仮想通貨NXT(ネクストコイン)とは?特徴・将来性・チャート・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネクストコイン(NXT)という仮想通貨にはサイドチェーンを利用した独自通貨発行機能や投票システム、そしてマーケットプレイス機能などの様々な機能が搭載されております。

また、承認アルゴリズムもProof of Stakeを採用しており、保有量に応じて報酬を受け取れる仕組みとなっており、マイニングについて電力を利用しなくてよいエコなシステムになっております。

今回はそんなNXTについてご紹介いたします。

ネクストコイン(NXT)概要

まずはNXTの概要についてご紹介いたします。

 

開始日 2014年1月
記号名 NXT
アルゴリズム Proof of Stake
発行上限 1,000,000,000NXT
公式サイト https://nxtplatform.org/

ビットコイン2.0と呼ばれるビットコインブロックチェーン技術を応用し、通貨として機能以上のものを付け加えた通貨の一つとされております。NXTという名前からもあるように、「ビットコインの次」という意味合いが込められており、2014年に公開された仮想通貨としての比較的、歴史のある通貨です。

ネクストコイン(NXT)の特徴

PoSの採用

NXTでは、承認アルゴリズムにProof of Stakeを採用しています。

Proof of Stake(以下「PoS」)とは、仮想通貨の保有量に応じて、マイニングの報酬が多く得られる仕組みとなっており、これはビットコインを初めとしたProof of Workでの消費電力の問題を解決するために生み出された新たな承認アルゴリズムです。

PoSのメリットとしては、承認アルゴリズムにPoWのように無駄な電力を要することなく承認することができる点ですが、その一方でデメリットとしては保有すればするほど報酬が得られる仕組みなので、誰も手放さず、流動性が確保されづらいことや通貨を多く保有する人がさらに報酬を得ることで格差が広がっていくことなどが挙げられます。

独自トークン発行

次に、独自トークンの発行についてですが、マネタリーシステム(Monerytary System)と呼ばれており、ユーザー間での取引制限、自動通貨発行、分散型取引所を利用した独自通貨取引を可能としております。

自分でアドレス設定が可能

NXTでは、自分でアドレスを設定することが可能となっております。一般的にはアドレスは英数字が入り混じった形の複雑な文字列ですが、NXTではこれらの複雑なアドレスと紐づける形で短い文字列を設定することができます。

これにより、アドレスをいちいちコピー&ペーストもしくは手打ちをしなくとも、覚えていられるアドレスに設定することができ、送金をより簡単に行うことができます。

ネクストコイン(NXT)のチャート/価格推移


2017年の価格推移

2017年12月26日には、一時は1.82ドル(約197円)となりました。これがNXTが仮想通貨取引所に2014年に公開されて以来の過去最高値です。過去最高値をつけてからは、下落傾向にあります。

2018年の価格推移

2018年が始まり下落し続け、今現在は2017年につけた過去最高値の10分の1ほどの価格となってしまっております。

NXTに限らず、他のオルトコインの価格も下落を続けておりますが、これは市場全体が下落していることもありますが、NXTの下落には、それだけでなく、後述のArdorの台頭が起因している可能性もあります。

ネクストコイン(NXT)の将来性・今後について

NXTの将来性や今後についてですが、これに対してはArdorというNXTから派生した仮想通貨の説明が必要となります。

ArdorはもともとNXTの2.0として開発されておりましたが、Ardorという現在の名称に変更し、NXTとは別のプロジェクトとなりました。したがって、NXTの後継とも呼ばれております。

Ardorでは、サイドチェーンをうまく利用することによって、スケーラビリティ問題の解決やNXTと同様に独自トークンの発行や投票システム、マーケットプレイスなどNXTにある機能の全てを備えております。

これらのことから、世間の認識では「NXTの改良版のArdor」として位置付けられております。

また、今現在もArdorは28円前後の価格を推移しており、NXTの倍近い価格を付けておりますし、時価総額ランキングもNXTよりも上位の61位に位置付けております。

NXTの価格が再び上昇するためには、まずArdorとNXTの違いを明確にし世間の認識を変えていかなければなりません。また、PoSをそのまま実装していると前述の通り流動性が確保されにくくなってしまうため、ネムで取り入れたハーベストのような流動性を確保する施策を機能に実装する必要があります。

必要性が見出されたり、実用化され始めると再び価格が上昇する可能性もありますが、現時点ではNXTの通貨としての価値は弱まっております。

ネクストコイン(NXT)が購入できる取引所は?

残念ながら、NXTの取扱いがなされている国内の仮想通貨取引所は存在しておりません。したがって、NXTを購入する場合は海外の仮想通貨取引所の口座を開設しなければなりません。海外取引所としては、Poloniex、HitBTCなどで取引が可能です。

海外の取引所を開設する際にもKYCは必要なので、パスポートなどを用意する必要がありますのでその点はご留意ください。

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniexはアメリカの取引所で、レバレッジやレンディングなど多用な取引が可能です。アルトコインは70種類程度でそこまで多くはないですが、主要なアルトコインをカバーしている取引所です。

Polniexの登録はこちらから

HitBTC

HitBTCは香港の取引所で300種類以上の取り扱い通貨数や低い手数料などが魅力的な取引所です。

HitBTCの登録はこちらから

ネクストコイン(NXT)walletについて

NXTでは公式Walletが提供されており、公式Walletを利用すれば以下のような機能を利用することができます。

機能 内容
独自通貨発行 独自通貨の発行可能
分散型取引所 取引所を介さず、個人間でトレードを行うことができるプラットフォーム
メッセージ送信 送金時にメッセージも追加可能
クラウドストレージ Nxtブロックチェーン上にデータアップロード・共有が可能
投票システム 透明性高く投票することが可能
マーケットプレイス機能 Nxtブロックチェーン上で商品販売が可能
匿名送金 Nxr Coin Shuffleシステムを利用した匿名送金が可能

上述のとおり、NXTのWalletには様々な機能が付与されており、今後実用化に向けての動きがあれば価格が再び高騰することに期待を持てる仮想通貨の一つです。

NXTのウォレットダウンロードはこちらから

まとめ

今回はNXTについてご紹介させていただきましたが、前述の通りArdorの台頭により価値としての魅力が弱まりつつあります。しかし、仮想通貨は変動が大きく、いつ、どのような形で価格が変化するかを予想することが困難です。

有名な企業が採用をしたり、PoSが普及したりすることで今後の価格は上がる可能性もあります。

ぜひPoSを採用する通貨との比較や独自トークンを発行する機能のある他の通貨と比較していただき、ご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。