Polymathトークンを解説!特徴・将来性・チャート・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イーサリアム

人気アルトコインのイーサリアムを元に作られたPolymath (POLY)というトークン。しかし、Polymathはトークンといっても他のトークンとは異なる性質を持っています。そこで今回は、このPolymathについて詳しくご紹介していきます。

 Polymath (POLY)とは?

通貨名 Polymath
通貨略号 POLY
公開日 2018年1月31日
発行枚数 1,000,000,000 枚
既発行枚数 276,420,107 枚
コンセンサスアルゴリズム イーサリアムに依存
公式サイト https://polymath.network/
公式ブログ https://blog.polymath.network/

Polymathは、Trevor Koverko氏が立ち上げたトークンです。そして、Polymathはプライベートセールにおいて多額の資金調達に成功しています。その額は米証券取引委員会(SEC)の提出文書によると、5,870万ドルとなっています。また、内容が証券トークンであるため多くの意見を必要としており、現在の開発チームが18人であるのに対し、ほぼ同数の16人と多くの顧問を抱えています。

そして、ソーシャルネットワーク「テレグラム」には上限の5万人が参加しており、多くの人から注目を集めていることが分かります。

なお、ブロックチェーン上で証券取引が出来ることを目的として作られたプラットフォームであり、セキュリティトークンとも呼ばれています。

新たな資金調達の方法であるICOは頻繁に開催されてきましたが、最近では政府機関による取締の動きが出てきています。これは、発行されたトークンが証券法に違反しているのでは? という見方から来ており、Polymathはそれを解決するための方法でもあります。

そして、Polymathは法律を守った上で公開されることを前提としているため、透明性が高くなっています。また、ERC20トークンでもあるため、イーサリアムに対応したウォレットで管理することが可能です。

2018年6月4日現在の時価総額は77位となっていますが、全ての資産をトークン化することは次のトレンドと期待されています。

ERC20とは…

ICOでトークンを発行する際に、それぞれが異なるプログラミング言語や仕組みを使ってしまうと、それぞれに合わせてウォレットを用意する必要があります。これでは出資者が混乱してしまうため、技術的に統一された仕様として定められました。

これにより、ERC20トークンであれば、イーサリアムに対応したウォレットだけを用意すればICOに参加できます。

 Polymath (POLY)の特徴

特徴

それでは、Polymathの特徴をいくつかに分けてご紹介します。

ブロックチェーン上で証券取引が可能

ICOによる資金調達が増えていますが、ICOで発行されたトークンには経営に対する発言権や配当がありません。これは証券法に違反しているという見方もあり、今後規制される可能性があります。

そこで、それらを解決する案としてPolymathは開発されました。Polymathはブロックチェーン上で証券取引が可能で、イーサリアムのスマートコントラクトを利用して契約を結ぶことができます。

資産をトークン化し、経費を抑えて取引

Polymathで不動産や株などの資産をトークン化することで、金融機関を仲介せずに取引が可能になります。そのため、仲介手数料という無駄なものを省き、世界中と取引することができます。

証券化に必要な内容を埋め込める

Polymathでは、証券化に必要な内容をトークンに埋め込むことが可能です。そのため、証券取引所としての役割も果たします。

 Polymath (POLY)のチャート

Source: CoinMarketCap

それでは、Polymathのチャートを見ていきましょう。ビットコインの価格が落ち着いた後ということもあり、そこまで大きな変化はありません。上場後に上がり、その後ゆるやかに下がっています。

Polymath (POLY)の将来性は?

将来性

PolymathはICOによるトークンですが、他の種類のトークンとは別物です。そして、将来的にはPolymath Networkによる証券発行会社の発表が目標になっています。また、すべての資産がトークン化すれば、その他にも同じようなトークンの発行が考えられます。そうなった時には、先行者であるPolymathの価値が更に高まることが考えれらます。

また、様々な資産をトークン化する流れになれば、土地の所有権をトークン化することも可能になります。土地の所有権がトークン化されれば、これまでは何人かで分けることが出来なかった土地も、トークンであれば分配することができます。

このようなことが重なればPolymathの価値が高まることはもちろん、より大きな経済活動につながることが考えられます。

Polymath (POLY)を取り扱っている取引所

それでは、Polymathを購入できる取引所をご紹介します。

Huobi

世界第3位の取引量を誇る大手仮想通貨取引所です。取扱通貨数が104種類と非常に多いことが特徴。取引手数料は全通貨一律で、0.2%となっています。ただし、ポイントカードとVIP登録という割引制度も用意されています。また、iOS、Android、Windows、Macとそれぞれに対応したアプリがあります。そして、日本語表記にも対応。

Huobiの登録はこちらから

KuCoin

2017年9月に設立された新しい取引所です。取扱銘柄は約70種類で、2018年12月までに約1,000種類の上場を予定しています。そして、取引手数料が0.1%と安いことが特徴。また、KuCoinの独自通貨であるKCSを保有することで、手数料は最大30%OFFとなります。なお、完全日本語対応しているため、英語が苦手な方でも安心して取引可能です。

KuCoinの登録はこちらから

Polymath (POLY)の保管におすすめのウォレット

財布

PolymathはERC20トークンのため、そちらに対応したウォレットを選ぶ必要があります。

MyEtherWallet

イーサリアムやイーサリアムクラシック、ERC20トークン対応のウォレットです。デスクトップウォレットのため、ネット上から秘密鍵が盗まれる心配がありません。そして、秘密鍵があればどの端末からでも利用できることがメリット。また、日本語に対応しているため、英語がわからない方でも安心して利用できます。しかし、秘密鍵の管理は自分次第のため、ハードウェアウォレットと連携させて使うことがおすすめです。

MyEtherWalletのダウンロードはこちらから

MetaMask

Chrome上で使用するウォレットです。Dappsへのアクセスが簡単なことが大きな特徴です。また、複数のアカウントを作成することが可能で、取引相手やDappsの種類で使い分けることができます。そして、MyEtherWalletと連携することも可能。ただし、トークンを受け取ることはできますが、送金できないことがデメリットとなります。また、日本語に対応していない点もデメリット。また、ホットウォレットのため長期での保管には向いていません。

MetaMaskのダウンロードはこちらから

Polymath (POLY)のまとめ

Polymathはまだまだ発展途上のトークンです。しかし、内容は証券トークンのため、投資家の注目を集めやすい仮想通貨といえます。そのため、現在の時価総額はまだまだ低いものですが、今後の動きに注目していきたい仮想通貨の一つです。

特に、将来的に予定されている証券発行会社が実際に取引を始めれば、大きな注目を集めることが予想されます。そして、一度大きな注目を集めると価格は一気に上昇することが多いため、大きな可能性を秘めているといえます。

そして、資産のトークン化が進めば、これまでは分配が難しかったものを簡単に分配できるようになり、分散型経済へと発展していくことが考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。