SBIの仮想通貨取引所はいつから?取り扱い銘柄や口座開設まで解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では2018年6月4日にサービスインしたばかりの仮想通貨取引所「VCTRADE」について紹介します。大手のSBIグループが新しくはじめた仮想通貨の取引所です。

GMOやDMMなど証券業にもともと携わっていた大手企業の参入が相次いでいますが、直近で判明しているものとしてはSBIが最後になるかと思います。

ここでは、VCTRADEの特徴はどんなものか、取扱通貨にはどんなものがあるのかをチェックしていきます!

VCTRADEとは?

Blockchain Cryptocurrency Concept Money Litecoin

VCTRADEの概要

取引所名 VCTRADE
運営会社 SBI Virtual Currencies Co., Ltd.
所在地 日本・東京都
代表 北尾 吉孝
設立 2016年11月1日
公式サイト https://www.sbivc.co.jp/

VCTRADEは銀行や証券、保険などの金融サービスを提供しているSBIグループが運営している仮想通貨取引所です。

もともと去年から参入に向けて動いていましたが、コインチェックの不正送金事件の影響もあり、最近になって取引所が運営開始となりました。取引所は2018年6月4日に始まったばかりですので、取引量に関するデータはまだ公開されていません

取扱通貨数

VCTRADEで取り扱っているコインは以下の3種類です。

  • Bitcoin(BTC)
  • Bitcoin Cash(BCH)
  • Ripple(XRP)

また、トレードできる通貨ペアは次のとおりとなっています。

  • BTC/JPY
  • BCH/BCH
  • XRP/JPY

基軸通貨として利用できるのは日本円のみで、BTCは利用できません。日本の取引所であるため、金融庁のホワイトリストに登録されたコインしか上場できませんが、今後増えていくことに期待しましょう。

手数料

取引手数料は公式サイトによると無料とされていますが、VCTRADEは販売所形式で取り扱っているため、スプレッドに手数料が含まれています。こちらに充分注意しましょう。

また、入金手数料は無料で出金手数料は以下の通りとなっています。日本円を出金する際は出金先の銀行によって手数料が異なるので注意してください。

出金先 手数料
住信SBIネット銀行 51 JPY
その他の銀行 165 JPY(30,000 JPY未満)
258 JPY(30,000 JPY以上)

信用取引

VCTRADEでは2018年6月25日時点で信用取引を提供していません。今後の提供予定に関してもまだ発表されていませんので、信用取引を行いたい人は今後に期待しておきましょう。

現状、対応している取引所としては、GMOコインDMM Bitcoinなどが挙げられます。

スマホアプリ

VCTRADEのスマホアプリはリリースされていません。日本国内の取引所はスマホアプリをリリースする取引所が多いので、今後リリースされる可能性に期待できるかもしれません。

日本語対応

国内取引所なのでもちろん日本語に対応しています。ただし、日本語以外の言語には一切対応していませんので、多言語対応を求めている人は注意してください。

一般登録はいつから始まる?

2018年6月25日時点でVCTRADEを利用できるのは先行口座開設に申し込み、手続きが全て完了している人のみです。一般向けの口座開設の受付は行われていませんので、利用したい人はしばらく待つ必要があります。

一般口座開設の受付開始は準備が整い次第アナウンスすると発表されています。噂によると7月中には実施されるのではないかと言われていますが、確定情報ではないので過信はしないようにしましょう。

メリット・可能性は?

SBIグループ運営で安心

VCTRADEは大手金融グループのSBIが運営しています。これまで証券やFX事業などさまざまな金融サービスを提供してきた会社なので、金融業のノウハウやセキュリティなどに関しては、安心できそうです。

また、社長の北尾氏がたびたび業界トップになると公言していることから、取り扱い通貨の増加や手数料低下などに関しては期待できるかもしれません。

簡単にトレードできる

販売所形式なので簡単かつ直感的にトレードできます。初心者でも簡単にトレードできる反面、スプレッドという形で手数料が徴収されるので、レートをしっかり確認してからトレードするようにしましょう。

デメリット・問題は?

取扱通貨(銘柄)が少ない

取扱通貨が3種類とかなり少なくなっています。国内取引所は上場しているコインが少ない取引所が多いものの、VCTRADEはその中でも少なめです。今後の新規上場がどうなるかに注目しておきましょう。

口座開設の受付がなかなか始まらない

VCTRADEは口座開設の受付やサービスインのスケジュールが発表されたものの、延期されたりしています。2018年6月4日にやっとサービスインしましたが、一般口座開設の受付の開始時期はまだ不透明です。利用したい人は辛抱強く待つ必要がありそうです。

信用取引がない

日本国内の取引所ではBitbank TradeやDMM BITCOINのように信用取引に力を入れている取引所がかなり存在しています。しかし、VCTRADEでは信用取引を提供していないので残念に感じるかもしれません。

登録までのプロセスをチェック!

まだ一般向けの口座開設受付は始まっていませんが、開始に備えて登録までのプロセスをチェックしておきましょう。先行登録の内容からみると、次の手順で登録していく可能性が高くなっています。あらかじめ必要なものを準備しておきましょう!

  • メールアドレスとパスワードを登録する
  • メールアドレスを認証する
  • ログインして利用規約に同意する
  • 個人情報(氏名、生年月日、住所、電話番号)を登録する
  • 本人確認書類を提出する
  • 各種質問に回答する
  • 住所確認書類(転送不要の本人限定受取郵便)を受領する

登録手続き辞退は簡単ですが、本人確認書類の認証と住所確認書類の受領に時間がかかる可能性があります。なるべく早く利用したい人は受付開始と同時にすぐに手続きするようにしましょう!

また、本人確認書類として利用できる書類は次の通りです。

  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証
  • 運転免許賞

ここに記載されている住所が登録した住所と一致している必要があります。また、その住所に郵便が送られてくるので確実に受領する必要があります。

アフィリエイトはあるのか?

2018年6月25日時点でアフィリエイトは提供されていません。一般口座開設の受付が開始された後はアフィリエイトプログラムが準備される可能性がありますので、アフィリエイトを利用したい人は今後の動きに要注目です。

まとめ

今回はSBIバーチャル・カレンシーズが運営する新しい仮想通貨取引所「VCTRADE」についてチェックしていきました。まだ先行登録をした人しか利用できない取引所ですが、今後一般口座開設の受付が始まる予定です。

VCTRADEを利用したいと考えている人は今のうちに必要なものを準備しておき、受付開始後すぐに登録するようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。