Korbit(コルビット)取引所の手数料・チャート・登録・使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は韓国にある仮想通貨取引所の一つ「Korbit(コルビット)」を紹介します。韓国発の仮想通貨取引所と呼ばれていますが、そんなKorbitにはどんな特徴があるのでしょうか?詳しくみてみましょう!

Korbitとは?

Korbitの概要

取引所名 korbit
運営会社 Korbit, Inc.
所在地 韓国・ソウル
代表 Tony Lyu
設立 2013年
公式サイト https://www.korbit.co.kr/

Korbitは2018年5月現在、24時間取引量は11,403,520 USDで、ランキングを見てみると68位となっています。そこまで取引量が多い取引所ではないようです。

取扱通貨数

Korbitに上場されている仮想通貨は海外取引所としては少なめで、以下の8種類です。また、Korbitでしかトレードできないようなコインも存在していません。

Bitcoin BTC
Ripple XRP
Ethereum ETH
Bitcoin Cash BCH
Ethereum Classic ETC
Zilliqa ZIL
Litecoin LTC
Bitcoin Gold BTG

手数料

Korbitの取引手数料は、過去30日間の取引量に応じて変動する仕組みになっています。その範囲は以下の通りです。

  • Maker: 無料~0.08%
  • Taker: 0.01~0.2%

Maker手数料は低めの設定になっていることがわかります。

信用取引

2018年5月時点で、Korbitでは信用取引を提供していません。韓国系の取引所で信用取引を提供している取引所は少ないため、信用取引を行いたい人は別の取引所を利用しましょう。

スマホアプリ

スマホアプリはリリースされておらず、基本的にWebサイト経由でトレードすることになります。スマホ向けサイトが用意されていますので、ストレスなく利用できるでしょう。

日本語対応

Korbitの対応言語は韓国語と英語のみで、日本語には一切対応していません。また、英語設定にしておいても重要な情報が韓国語で表示されるなど言語対応は不十分です。

メリット・可能性は?

次に、Korbit取引所のメリットをチェックしていきます。

大手企業の傘下で安心

Korbitには大手企業(NEXON)の傘下となっており、安定性という面において安心できます。経営が安定していればそうでない取引所に比べてGOXのリスクが低くなるので大きなメリットの一つとなっています。

セキュリティが強固

さらに、Korbitではセキュリティにもかなり力を入れています。コールドウォレットの利用やマルチシグの利用に積極的で、こちらも安心できます。さらにサーバも強く、取引が集中してもダウンしにくいのもメリットといえるでしょう!

デメリット・問題は?

どんな取引所にもデメリットはありますので、ここでKorbitのデメリットについても注目してみましょう。

登録のハードルが高い

Korbitに登録するには電話番号認証が必要となっていますが、この認証には韓国の通信会社が発行した携帯電話番号しか使えないようになっています。そのため、登録へのハードルが高く、利用しにくい取引所になっています。

言語対応が不十分

先ほども少しみていきましたが、利用言語を韓国語と英語から選べるものの、その対応が不十分です。英語を選択しても韓国語の表示が消えず、なおかつ重要な情報に限って韓国語で表示されたりします。こちらは充分に注意する必要があるでしょう。

登録方法

Korbitに新規登録する方法を見ていきましょう。

登録

アカウントの開設手順は次の通りです。開設自体はとても簡単で、数分で可能です。

  • トップページにアクセスする
  • メールアドレスをパスワードを登録する
  • 受信したメールのURLをクリックしてメールアドレスを認証する

本人確認

アカウントを登録後、トレードを行うためには本人確認が必要です。その手順は次の通りです。

  • Korbitにログインする
  • 利用規約に同意し、氏名、国籍、生年月日、電話番号を入力する
  • 電話番号認証を行い、認証コードを取得して入力する
  • 本人確認書類としてパスポートのキャプチャを提出する

電話番号認証に使える携帯電話番号は韓国のもののみです。

二段階認証

KorbitではGoogle Authenticatorを使用した二段階認証を利用できます。スマホにGoogle Authenticatorをインストールし、有効化の手続きを行ってください。

使い方

続いてKorbitの使い方を簡単に見ておきましょう。

入出金

まずはじめにチェックしていくのは入出金方法です。Korbitで入出金できるのは各種仮想通貨と韓国ウォン(KWR)です。仮想通貨の入出金方法は次の通りです。

  • Korbitにログインする
  • 「Deposits/Withdrawals」をクリックし、入出金したいコインを選択する
  • 入金時は表示されたアドレスにコインを送金し、出金時は宛先のアドレスを入力して出金手続きを行う
  • トランザクションが完了し、着金したら完了

アドレスのミスをするとコインが失われてしまうので必ずコピペで入力して送金ミスを防ぎましょう!

買い方・売り方

実際に仮想通貨をトレードする方法は次の通りです。

  • Korbitにログインする
  • 「Trade」をクリックして取引画面にアクセスする
  • 右側のメニューからトレードしたい仮想通貨を選択する
  • 画面上部の入力画面に必要事項を入力して注文する
  • 注文が成立したらトレード完了

Korbitでは、取引画面にチャートが表示されない仕様になっています。そのため、チャートを見る場合は画面上部の「Chart」をクリックしてください。

アフィリエイトはあるのか?

Korbitでは2018年5月時点ではアフィリエイトを行っていません。今後、もし行われたとしても電話番号認証の方法が変更されない限り、韓国国外に居住している人は登録しにくく、あまり成果が上がらないことが予想されます。そのため、別の取引所のアフィリエイトを狙うことをおすすめします。

まとめ

今回は韓国最古の取引所「Korbit」についてみていきました。大手企業傘下で安心してトレードできる取引所ですが、韓国国外からの登録のハードルが高くあまりおすすめできる取引所ではありません。ユニークなコインを扱っているわけでもありませんので、他のバイナンスなど他の取引所を利用することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加