ライトコイン(Litecoin)とは?特徴・将来性・価格予想・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライトコイン

ライトコイン(Litecoin/LTC)はビットコインについで2番目に古い仮想通貨です。ビットコインと比較して送金速度が早く、決済性に優れているという特徴があります。今回はそんなライトコインについて詳しく見ていきましょう!

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?

仮想通貨名 ライトコイン(Litecoin)
通貨記号 LTC
発行数 84,000,000 LTC
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
ブロックサイズ 1MB
ブロック生成時間 約2.5分
公開年月日 2011年10月7日
開発者 Charlie Lee
公式サイト https://litecoin.com/

ライトコインはビットコインよりブロック生成時間が短く、より短時間で送金することができる仮想通貨です。ビットコインは決済性の面で問題を抱えており、それらの問題を解決することでより日常生活で使いやすいコインとすることを目的として開発されました。

時価総額に注目

ライトコインの時価総額は2018年4月24日現在、8,519,734,235 USD(925,667,704,645 JPY)でランキング6位となっています。ビットコインに次ぐ古い通貨であり、市場からの注目度も高いアルトコインとなっています。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴

ブロック生成時間が約2.5分

ライトコインのブロック生成時間は約2.5分です(ぴったり2.5分ではありません)。ビットコインは約10分かかりますので、比較的早く取引を承認できます。それにより決済スピードが早くなり、ビットコインより決済性に優れる仮想通貨となっています。

CPUでもマイニングが可能

ビットコインではマイニングにGPUと呼ばれる本来は動画などを処理するためのハードウェアを利用します。GPUはマイニング性能を高められるものの、利用することで消費電力が増えるという欠点を抱えています。ライトコインではScriptと呼ばれる暗号化技術を利用することにより、GPUを利用したマイニングを行いにくくし、どのコンピュータにも搭載されているCPUでマイニングできるようにしています。これにより多くの人がマイニングに参加しやすくなっています。

Segwitを採用

仮想通貨を送金する際には秘密鍵を利用してデータに署名する必要があります。Segwitではこの署名をデータから分離してブロックに格納しないようにする仕組みです。これによりブロックの容量を節約でき、容量オーバーによる送金遅延(いわゆるスケーラビリティ問題)を回避しやすくなります。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期は?

そもそも半減期とは?

仮想通貨の半減期を簡単に説明すると「マイニング報酬などで新規発行されるトークンの量が減少する時期」のことです。ライトコインにもビットコインなどと同様に半減期が存在しています。

ライトコインの半減期の詳細

ライトコインではブロックが840,000個生成されるごとにマイニング報酬が減少する仕組みになっています。1ブロック生成するのに約2.5分かかるので約4年で半減期を迎えます。リリース以降に迎える半減期の予定は次の表の通りです。

半減期 予定時期 マイニング報酬
リリース時 2011.10 50 LTC
1回目 2015.08 25 LTC
2回目 2019.08 12.5 LTC
3回目 2023.08 6.25 LTC

半減期を迎えると価格が大きく動くことがあるので予定時期が近づいたらチャートに注目することをおすすめします。

ライトコイン(Litecoin/LTC)のチャートと価格推移


上記のチャートはLTC/USDの過去1年間のチャートです。ここから価格推移をみていきましょう。

2017年のチャート

2017年は前半~中頃は多少価格の変動も見られましたが、概ね横ばいとなっています。11月以降から徐々に価格が上昇しはじめ、12月になると一気に高騰しています。

2018年のチャート

2018年は価格の高騰が落ち着き、各種仮想通貨関連のニュースに反応するかのように下落しています。価格の下落も3月末には一旦落ち着き、再び緩やかに上昇しています。なお、2月の一時的な高騰はハードフォークによってライトコインキャッシュ(LCC)が誕生したことによるものです。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の購入におすすめの取引所

ライトコインは国内の取引所にも上場されているので比較的簡単に購入できます。ここでおすすめの取引所を見てみましょう。

bitbank.cc

bitbank.ccは取引手数料が安い取引所です。2018年6月30日までは全ての通貨ペアの取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しているので手数料を削減したい人に特におすすめです。登録はこちらから。

bitFlyer

bitFlyerは国内最大規模の仮想通貨取引所です。大手企業が出資する取引所で安心して使えますが、ライトコインは販売所形式で取り扱っているため手数料が高くなっています。安心して購入したい人にはおすすめですが手数料を節約したい人には次に紹介する取引所がおすすめです。こちらから登録できます

 

ライトコイン(Litecoin/LTC)の対応ウォレット

購入したライトコインを盗まれないように安全に保管するにはウォレットが必須です。ライトコインに対応しているおすすめのウォレットは次の通りです。

Litecoin Core

Litecoin Coreは公式デスクトップウォレットです。Windows、Mac、Linuxの主要なPC向けOSに対応しており、フルノード版を利用できます。もちろんマルチシグにも対応していますので安心して使えます。

ダウンロードはこちら: Toast Wallet

Ledger Nano S

Ledger Nano Sは長期保有におすすめのハードウェアウォレットです。多額のライトコインを保管するなどとにかく安全性に気を使いたい人にはこちらがおすすめです。安全性を確保するために購入時は必ず公式サイトから購入しましょう。

購入はこちら:Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

ライトコイン(Litecoin/LTC)の将来性には期待できる?

ライトコインはビットコインが抱えるスケーラビリティ問題などを解決し、より決済性に優れる仮想通貨として開発されました。また、2018年中にはLitepalという決済サービスがスタートする予定です。ライトコインは決済システムとして重要な社会インフラになる可能性があり、将来性に期待できるといえるでしょう。

ライトコイン(Litecoin/LTC)のまとめ

この記事ではライトコインについてどんなアルトコインなのか、将来性はどうなのかを見ていきました。ライトコインはビットコインより送金しやすく、決済性に優れる仮想通貨です。今後、ライトコインを利用した決済システムなどが実用化されればさらに注目されることでしょう。今後の動きに注目しつつチャートもしっかり見ていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。