でも安く簡単に普通のパソコンで、スーパーコンピューターに匹敵する計算を行うことができるようになります

Golem(ゴーレム)の仕組みについて

Golem(ゴーレム)ではコンピューターのリソース(計算資源)を提供する「プロバイダー」とそのリソースを購入して利用する「リクエスター」とをマッチングさせることができます。

この時プロバイダーはスーパーコンピューターの余った計算能力を提供し、それがリクエスターにより利用されることで報酬を得ることができます。

この計算用のソフトウエア・アプリケーションは誰でも公開できるようになっていますが、実際にアプリを公開するにはその有益性などを判断するための審査に通らなければなりません。

そしてリクエスターはプロバイダーから提供されるリソースを購入して使うことで、低コストで容易にスーパーコンピューターレベルの演算処理を実行できるようになります。

公開するデータはプライバシーが保証されない

Golem(ゴーレム)はオープンソースの分散型プラットフォームであることから、そこに公開されたデータの計算は誰でも確認することができるので、プライバシーが保証されません。

なのでもし公開するデータの内容を第三者に知られたくないのであれば、Golem(ゴーレム)の利用は適さないと言えます。

Golem(ゴーレム)のチャートと価格推移に注目


Golem(ゴーレム)は2017年の夏ごろに仮想通貨の全体的な盛り上がりとともに最高値を記録していますが、その後は実用化が容易ではないと認識されていったことが理由で価格が下落していったと考えられています。

その後低い価格帯で推移していたものの、4月以降からまた再び価格が上昇してきています。

Golem(ゴーレム)の動向を追う際は、肝心な部分である開発状況に関するニュースについて確認しておくとよいと思われます。

仮想通貨Golem(ゴーレム)を購入できるオススメの取引所

Golem(ゴーレム)は現在国内取引所では取り扱われている所はありませんが、海外取引所であれば取り扱われているので購入することができます。

Golem(ゴーレム)が上場されている海外取引所でオススメなところは「Bittrex」や「Poloniex」があります。

Poloniex

Poloniex ポロニエクスのイメージ画像

アメリカにある知名度が高く人気の世界最大規模の取引所です。取引手数料は0.15~0.25%と安めで、取り扱われている通貨の数も100種類と多いです。

Poloniexに登録する

Bittrex

Poloniexと同じくアメリカにある有名な世界最大規模の取引所です。取引手数料は0.25%と少々高めですが、取り扱い通貨の種類は200種類と非常に豊富です。

Bittrexに登録する

Golem(ゴーレム)を保管するのにオススメのウォレットは?

MyEtherWallet

Golem(ゴーレム)はイーサリアムで作られたERC20トークンなので、無料で利用できて安全なMyEtherWalletがオススメです。

MyEtherWalletにアクセス

仮想通貨Golem(ゴーレム)の将来性は?

仮想通貨ゴーレム(Golem)の将来性のイメージ画像

Golem(ゴーレム)は本来であれば高額な初期費用がかかり個人では導入が難しいスーパーコンピューターの計算能力を、低コストで簡単にシェアすることができることから、既存のクラウドサービスを大きく塗り替えるようなポテンシャルを秘めている画期的なシステムです。

このように高いポテンシャルを秘めたGolem(ゴーレム)ですが、現時点における開発の進展具合はまだまだ初期段階であり、本格的な実用化に至るまでにはかなりの時間を要する予定です。

具体的には開発完了までには4段階あり、現在が第一段階で最終段階までには最低でも4年以上はかかるとされています。

ちなみに、Golem(ゴーレム)以外にも同じような競合プラットフォームとして「iex.ec」があり、こちらの方が開発力において勝っているともいわれています。したがって、先にそちらが台頭してくる可能性もありますし、それによってGolem(ゴーレム)の需要が見込まれにくくなることも考えられるでしょう。

仮想通貨Golem(ゴーレム)まとめ

Golem(ゴーレム)は分散型スーパーコンピューターネットワークとして可能性がありますが、開発が完了するまでには先が長く、その間にライバルとなるプラットフォームや新たに発表されるかもしれないサービスに追い抜かれることがリスクとなっています。

ただ、Golem(ゴーレム)は現在低価格であり、そのポテンシャルから今後価格の上昇も大いに見込まれるので、気になる場合はGolem(ゴーレム)の開発の進展具合や、その他この競合となるサービスの動向にも注目しておきたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。