NEM(ネム)のハーベストを徹底解説!報酬を得るための方法や条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインなど人気仮想通貨のマイニングは高性能のマイニングマシンが必要です。自宅で少しずつ仮想通貨を増やせれば魅力的ですが、残念ながら大手のマイナーが非常に強く、日本では電気代も高いため、個人でマイニングで収益を得ていくことは難しいです。

しかし、ネムの場合はPoIという新しい仕組みで取引承認が行われています。そのため、一般ユーザーでも報酬を得られるチャンスがあります。ここでは、ネムのハーベストで報酬を得る条件や、PoIの仕組みを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

NEM(ネム)のハーベストとは

ネムハーベスト

ビットコインのマイニングに相当する作業をネムではハーベスティングと呼びます。まず、ネムのハーベストとはどのようなものなのか、概要を解説します。

ハーベストとはネムの取引承認プロセスのこと

ハーベストとは、ネムのブロック承認作業に参加して報酬を得ることを指しています。ユーザーがハーベストを行うことをハーベスティング(Harvesting)と呼ぶこともあります。

ハーベスティングはビットコインにおいてのマイニングに相当しますが、ビットコインなどのようにマシンパワーは必要ありませんので一般家庭のPCの性能で十分です

やり方は、ネム公式のNano WalletをPCにインストールし、ハーベストの設定をして、あとは基本的には放置しておくだけです。ウォレットは日本語に対応していますので、日本語で実行できます。

アルゴリズムは「Proof of Importance」

ネムのコンセンサスアルゴリズムはProof of Importance(PoI、プルーフ・オブ・インポータンス)が採用されています。これは、ブロックチェーン業界でネムが初めて採用したアルゴリズムです。

ネムのPoIでは、XEMの保有量と保有期間、XEMを使った取引量とその頻度によってアカウントの重要度(PoI Score)が算出されますこの重要度が高いユーザーほどハーベスティングで報酬を得られる確率が高くなります

PoIには以下のようなメリットがあります。

・ハーベスティングのために特別なハードウェアは不要
・電力消費が小さい
・一般ユーザもハーベスティングに参加しやすい

どれぐらいの報酬がもらえるのか

実行するユーザーのコイン保有量や取引状況によりますが、1度に0.01~5XEM前後の報酬が得られるようです

なお、ネムは発行総量の90億枚がすでに発行済みのため、新規発行コインはありません。ハーベストの報酬は送金手数料が配分されます

PoWやPoSとの比較

Proof of Work(PoW) Proof of Steak(PoS) Proof of Importance(PoI)
ビットコイン、ライトコイン、モナコインなど Lisk、Peercoin、イーサリアム(移行予定)など ネム
マイニングマシンの性能が高いほど有利 コイン保有量が多いほど有利 コイン保有量、取引量、取引頻度から算出される重要度が高いほど有利

ネムのPoIのシステムを、その他のアルゴリズムと比較すると上の表のようになります。

ネムは2015年に公開された比較的後発の仮想通貨のため、ネムのPoIはPoWとPoSの問題点を解決したシステムになっています。

PoWとの比較

仮想通貨で最初に実用化されたコンセンサスアルゴリズムがProof of Work(PoW)です。

PoWではマイナーが使用するマイニングマシンの性能が高いほど報酬を得られる確率が高くなります

ビットコインの価格が高騰することでマイニング報酬も高額となり、資金力のあるマイナーがマイニングマシンの性能を競争した結果、大量の電力が消費されるようになっています。そのコインの価値が上がるほどマイニングで消費される電力が大きくなるという問題があります

ネムのPoIでは、コイン保有量や取引の状況で決まりますので、ハーベスティングを行うマシンの性能は関係がありません。ハーベスティングのために電力消費が大きくなるという問題点を解決しています。

Proof of Steam(PoS)との比較

Proof of Steam(PoS)は、コインを保有している量が多いほど報酬を得られる確率が高くなるという方式です。マイニングを行うマシンの性能を競う必要がありませんので、電力消費が抑えられるというメリットがあります。

PoSの問題点は、コインの保有量が多いほど報酬を得られる可能性が高まるため、コインを持っている人のところにさらに新規コインが集中してしまうところです。コインを使って保有量が減ると報酬を得られる可能性が下がるため、コインを貯めたままになり流動性が下がってしまいます

ネムのPoIはこの難点を解決しており、XEMを使った取引をたくさん行うことで手数料報酬を得られる可能性が高まるため、逆に流動性を高めるためのインセンティブとなっています

ハーベスティングのための条件や注意点

ネムハーベスト

ネムのハーベスティングに参加するための条件や、注意が必要なポイントを説明します。

ハーベスティングに参加する条件

ハーベスティングに参加するには、アカウントに10,000XEM(1万XEM)以上の残高がある必要があります

2018年6月時点では1XEM=20円前後のため、約20万円分のXEMがあればハーベスティングにより報酬を得られるようになります。

注意点として、この10,000XEMは「Vested」の状態にある必要があります(日本語では「既得バランス」)。ウォレットに入金してから日数が経過することで、1日あたり10%ずつ「Vested」となります。通常、ほぼ全額が「Vested」となるまでにかなりの時間がかかります。Vested状態になったXEMが10,000XEMになり次第ハーベストに参加できるようになります。

下の表が保有しているXEMに対して、何日間で既得バランスが10,000を超えるかの計算です。見ていただくとわかりますが、少し保有量を増やすと格段に速くなるため、余裕のある方は少し多めに購入した方がよいです。

10,000XEMを超えるまでの日数計算

保有XEM 10,000 10,500 12,000 15,000 20,000 40,000
10,000XEMを
超えるまでの日数
138日 29日 18日 11日 8日 4日

なお、NEMの公式ページによると、この最低10,000XEMからという条件は、ネムの価格やコミュニティの要望により変更になる可能性もあるとされています。

重要度を上げるには

ネムのハーベスティングを行う際の重要度(PoI Score)を上げるには以下の3つの方法があります。

・「Vested」状態のXEMの保有量を増やす
・XEMの取引を行う
・XEMの送金額を増やし、送金の頻度を高める

XEMの保有量を増やす

まず、XEMの保有量が多いほど重要度が高くなります。これは、PoSと同じ考え方です。

XEMの取引を行う

XEMの送金を行うことで、重要度が増します。一切XEMの送金を行わないユーザーはハーベスティングの対象から外れます。また、特定のユーザー同士で繰り返し送金する取引では重要度は上がりません

XEMの送金額を増やし、送金の頻度を高める

XEMの送金をするときに、その送金額が大きければ重要度も大きく上がります。送金の頻度が高い場合も重要度が上がります。これはつまり、XEMを通貨として活発に使うほど重要度が上がるということになります

ビットコインの場合は、通貨として使用するユーザーがマイニングに参加することは稀ですが、ネムの場合はユーザーとしてXEMを利用する機会が多いほどハーベストに参加しやすくなるのが特徴です。

まとめ

ビットコインのマイニングに相当するものが、ネムではハーベスティングと呼ばれています。ハーベスティングを行うためには、最低10,000XEM以上を保有して、適度にXEMの取引を行う必要があります。PoIの仕組みによりPCの性能は要求されませんので、一般ユーザーに平等にチャンスがあるのがよいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加