HADAX取引所の取扱通貨・特徴・チャート・登録方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回みていく取引所はHADAXです。こちらは自立型取引所とも呼ばれるユニークな取引所ですので必見です!早速どんな取引所なのか、取扱通貨はどうなっているのかをチェックしていきましょう。

HADAXとは?

HADAXの概要

取引所名 HADAX
運営会社 Huobi Global Limited
所在地 セーシェル共和国
代表 Leon Li
設立 2018年3月1日
公式サイト https://www.hadax.com/

HADAXは大手取引所のHuobiが新しく開設した取引所です。2018年6月28日時点での24時間取引量は34,515,162 USDでランキング39位です。HADAXは「自立型取引所」と呼ばれる特殊な取引所です。これについては後ほど詳しく紹介します。

運営者情報

HADAXを運営しているHuobi Autonomous Digital Asset Exchangeは運営企業に関する情報をある程度公表しています。大手取引所Huobiのサブブランドであること、企業情報を公開していることは安心できる要素の一つといえるでしょう。

取扱通貨数

HADAXの取扱通貨は2018年6月26日時点で以下の20種類です。まだできたばかりの取引所であるため取扱通貨は少ないものの、新規上場に積極的な取引所なので今後どんどん増えることが予想されます。

基軸通貨として利用できるのはBTCとETHです。

Acute Angle Cloud AAC Intelligent Investment Chain IIC
Aeternity AE Lympo LYM
Content Neutrality Network CNN Matrix AI Network MAN
DATx DATX Penta PNT
EDUCare EKT Republic Protocol REN
Engine EGCC Seele SEELE
FairGame FAIR Smartshare SSP
Game.com GTC U Network UUU
Global Social Chain GSC UnlimitedIP UIP
Hydro Protocol HOT XMax XMX

手数料

取引手数料は全ての通貨ペアにおいて、Maker手数料、Taker手数料共に一律0.2%です。とてもシンプルな手数料体系なのでわかりやすいでしょう。また、VIP認証システムがあり、こちらに認証されるとレベルに応じて取引手数料が10%~50%減額される仕組みになっています。

信用取引

HADAXでは信用取引を提供していません。ただし、同社が運営しているHuobiではレバレッジ3倍の信用取引を行っていますので、信用取引を利用したい人はこちらの利用がオススメです。

スマホアプリ

HADAXのスマホアプリの2018年6月28日時点でリリースされていません。Huobi Proではアプリが存在していますので、今後HADAXでもリリースされる可能性があります。スマホからトレードしたい人はぜひ、注目しておいてください。

日本語対応

HADAXの対応言語は日本語、英語、中国語、韓国語、ロシア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、トルコ語の9言語で、日本語にしっかり対応しています。また、機械翻訳のような不自然な日本語ではなく、自然な日本語ですので読みやすく使いやすいでしょう。

HADAX取引所の公式サイトはこちらから

メリット・可能性は?

自立型の取引所

HADAXは自立型の取引所と呼ばれています。これを簡単に説明すると、「プロの投資家によって運営される取引所で、上場するコインを投票によって決める仕組み」を運用しているということのようです。

そのため、HADAXに参加できるのは1BTC以上のコインを入金しているユーザーか、すれでにHuobiを30日以上利用している人のみとなっています。

将来有望なコインが上場されやすい

前述の通り上場するトークンを投票で決めるという仕組みであるため、多くの投資家が注目する将来有望なコインが上場されやすくなっています。そのため、草コインのような新興仮想通貨に投資したい人にとっては要注目の取引所になっています。

デメリット・問題は?

リスクが高め

Huobiより上場のハードルが低いため、リスクの高いコインが上場されやすくなります。そのため、HADAXで草コインを狙う際にはそのコインの将来性などを普段以上にしっかりチェックしてから購入しましょう。

基軸通貨がBTCとETHのみ

HADAXで基軸通貨として利用できるのはBTCとETHのみです。Huobiではこれに加えてUSDTも利用できますが、HADAXでは利用できません。

登録方法

登録

ここではHADAXのアカウント取得方法を解説します。登録方法は次の通りです。

  • HADAXのトップページにアクセスする
  • 無料アカウント作成をクリックする
  • メールアドレスを入力して認証コードを取得する
  • 認証コードとその他の必要事項を入力して登録する

本人確認

無事にアカウントが取得できたら本人確認を済ませましょう。本人確認はアカウント情報から本人確認をクリックして行ってください。

以下のような画面が表示されますので、本人確認書類の番号と氏名を入力し、キャプチャをアップロードしてください。

二段階認証

二段階認証も忘れずに設定しましょう。アカウント情報からセキュリティをクリックし、二段階認証の欄にあるGA認証機をクリックしてください。その後は表示に従って二段階認証を設定すれば完了です。

使い方

入出金

アカウントの取得と本人確認、二段階認証の設定が終わったら実際にトレードできます。まずは入出金方法をチェックしておきましょう。入出金は以下の手順で行えます。

  • HADAXにログインする
  • 口座管理をクリックする
  • HADAXをクリックして入出金したいコインを選択する
  • 入金/出金をクリックする
  • 表示に従って入出金手続きを完了させる

HADAXとHuobi Proの入出金画面が統合されているので間違えないように注意しましょう!

買い方・売り方

入出金方法を理解したら実際にトレードしてみましょう。トレードする場合はログイン後、取引所をクリックしてください。その後は以下の手順でトレードできます。

  • マーケットからトレードしたい通貨ペアを選択する
  • 注文入力欄に必要事項を入力して注文を出す
  • 注文が成立したらトレード完了

アフィリエイトはあるのか?

2018年6月28日時点でHADAXのアフィリエイトプログラムはありません。一方、Huobiではアフィリエイトプログラムを実施していますので利用を考えている人はぜひ、こちらをチェックしてみてください。

まとめ

今回はHuobiが新たに設立した取引所「HADAX」をみていきました。投票で上場するコインを決めるというユニークなシステムも魅力的で、草コインを狙っている人にオススメです。今後さらに発展していく可能性があるので気になる人はぜひ、チェックしてみてください!

HADAX取引所の公式サイトはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。