ncxc(ネクスコイン)とは?トークンの特徴・将来性・チャート・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は株式会社ネクスグループが発行している、CounterParty(カウンターパーティー)により作られたトークン「ncxc(ネクスコイン)」をご紹介します。特徴や価格推移、将来性、購入できる取引所や保管できるウォレットについても詳しく見ていきます。

ncxc(ネクスコイン)とは?

仮想通貨名 NcxcCoin(ネクスコイン)
通貨記号 NCXC
発行数 2000万NCXC
コンセンサスアルゴリズム  PoB
ブロックサイズ  –
ブロック生成時間  –
公開年月日  2017年2月
開発者 株式会社ネクスグループ
公式サイト https://www.ncxx.co.jp/

仮想通貨ネクスコインは株式会社ネクスグループにより発行された通貨で、CounterPartyにより作られたトークンのことです。Counterpartyというのはビットコインのブロックチェーンを使ったプラットフォームの一つで、このプラットフォーム上から発行されたものがネクスコインです。

Counterparty上で作られたトークンは、システム的にもビットコインと似たような形になりますが、ビットコインのように利用用途が主に決済というわけではありません。また、ホワイトリストに入っている仮想通貨でもあり、金融庁から正式に認可を受けています。

株式会社ネクスグループとは?

株式会社ネクスグループは株式会社フィスコの子会社であり、JASDAQにも上場している企業です。

事業内容としては通信機器の製販、ソフトウェア開発、インターネット旅行サービス、介護支援サービス、ロボット事業、農業ICTなど多岐にわたっており、主要取引先として株式会社エヌ・ティー・ティーデータ・京セラ株式会社・ソフトバンクなどといった有名な企業が挙げられます。

ncxc(ネクスコイン)の特徴をチェック

ネクスコインの特徴のイメージ画像

発行元(株式会社ネクスグループ)が存在している

仮想通貨ネクスコインはビットコインなどとは違い明確な発行元が存在しており中央集権的です。すなわちネクスコインの時価総額や価格は、その発行元である株式会社ネクスグループの業績により影響を受けることになります。ネクスグループが成長していけば将来性はありますが、逆にそうでなければ価値は下がっていきます。

ネクスグループの株主優待として発行

ネクスコインはもともとは株式会社ネクスグループの株主優待として発行されたもので、ネクスグループが提供するサービスや商品を購入することができます。また、ネクスグループには関連企業としてフィスコグループや、カイカグループといった会社が存在しており、これら関連グループのサービスや商品も同時に購入することができます。

3つのグループがそれぞれ提供するサービスや商品としては主に以下のような内容になっています。

  • フィスコグループ:投資情報サービス
  • カイカグループ:開発者・企業向けのセミナーやカンファレンス
  • ネクスグループ:独自の農業ICTにより作られた野菜や総菜、ツアー

ネクスグループでは今後はこうしたサービスでの利用以外にも、ブロックチェーン技術を使った新たなIoTサービスにも使われる可能性があるようです。

発行上限のロック

ネクスコインは発行された当初は、特にその発行枚数の上限が定められていませんでした。発行枚数が決まっていないということは、発行上限が増えることも想定されるので、そうなると供給過多によりネクスコインの価値が下がる可能性が考えられます。

しかし、2017年の7月に発行元であるネクスグループから、ネクスコインの発行上限をロックさせて発行枚数を2000万NCXCまでにするといったことが発表されました。これによりインフレでネクスコインの価値が下がることなく、希少価値が出てくることから値上がりするといったことも期待されます。

ncxc(ネクスコイン)のチャートに注目

ネクスコインのチャート

過去1年間のチャートを見てみると、2017年の6月に約800円と最高値を記録した後、価格は落ち着いて大体100~200円の間で推移してきました。その間2018年の前後で価格が上昇していますが、これは仮想通貨が全体的に高騰していたことによるものだと考えられます。

総じて取引量は少なく大きな値上がりも期待しにくいですが、今後ネクスグループにおける何か良いニュースが発表されたりすることで、ネクスコインが一時的にでも高騰する可能性が考えられるでしょう。

ncxc(ネクスコイン)が購入できる取引所

現在ネクスコインを購入できる取引所としては、現時点では「Zaif(ザイフ)」と「フィスコ仮想通貨取引所」があります。

Zaif(ザイフ)

取引手数料が-0.01%(手数料がもらえる)というように非常にお得であり、尚且つビットコイン以外のすべてのアルトコインでもこのような安い手数料で取引することができます。

取り扱い通貨もトークンを含めれば国内取引所において最多クラスで、運営の技術力が高いことからセキュリティ性に優れていると言われているので、安心して利用できるのも魅力的です。

登録はこちらから

フィスコ仮想通貨取引所

株式会社フィスコが運営する取引所です。

取引手数料は取引する通貨にもよって0%~3%と変わってきますが、ネクスコインのようなトークンの場合はmaker手数料(売却時)が0%、taker(購入時)が0.1%かかり、ザイフよりも少し取引手数料が割高になります。

また取り扱いコインもザイフと比べて少ないです。

登録はこちらから

ncxc(ネクスコイン)を保管するのにオススメのウォレットは?

Indie Square

ビットコインとネクスコインなどCounterpartyトークンを保管でき、スマホアプリとして使えるウォレットです。

日本語対応していて使いやすく、ビットコインやCounterpartyトークンを保管できる他、独自トークンを発行することができます。

アプリ自体は無料でダウンロード可能です。

ダウンロード(AppStore)はこちらから

ダウンロード(GooglePlay)はこちらから

ncxc(ネクスコイン)の将来性は?

ネクスコインの将来性のイメージ

ネクスコインの主な使い道は、現在ではネクスグループが提供するサービス・商品を購入するといった用途でしか使えません。ただ、今後ネクスグループやその他関連グループのサービスが充実するなどしてその需要が拡大すれば、ネクスコインの価値も上がっていくでしょう。

ちなみに特徴でも述べた通り、ネクスグループはブロックチェーン技術を使ったIoTサービスに関して積極的に取り組んでいます。IoT自体は今後さらに普及していくと考えられているので、もしこのネクスグループが注力を注いでいるIoTサービスが成功すれば、そこで使われるネクスコインの将来性にも期待できるのではないでしょうか。

ncxc(ネクスコイン)まとめ

ネクスコインの将来性を左右するのは、このコインの発行元である株式会社ネクスグループやフィスコグループの成長によるものだと考えられます。もしネクスコインに魅力を感じるのであれば、今後のネクスグループ並びにフィスコグループ全体の動向にも注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。