【解説】サイドチェーンとは?技術や使われるアルトコインをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sidechain

仮想通貨投資をしている人であればブロックチェーンという単語は頻繁に耳にするかと思います。しかし、サイドチェーンという単語を知っている人は少ないのではないでしょうか?

ブロックチェーン技術はまだまだ発展途上であり技術的には細かく枝分かれした物が複数存在しますが、今回はその中でも次世代のブロックチェーン技術と呼ばれているサイドチェーンについてご紹介します。

そもそもサイドチェーンとは?

サイドチェーンとはその名のとおり、複数のブロックチェーンを同時に利用し、処理速度の向上や現状のブロックチェーンに新たな機能を追加する技術です。

元となったブロックチェーンを親チェーンと呼び、親チェーンに対して紐づけられたブロックチェーンはサイドチェーンと呼ばれます。

例えば、ビットコインのブロックチェーンは取引の承認に10分という長い時間がかかりますが、このサイドチェーンではその問題を解決することが期待されています。

その他にも今まで別々の仮想通貨が独自に持っていたブロックチェーンをつなぐことで、仮想通貨全体を一つのブロックチェーンとして扱ったり、開発したブロックチェーンに新たに機能を追加したり、新しい仮想通貨をサイドチェーン上に作ることも可能になりました。

そもそもサイドチェーンという単語は二つの意味合いで使われ、一つは先ほど説明した親チェーンと子チェーンを用いた仕組みそのもののことを指しています。もう一つは子チェーンそのもののこともサイドチェーンと呼ばれるので混乱の元になることもあります。

サイドチェーンの特徴

上記の部分でも少し触れましたが、サイドチェーンの主な特徴としては既存のブロックチェーンに対し新たに機能を追加できる点と、サイドチェーン上に独自の仮想通貨を追加できる点が主な特徴といえるでしょう。その他の特徴としてはメインチェーンとサイドチェーンで通貨の移動ができる点(サイドチェーンで新しく作られた通貨では無くメインチェーンのオリジナル通貨のみ)などがあります。

既存のブロックチェーンは長く積み重ねてきた実績がありますが、関わる人も多くなり新しい技術の導入は難しいものとなっていました。ですが、新しいブロックチェーンをサイドチェーンとして既存の停滞しているブロックチェーンに紐づけることにより、既存のブロックチェーンを利用しながら新たな技術の導入も可能になりました。

サイドチェーンのメリット

サイドチェーンを導入することにより生じる主なメリットは以下の点が挙げられます。

  • 送金速度の向上
  • 手数料の軽減
  • スマートコントラクトなどの新しい機能の追加ができる
  • サイドチェーン上に独自の仮想通貨を発行できる

先ほどから何度も記述しているようにサイドチェーンの導入により、新しい機能の追加送金速度の向上とそれに伴う手数料の軽減が見込まれます。その他のメリットとしてはハッキング被害を軽減できるメリットが挙げられます。

過去にイーサリアムが65億円分相当盗まれるThe DAO事件という事件がありましたが、この事件は被害を無かったことにするために親チェーンとなるブロックチェーンを分裂させました。もしこの時点でサイドチェーンを導入していたのであれば、サイドチェーン内の出来事として処理し、ハッキング被害を軽減することが可能でした。

サイドチェーンのデメリット

反対にサイドチェーンを導入するデメリットとしてはマイニングを行うのに大きなパワーが必要になる点セキュリティ面にリスクが高まる危険性が挙げられるでしょう。

元々サイドチェーン技術はセキュリティ確保のために親チェーンと子チェーンのブロックチェーンを同時に採掘する必要があります。その中で同時に採掘を行うために普通のマイニングよりもマイニングコストが高まるデメリットが明らかになりました。マイニングコストの高さからマイニングするユーザーが限られてしまい、企業などが独占してマイニングし、ユーザーの集中化のリスクが懸念されます。そして万が一、同時に採掘できない場合が発生するとマイナーはどのブロックチェーンを採掘するのか選ばなければならないため、そこでセキュリティ面のリスクが生まれてしまうのです。

サイドチェーンの実際の使用例

ここまでサイドチェーンについての情報をまとめてきましたが、実際にどのように使用されているのか?その実例をご紹介していきたいと思います。

Liquid

さまざまなビットコイン取引所やウォレットの中に分散したビットコインを一括で管理するシステムです。実際には、オリジナルのビットコインと交換できる共同のビットコインをサイドチェーンで管理しそれを用いて分散したビットコインの取引を行います。このLiquidでは取引情報を隠す事ができるトランザクションが導入されていることからプライバシー保全も可能になっています。

Rootstock

Rootstockはビットコインにスマートコントラクトの機能を拡張するためのシステムといって良いでしょう。

近年のビットコイン利用者の増加により、送金速度の遅くなり、送金手数料も高騰し、ビットコインにとって致命的な問題となっています。そんな問題を解決するために、スマートコントラクトと呼ばれる自動契約システムを導入し、取引にかかるコストとリスクを減らすことを検討したのがRootstockなのです。

Lisk

Liskは日本国内の取引所でも取り扱っており、仮想通貨投資を行ったことがある人であれば耳にしたことはあるでしょう。

このLiskという仮想通貨は親チェーンにスマートコントラクトコードを書いて動作させ、取引などの情報をサイドチェーンに無限に枝分かれしながら記録することにより親チェーンに乗る情報を少なくしたことによって情報処理の高速化を図っている仮想通貨です。先ほども少し触れたイーサリアムのThe DAO事件のようなハッキング被害にあってしまったとしてもハッキングを受けた部分のみを切り離すことも可能です。

サイドチェーンのまとめ

ここまでサイドチェーンについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?正直ブロックチェーン関係の技術的な話になると専門的な用語が増えよくわからないと思われる方が大半でしょう。しかし今後仮想通貨やブロックチェーンはますます発展を遂げる分野なので今のうちに仕組みを理解しておくことが何よりも重要ではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。