【解説】仮想通貨のマイニングとは?意味や種類・やり方・収益性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、仮想通貨で収益化できる「マイニング」という仕組みを紹介していきます。

仮想通貨は単なる売買で利益を狙うだけでなく、ご自身のパソコンやスマホを使って収益化をすることも可能です。マイニングは機械による自動化ができるため、仕事をしているときも、眠っているときも利益が出る「不労所得」も狙えます

ただし、継続的に収益を得るためにはマイニングの仕組みを深く理解して、健全な投資先を検討する必要があります。ここからは、マイニングの種類や方法、収益について詳しく解説していきますので、ぜひともご参考ください。

マイニングの種類

仮想通貨のマイニングを行うと、機械が自動的に計算処理を行ってくれるので、処理能力に応じて報酬が受け取れます。コンピュータとマイニングシステムを起動しておけば、後は自動的に処理してくれるので、不労所得も夢ではありません

ただし、常にコンピュータを動かし続けると膨大な電気代が発生してしまいます。マイニングは、「どれだけ利益が上がったか」という情報と、「どれだけコストがかかったか」というバランスを上手く調整することが収益化に繋がります。

そこで、まずはマイニングの種類について解説していきましょう。マイニングによってどれだけ収益化できるかは、仮想通貨市場の盛衰に大きく左右されますので、環境に応じて適切なものを選んでください。

ソロマイニング

ソロマイニングは、個人で機材を揃えて利益と損失を管理し収益を得る方法です。マイニングの手法には以下の3つが採用され、それぞれ特徴や収益力が異なります。

  • CPUマイニング
  • GPUマイニング
  • ASICマイニング

仮想通貨市場が多くの人に見向きもされていない時代は、CPUによるマイニングが一般的でした。CPUはパソコンやスマホに搭載されている計算処理システムで、機器のパフォーマンスに影響します。

仮想通貨の取引量が少ないときには、家庭用のパソコンなどに搭載されているCPUでも十分にマイニングで大きな利益を獲得することができました。ただ、仮想通貨が一般に流通し、取引が活発化してくると、計算能力の低いシステムでは電気代ばかり発生して、利益よりも損失が上回るようになります。

そこで生まれたのがGPUを使ったマイニング手法です。

GPUは3DCGの描画や表現をする際に必要となる計算処理システムです。高度なゲームなどをプレイするにはGPUの性能が欠かせません。それだけに、GPUはCPUよりも処理速度が速く、仮想通貨のマイニングにも採用されます。

また、最近のマイニングで主流となりつつあるのが「ASIC」です。ASICは特定用途に限定した集積回路で、1つの作業に集中することで処理能力は格段に速くなります。仮想通貨用のASICが開発されたことで、取引が活発になっても十分に収益化できる仕組みが生まれました。

クラウドマイニング

クラウドマイニングは、専用の事業者がクラウド上で保有しているシステムを利用してマイニングに参加することです。事業者には基本契約料と、システムのメンテナンス料金を支払う必要がありますが、自分で機材を揃える必要がないメリットがあります。

事業者によって提供する機材の量や料金が異なります。人気のある業者では、常に機材の在庫があるわけではないので、必ずマイニングに参加できるというわけではありません。

契約は1年~2年が基準となっており、多くは前払い方式です。そのため、「マイニングによって得た通貨の価値が今後上昇するか?」という予測が求められます。もし、1年後や2年後に通貨の価値が下落してしまうと、マイニングによって得た報酬が契約料を下回ることもあるので、銘柄は慎重に選びましょう。

プールマイニング

プールマイニングは誰でも簡単に仮想通貨報酬を得る仕組みです。ご自身が保有しているパソコンなどの動力を専用業者に提供することで、複雑な作業を行うことなく自動的にマイニング報酬が受け取れます。

パソコンやスマホ1台あれば参加でき、業者が提供するソフトをインストールするだけ。あとは、ご自身の機器が自動的に通貨を掘り出して報酬が生まれます。

簡単にできる分だけ参入障壁も低く、たくさんの方が利用すると当然1人辺りの報酬は減っていきます。また、業者に支払う手数料の他、ご自身の機器を動かす電気代も必要となります。収入と損失をよく考えて行うことが要となるでしょう。

マイニングの方法

マイニングを始めて行う方には、まずクラウドマイニングやプールマイニングからスタートすることをおすすめします。

ソロマイニングは業者に対する手数料を省けますが、ご自身で機材を揃える必要があり、高額の先行投資が必要です。もちろん、機器を揃えたからといって必ず収益化できる保証はありません。そのため、まずはクラウドマイニングやプールマイニングで収入と損失の感覚を掴むほうが良いでしょう。

特にプールマイニングだと簡単に始めることができます。

プールマイニングで有名なものに「MinerGate」があります。スマホからでもマイニングに参加することができ、手数料も1~1.5%と他の業者に比べて安く設定されています。

マイニングを始めるには、MinerGateが提供するマイニング専用ソフトをインストールします。そして、仮想通貨を保管するウォレットも用意しておきましょう。報酬として確定した通貨はご自身のウォレットに送金されます。

ソフトのインストール後、PCやスマホを使ってすぐにマイニングを始めることができます。後は、ソフトが自動的に通貨を掘り進めてくれるので、ご自身は普段通り仕事や家事をしていて構いません

ただ、24時間フル稼働など、機器に負担が大きくなれば、熱を冷ます専用ファンなども必要になります。部屋の中が異様に暑くなるなど、周囲の環境整備も大切です。

まずはプールマイニングでコツを掴み、さらに高収益を狙う場合は、GPUやASICを採用してみると良いでしょう。

マイニングの収益

マイニングの種類として以下の3つを紹介しました。

  • ソロマイニング
  • クラウドマイニング
  • プールマイニング

実は上記3つのマイニング手法は、「リスクとリターンが大きい順」に並んでいます。ソロマイニングほどハイリスクハイリターン、プールマイニングほどローリスクローリターンです。簡単に始められるものほど収益性は低く、手間のかかるものほど利益は高くなります。

では、実際にマイニングを行うことでどれくらいの収益が生まれるのでしょうか。

マイニングは実際にどれほど稼げるのか?

マイニングを行うと報酬が生まれることから、「マイニングだけで生計をたてる!」と意気込んで開始する方もいらっしゃいます。しかし、マイニングは資産運用程度のお金稼ぎであることを覚えておきましょう。

たとえば、ソロマイニングで24時間フルに機器を稼働させることで効率は良くなりますが、膨大な電気代がかかってしまいます。機器を動かしている電気代はもちろん、定期的に装置を冷却するファンの動力も馬鹿になりません。

一方、クラウドマイニングやプールマイニングは安全に収入は発生するものの、業者に支払う手数料がかかるので、ソロマイニングほど収益力が高いわけではないのです。

1台のパソコンにGPUを搭載させて、1か月動かしたとしても約8,000~9,000円ほど。電気代を引くと利益は約3分の1になるというイメージでしょうか。もちろん、その時のチャートや市場環境によっても値段は変化します。

ただ、長期的な資産運用としては1か月に数千円の利益が生まれるのは非常に魅力的。銀行口座に100万円預けていても、1年間で10円しか利息がもらえない時代ですからね。ただし、長期運用を考える場合は、マイニングを行う通貨の将来性、マイニング自体の将来性、そして4年に1回報酬が半分になる「半減期」の存在もよく頭に入れておきましょう。

プールマイニングなら、パソコンやスマホ1台で気軽に始められるので、まずは1か月試してみて、収益性の価値を測ることをおすすめします。

まとめ

今回は、マイニングの種類や方法、収益について紹介してきました。

マイニングで本気で稼ごうと思うと、電気代の安い中国を拠点に、大規模な設備環境を整えた事業を起こすのが一番です。ただ、個人で行う場合は、資産運用における複数の分散投資先の1つ、として考える方が良いでしょう。

「マイニングは稼げる」という曖昧な噂だけで、GPUやファンなど高額な投資をしてしまうのは危険です。まずはプールマイニングなど簡単に始められるところで収益状況を見定め、「投資するに値するか」を判断してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。