今から仮想通貨で1億円儲かる?遅い?草コイン・アルトコイン投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

草コイン

ビットコインが値上がりしたことに伴い、おくりびとと呼ばれる1億円以上の儲け(たいてい含み益ですが)を達成した人が大量に生まれました。さて、今から仮想通貨で彼らと同じように儲けることができるでしょうか。ビットコインが今からさらに100倍になる可能性はあるのでしょうか。

おくりびとになるには?

ビットコインでおくりびとになった人に大石さんという方がアンケートを取っています。元ツイートが消えていたのですが、だいたい200万円程度の投資で1億円以上のリターンを得ている人が多いようでした。これは50倍のリターンということなので、ビットコインが4万円のときだとすると、時期的には2016年前半かそれ以前に購入している必要があります。その時期のビットコインに多額を入れる勇気はすごいですね。したがって、ここで見ていく条件は2年程度で50倍以上のリターンという簡単で見ていきたいと思います。

ビットコインでは厳しそう

まず、ビットコインでは厳しいでしょう。以前、別の記事で様々な人の予想価格についても書いています。1億円という予想の人もいますが、多くの有識者は1,000万円以下で200万円~500万円あたりの人が多いです。今、現在75万円なので、50倍というと3,750万円ですね。なかなか厳しそうですね。

1億円を超える?AI?2018年の著名人ビットコイン価格予想

ビットコイン以外ではどうか?

過去の推移で見れば可能

仮想通貨の値段を2018年3月1日時点と2017年3月1日時点で比較したところ、135の仮想通貨が50倍以上の価値になっていました。ちなみに、去年の3月時点だと仮想通貨は689あったことから計算すると、確率的には2017年3月1日に存在した仮想通貨のうち、20%の価格が50倍以上になったようです。ということは20%で50倍になるので、この時点で期待値は10倍です。税金を考えずにおくと、その時期に1,000万円を投資すれば、1億円程度の価格になり、1億円を投資すれば10億円になるわけです。さすがに今から同じように現存するすべての仮想通貨に投資したところで、詐欺的なものが増えている可能性やプラットフォームのベースになるイーサリアムの伸び率から厳しいかと思いますが、大きく間違えなければこれからでも可能なように思われます。

1年で50倍以上、値段が上がった有名なコイン

Ripple(143倍)、Litecoin(54倍)、NEO(992倍)、Stellar(200倍)、Lisk(152倍)、Monacoin(117倍)などがあります。

上がる仮想通貨(コイン・トークン)の考え方

基本的に投資判断は人により大きく異なりますが、一般的な考え方に触れつつ、ご紹介します。複数の仮想通貨に投資する方はご存知かと思いますが、下記のサイトに仮想通貨が一覧になっています。このリストによると少なくとも1,595種類あります。この中から選んでいく形になります。

Cryptocurrency Market Capitalizations

時価総額が高すぎない

今回の趣旨ではある程度のリターンを得るという目的なので、既に時価総額(発行数×単価)が高いものは無視をします。仮に投資してから50倍になったときに、時価総額ランキングのトップ30以内に入る時価総額を想定すると、現状の30位が$464M(約500億)なのでこの50分の1以下の時価総額の仮想通貨を狙うことになります。したがってこの場合は時価総額が$8M以下を狙うことになりますが、これだとかなりランキングが下の方(450位など)になってしまうので、バランスを見て考えます。少なくとも時価総額が$100Mくらいのものを購入して、$5,000Mを期待しますというのは難しいでしょう。

取引量が一定ある

もちろん、何らかのきっかけで一気に上昇することはありえますが、一定の売買がないものは人気も少なく注目度も少ないということなので、取引量も重要です。これも明確に基準はありませんが、自分の場合には、24時間で数億円程度の取引量があるものという基準で行っています。

コミュニティーがある

コミュニティーというのも重要です。良くも悪くも仮想通貨には価格の根拠がありません。株式も人の期待により上下しますが、会社の業績が公開されるので、それに応じて修正されます。仮想通貨の場合には、期待に依存し続けるので、単純にそれを上がると思っている人が多ければ上がります。コミュニティーに参加している人や熱量を見ましょう。具体的には、検索してニュースサイトで調べたり、twitterでワードを検索してそこでの活動を見るのがやりやすいかもしれません。

実用性がある

仮想通貨であれば、実際にICOのプラットフォームとして使われたり、トークンの場合にも使われる理由があるということも大事な要素です。鶏と卵ですが、たとえばビットコインであれば、決済として使える場面が増えています。トークンであれば、取引所の発行するトークンには、取引所での取引が優待されるものも多いです。何もかもが不確定なものだからこそ、実態のあるものの価値が上がりやすくなるのではないでしょうか。

創業者・チームが優秀

時価総額の低いものを検討するにあたっては、やはり取引量もそこまで多くなく、実用性もこれから、コミュニティーも少しずつといったタイミングも多いかと思います。そのタイミングで判断するにあたり、創業者やチームなどを見ることもあります。要は技術的なバックグラウンドや経歴から判断するという方法です。Linkedin(海外の仕事用SNS)を使ったり、コードを見たりすることはできますが、その人のパーソナリティはわからないので、個人的にはあまりおすすめできません。

究極的には投機

今後はおすすめの仮想通貨やトークンを紹介していきます。改めて、注意してほしいのは、ビットコイン自体が投機的なものだということです。ビットコインやイーサリアムといった上位の仮想通貨であっても投機性は高く、ましてここで話している50倍以上のリターンが期待できるような仮想通貨は投機中の登記です。どんなに多くとも、自分の財産の5%~10%の無くなっても痛くないようなレベルの投資に抑えることを個人的にはおすすめてしています。自分の財産を全額、特定の取引所のNEMに投資するようなお笑い芸人のような行動はおすすめできません。

まとめ

  • 2017年の3月にあった仮想通貨の20%が50倍以上の価格になっていて、高額なリターンはありうる
  • 2017年はバブルだったので、今後も同じ傾向とは限らない
  • 上がる仮想通貨を見極める必要があり、いくつかの方法論はある
  • 究極的には投機なので、投資額はほどほどに

アルトコイン投資は取り扱い数の多いBinanceがおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加