仮想通貨Kyber Networkとは?特徴・将来性・チャート・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Kyber network

仮想通貨Kyber Network(カイバーネットワーク)は、分散型取引所の特徴を持つ決済サービス「Kyber Network」上で使用される仮想通貨です。今回はそんなKyber Networkの特徴をはじめ価格推移や将来性などを詳しく見ていきます。Kyber Networkの購入を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨Kyber Networkとは?

仮想通貨名 カイバーネットワーク
通貨記号 KNC
発行数 226,000,000 KNC
コンセンサスアルゴリズム
ブロックサイズ
ブロック生成時間
公開年月日 2017年9月24日
開発者 Loi Luu
公式サイト https://home.kyber.network

Kyber Netoworkは分散型取引所

仮想通貨Kyber Networkは、管理者を有さずに個人間で仮想通貨の売買ができる決済システムであるKyber Network上で使用される仮想通貨です。

Kyber Networkを利用することで、自身のウォレットから直接取引を行うことから仮想通貨を取引所に預ける手間がかからないため、基軸通貨を送る手数料やスプレッド、時間的なコストが割安になります。

時価総額は?

Kyber Netoworkの2018年6月29日現在の時価総額は103,422,077USD(11,446,256,361JPY)でランキングは78位となっています。100位以内に入っていることからも、一部の投資家からの根強い人気があることが伺えます。

Kyber Networkの特徴をチェック

決済API

Kyber Networkでは、別々のブロックチェーン同士で決済ができる技術を備えていることから、異なる仮想通貨同士の交換を可能にしています。

異なるブロックチェーン間でトークンの交換が可能であるため、好きな通貨で支払い、好きな通貨で受け取ることができるのです。

例えば、ICO(イニシャルコインオファリング)では、申し込む際に仮想通貨Ethereum(イーサリアム)が必要になることが多いですが、Kyber Networkの決済APIを使えば、保有通貨を自動的にEthereumに交換してくれるため、わざわざEthereumを売買したり手数料を払う手間を省くことができます。

利用後は消却される

仮想通貨Kyber Networkは、決済プラットフォーム上でKNCトークンとして手数料の支払いなどに利用されますが、利用された後大部分は消却されます。

そのため、利用されればされるほど、KNCトークンの数は減少していくことから、仮想通貨Kyber Network自体の価値は上がっていくという特徴があります。

Kyber Networkのチャートと価格推移に注目


こちらは、KNC/USDのチャートです。ここから価格推移をチェックしてみましょう。

2017年の価格推移

仮想通貨Kyber Networkは、2017年の9月24日にリリースされました。ICO当初の価格は1.85ドルでした。リリース直後は2.42ドルまで値上がりしたものの、その後は値下がりを続け、1ドルを割り込みました。

しかしながら、12月の中旬になるとリリース直後に付けた高値を更新し、12月19日には2017年の最高値である3.04ドルを付けました。

2018年の以降の価格推移

2018年に入るとメインネットのローンチやトークンとEthereum間の取引サポートが行われたこともあり、12月下旬の下落基調から再び上昇に転じ、最高値である5.84ドルを付けました。

しかしながら、その後は高値を更新することなく下降トレンドに入り、現在は1ドルを割り込む水準まで値下がりしています。

Kyber Networkの将来性を見てみよう


現在、Kyber Networkはブロックチェーン同士の交換が可能となっているのは、イーサリアムだけですが、今後はビットコインなどその他の仮想通貨との交換が可能になる予定となっています。

加えて、Ethereumのトークンの規格であるERC-20同士の取引ができる機能もリリース予定となっていいます。

このことからも、Kyber Networkは今後、決済インフラとして存在感を示してくる可能性があり、ロードマップが進むにつれて、注目度がさらに高まってくるかもしれません。

Kyber Networkを購入できるおすすめの取引所


仮想通貨Kyber Netoworkは国内取引所では取り扱いがありません。そのため、Kyber Networkは海外取引所で購入する必要があります。

Huobi(フオビ)

中国の大手仮想通貨取引所です。取引手数料は0.2%となっています。Kyber Netoworkの取引量は取り扱っている取引所の中で一番多いのが特徴です。また、日本語にも対応しているので安心です。

Huobiの公式ページはこちらから

Binance(バイナンス)

2017年の9月25日より、Kyber NetworkがBinanceにて購入可能となりました。取引手数料は0.1%となっています。Binanceの公式ページはこちらから

OKEx(オーケーイーエックス)

中国の大手仮想通貨取引所です。取引手数料は過去30日間の取引量に応じて、少なくなる仕組みを採用しています。Kyber Networkをはじめ90種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

OKExの公式ページはこちらから

Kyber Networkを保管するのにおすすめのウォレットは?

Metamask

Metamask(メタマスク)は、イーサリアム系トークンのためのウォレットです。

Kyber Networkと連携することが可能です。Metamaskのダウンロードはこちら

Legder NanoS

Ledger社が提供しているUSB型のハードウェアウォレットです。

同じくKyber Networkにアクセスすることで連携することが可能です。

Ledger Nano Sの公式ページはこちら

Kyber Networkのまとめ

仮想通貨Kyber Networkはトラストレスな分散型取引所および、仮想通貨間の即時決済および変換システム上で利用される仮想通貨です。

今後もロードマップが進むにつれて、取引所の理想を兼ね備えたシステムで使用される仮想通貨として、注目度は高まっていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加