【完全版】仮想通貨Ontologyとは?特徴・将来性・価格予想・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オントロジー(Ontology)

今回はOntology(オントロジー)という仮想通貨をご紹介します。オントロジーは2018年の3月初めに中国の仮想通貨NEOの保有者に対してエアードロップ(配布)されました。NEP-5トークン(仮想通貨NEOのブロックチェーン上で作られた代替通貨)です。この記事ではオントロジーについて詳しく見ていきます。

特徴

Ontologyとは?

そもそもOntologyとはどういう意味なのでしょうか?簡単に言うと、Ontologyは「異なる部位をまとめ上げて1つのモデルを作るあげること」と説明することができます。また、この意味はOntologyの特徴にも深く関わっています。

スマートコントラクトが実装

Ontologyは仮想通貨NEOのブロックチェーンを介して作られたコインで、いわゆるNEP-5トークンというものです。NEOのスマートコントラクトを受け継ぎ、実装されています。

処理速度の速さ

もう1点が取引の処理速度の速さです。イーサリアムが1秒間に7件の取引を処理できるのに対して、NEO(Ontology)は1秒間に1000件の取引を処理できると言われています。処理速度に関しては現段階でも数段速くできることが可能とされており、さらなる期待が集まっています。

企業向けのプラットフォーム

オントロジーは、企業向けに様々なフレームワークを提供しています。企業における契約のやり取りや情報データベースの管理などをブロックチェーン技術のノウハウがない会社にも可能にしています。また、企業内に留まらず、企業間でも独自の技術を用いて連係ができるようになっており、プラットフォームとしての特徴も備えています。

Ontologyの将来性は?

Ontologyはスマートコントラクトを搭載した企業向けのハイスペックなコインです。今後の期待としてはOntologyがその特性により、企業間でのインフラとして普及していく可能性が考えられます。まだ先月の3月に配布されたばかりのコインなので今後の伸びしろは未知数ですが、普及するとすれば企業間でのインフラとしてその覇権を握ることが考えられます。このことは、Ontologyの母体であるNEOもホワイトペーパーのなかでインフラとしての機能を提供したいと言及されています。Ontologyが今後どのような動きを見せるか、仮想通貨ユーザーにとっては値動きが気になるところだと思いますが、まずは実用性の面でコインを分析することも非常に重要なステップかと思います。仮想通貨の価格は各コインの性質や機能によって裏付けられています。たくさんのコインが登場する中で仮想通貨ユーザーはチャートだけでなく、各コインの特徴を知り、その将来性を自分なりに考えることが必要になってくるでしょう。

Ontologyの過去のチャート

ここでは今後Ontologyがどのような値動きを見せていくか見ていきます。まずは下のチャートをご覧ください。


現時点(2018年4月16日)でOntologyの通貨であるONTは445円の値段が付いています。Ontologyはちょうど3日前の4月13日に最高値の4.45$(476円)を付けたばかりです。今のところ大きな下降トレンドを経験しておらず、堅調に成長を重ねているコインとも言うことができます。Ontologyは現在総発行量10億ONTのうち、半分の5億ONTが発行されています。まだONTが5億出回る予定があります。前述したとおりOntologyは先月3月に配布されたばかりの仮想通貨です。ONTが残り半分残っており、既に成長が堅調なところを見ると今後の値動きにかなり期待が持てます。それだけではなく、人気なNEO関係のコインでありスペックも高いことから考えると今が買い時なコインと言えるでしょう。

取引所

そんなオントロジーですが現在日本の取引所では扱われておりません。ONTを購入するには海外の取引所を利用する必要があります。海外の取引所でおすすめなところはBinanceです。

オントロジーですが、現在は日本の取引所で取り扱われていません。海外の大手取引所のBinanceで購入が可能です。こちらの取引所では非常に取引量が多く、手数料が安いことが特徴的です。また、BinanceはONT以外にも扱っているアルトコインの数が非常に多く、様々なコインを視野に入れることができるのと、大手取引所なので信頼が厚いというところも評価できるポイントでしょう。

まとめ

この記事ではオントロジー(Ontology)コインの特徴や将来性、チャートなどの情報に注目していきました。オントロジーとは以下のような特徴を持つコインであることがわかりました。

  • NEOからエアドロップ(配布)された通貨
  • NEO同様のスマートコントラクトや処理速度の速さが特徴
  • 企業向けのインフラとなることが期待される

Ontologyは今後、NEOの台頭とともにその実力を現してくることが大予想されます。企業間インフラとしての活躍を目指すOntologyに今後も大きな期待が注がれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加