Indodax取引所の取扱通貨・特徴・チャート・登録方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IndodaxはかつてBitcoin Indonesiaという名前で運営されていた取引所です。日本ではあまり知られていない取引所ですが、どんな取引所なのかを詳しくみていきましょう。

Indodaxとは?

Indodaxの概要

取引所名 Indodax
運営会社 Kantor Indodax
所在地 インドネシア・デンパサール
代表 不明
設立 2014年
公式サイト https://indodax.com/

Indodaxはインドネシアにある仮想通貨取引所の一つです。利用者も少なく、そのため取引量も少なめです。

2018年6月28日時点での24時間取引量は5,959,729 USD でランキング75位です。これはCryptopiaと同程度の取引量となっています。

運営者情報

IndodaxはKantor Indodaxという企業が運営しています。ただし、運営会社の詳しい情報やCEOに関する情報などは公開されていません。

取扱通貨数

Indodaxで取り扱っているコインは以下の表に掲載されている通りで、全部で22種類です。Bittrexのような大手取引所と比べると少ないといえます。なお、基軸通貨として利用できるのはBTCとIDR(インドネシアルピア)です。

Achain ACT Ignis IGNIS
Bitcoin BTC Litecoin LTC
Bitcoin Cash BCH NEM NEM
Bitcoin Diamond BCD Nxt NXT
Bitcoin Gold BTG Ripple XRP
BitShares BTS Stellar STR
Cardano ADA Storiqa STQ
Dash DRK Tokenomy TEN
Dogecoin DOGE TRON TRX
Ethereum ETH Waves WAVES
Ethereum Classic ETC ZCoin XZC

手数料

Indodaxの取引手数料は以下の通貨ペアを除き無料です。

  • BTC/IDR: Maker 0%/Taker 0.3%
  • WAVES/IDR: Maker 0%/Taker 0.3%
  • IGNIS/IDR: Maker 0%/Taker 0.3%

Makerでトレードすれば取引手数料を無料にできるので、手数料を削減したい人はぜひ、活用してみてください。

信用取引

2018年6月28日現在、信用取引は提供されていません。信用取引を利用したい人はBitMEXなどの信用取引専門の取引所の利用がおすすめです。

スマホアプリ

Indodaxではスマホから快適にトレードできるアプリを提供しています。スマホを活用してトレードしたい人はぜひ、ダウンロードしておいてください。

Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=id.co.bitcoin

日本語対応

Indodaxの対応言語は英語とインドネシア語の2言語で、日本語には対応していません。また、英語に設定してもいつの間にかインドネシア語に戻ったりすることもあり不安定な印象です。

Indodaxの公式サイトはこちらから

メリット・可能性は?

手数料が安い

Indodaxの最大のメリットの一つが手数料の安さです。全ての通貨ペアにおいて、Makerでトレードすれば手数料が無料です。そのため、上手く利用すれば手数料を支払わずにトレードすることができます。

IDRを利用できる

基軸通貨としてインドネシアルピア(IDR)を利用できます。各国の法定通貨を利用できる取引所はありますが、IDRに対応している取引所はほぼありません。そのため、何らかの理由でIDRを利用したい場合は利用する価値があるかもしれません。

デメリット・問題は?

二段階認証を提供していない

仮想通貨取引所では一般的になったスマホアプリを利用した二段階認証を一切提供していません。代理手段としてSMS認証がありますが、認証コードが送られてこなかったりする不具合が頻繁に発生しますので使い勝手が悪くなっています。

規制リスクが有る

インドネシア政府は仮想通貨関連事業を規制する動きを見せています。今後、Indodaxが規制対象になったり仮想通貨取引が禁止されたりする可能性もあります。利用する場合は規制リスクがあるということをおぼえておきましょう!

登録方法

登録

まずはIndodaxへの登録方法をチェックしておきましょう。アカウントは以下の手順で取得してください。

  • Indodaxのトップページにアクセスする
  • Registerをクリックする
  • 必要事項を入力して登録する
  • メールアドレスを認証して登録完了

本人確認

Indodaxでインドネシアルピア(IDR)を基軸としてトレードする場合は本人確認が必要です。仮想通貨同士のトレードの場合は必要ありません。IDRを利用する場合は本人確認のページから手続きを行ってください。

二段階認証

Indodaxでは他の取引所のようにスマホアプリを利用した二段階認証を提供していません。そのかわりにSNS認証を必須としていますのでこちらを利用してください。

使い方

入出金

実際に仮想通貨をトレードする前に入出金方法をチェックしておきましょう。Indodaxにログイン後、「Receive/Send Bitcoin」にアクセスしてください。その後、表示された指示に従って手続きを行えば入出金は完了です。

買い方・売り方

Indodaxで仮想通貨をトレードする方法は他の取引所と同様です。取引ページにアクセス後、トレードしたい通貨ペアを選択して注文を出してください。注文が成立すると残高に反映されますのでトレード完了です。

アフィリエイトはあるのか?

2018年6月28日時点でアフィリエイトプログラムの提供はしていないようです。Indodaxは使いにくく、あまり魅力的な取引所ではないためアフィリエイトがあったとしても成果があがりにくいでしょう。アフィリエイトの利用を考えている人は大手取引所などを利用することをオススメします。

まとめ

今回はインドネシアにある取引所「Indodax」をみていきました。取扱通貨が少なく、利用するメリットがあまりなさそうでしたが今後各国に展開するようになると変わるかもしれません。インドネシア最大の取引所ですので、注目しておいて損はないかもしれません。

Indodaxの公式サイトはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。