イーサリアムにも使われるスマートコントラクトとは?仕組みや活用事例も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イーサリアムが搭載するスマートコントラクト実際のところ、何が何だかよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。この記事ではそもそもスマートコントラクトは何なのか、その役割やメリット、デメリットを活用事例も交えながらご紹介していきます。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトは直訳すると、賢い契約ということになります。これではなんだかよくわからないので、細かく見ていきましょう。

ビットコインなど仮想通貨の基幹技術が注目を集めたのは、決済方法としての画期的な仕組みにあったことは広く知られています。何が画期的だったかといえば、いろいろありますが、一つが分散化されていて、中央集権的な仕組みがなくとも、信用情報の担保が自動的に行われる、つまりトラストレスな部分です。

ビットコインの基本的な技術を受け次それを発展させたイーサリアムでは、この信用が不要な部分に加えて、契約そのものもブロックチェーンによって自動で行えるようにしました。これをスマートコントラクトといいます。

ビットコインでは購入者、販売者、そしてそこでやり取りされる金銭の情報という部分しかブロックチェーンに書き込まれていませんでしたが。イーサリアムではスマートコントラクトによって、契約もブロックチェーン上に書き込むことができるようになったため、ビットコインよりも、より広い用途で使われることができます。

スマートコントラクトの登場は1994年

イーサリアムの登場によって脚光を浴びているスマートコントラクトですが、その契約全てを自動で行うという基本的な概念そのものは1994年に登場しています。アメリカの法学者、暗号学者として知られる、ニック・ズサボ氏が発案しました。

人間が現在一般社会の中で行っている契約には、大別すると以下の4段階があるといわれています。

  1. 契約の定義
  2. イベントの発生
  3. 契約の執行
  4. 決算

スマートコントラクトはこの4つの流れの内、2~4の部分をプログラムにより自動化するという概念です。このことによって例えば不動産仲介業のような第三者が間に入ることがなくなるため、取引の簡易化、低価格化が進むとされています。

この概念を実現したものが、イーサリアムというわけです。これに加えて分散型アプリケーションのプラットフォームでもあるイーサリアムはスマートコントラクトをあらゆる機能に実装することができるため、繰り返しになりますが、ゲームアプリから予測市場など様々なユースケースを獲得しているのです。

スマートコントラクトのメリット・可能性は?

このような特徴を持つスマートコントラクト、大きく分けると以下のようなメリットを持っています。

トラストレスな仕組みの実現

一つは分散型の台帳に、信用情報を保管しておくことで、信用を判断する部分を自動化できるため、トラストレスな取引が可能になります。不動産等では現在保証人、あるいは保証会社との契約という非常に手間のかかる部分がありますが、例えば不動産の分野にスマートコントラクトが実装されれば、個人の信用証明の部分が自動化されるためより容易に契約を結ぶことができるようになるでしょう。

コストの削減

また、コストの削減効果も期待できます。契約の自動化ができることによって、これまで契約の取り組みを交わす役割を担っていた仲介者の存在が必要ではなくなるのです。つまり、不動産業で考えれば、仲介手数料が必要なくなるということになります。

これは単にユーザ―の側に利点があるだけではありません。たとえば金などの金融商品でも、同じことが言えます。金では信用を担保するために品質や生産地などが紙の状態で記録されていますが、スマートコントラクトによって、紙の必要がなくなるだけでなく、保管のためにかかっていたコストも不要になるでしょう。

データの信頼度が上がる

またブロックチェーンを基幹技術としているためデータの分散して管理することができます。このことによって、信用情報など必要な情報の改ざんは不可能になります

もともとの提唱者であるニック・サボ氏はスマートコントラクトの卑近な例として自動販売機を上げていました。

ただ、イーサリアムのような多様なユースケースを想定したスマートコントラクトのプラットフォームが進化していけば、そのうちネットショッピングをするように不動産や金などの金融商品を購入できるようになる未来が来るかもしれません。

スマートコントラクトのデメリット・課題は?

ただ、もちろん有用な技術であるスマートコントラクトにもデメリットがあります。大きなデメリットの一つはスマートコントラクトがウェブ上のシステムに起因したものであることによってもたらされます。

バグの存在

データで構成されているため、もちろんバグの影響を受ける可能性があります。現時点ではイーサリアムや実装されているスマートコントラクトの基盤技術である、P2Pによるブロックチェーンは先進的な技術で日夜技術革新が行われています。

まだ、バグや構造上の問題などが散見されるのです。イーサリアムでも、発行トークンであるERC20に関する脆弱性が発見され(厳密にはカスタマイズして追加されたオリジナルの関数が原因でしたが)対応に追われました。

人間同士での取引の場合確かに手間も手数料もかかります。人為的なミスもあるでしょう。ただ、個別間でのやり取りで終始することができるため、そこで問題は止まります。ですがイーサリアムなどプログラミングで実装されたスマートコントラクトの場合、プラットフォームや仕組みそのものに不備があると利用しているすべての仕組み、サービスで問題が起こり場合によっては壊滅的な被害を受ける可能性すらあります。

実行速度問題

また、これも仕組みに関するものです。現状スマートコントラクトはブロックチェーン技術によって実装されているわけですが、ブロックチェーン自体は不特定多数のノードによってP2Pで構成された仕組みになります。

残念ながら、ノード間の性能差によって取引速度に違いが出てしまいます。スマートコントラクトもこの影響を当然受けるため、取引量が多くなればなるほど実行速度が低下してしまうという問題に直面しているのです。

イーサリアムではこの実行速度、ひいては取引全体の速度を改善するために、プラズマ、ライデンといった新たなシステム実装を予定していますが、まだまだ実装されるまでに時間がかかりそうな見込みです。

スマートコントラクトの活用事例は?

さて、ここまではスマートコントラクトの仕組みやメリット、デメリットについて詳しく見てまいりました。実際にどのような通貨、サービスで実装されているのかをここでは見ていきます。

通貨

DGD

DGD(ディジックスダオ)はシンガポールに拠点を置く、スタートアップ企業が手掛ける、金資本担保の仮想通貨です。イーサリアムを利用したERC20銘柄で、金資本の信用情報を担保する部分をスマートコントラクトの仕組みを利用してデータ化、信用情報の分散管理、確認の自動化を行うことを可能にしています。

仮想通貨DigixDaoとは?特徴・将来性・チャート・取引所

Neo

中国のイーサリアムともいわれる、独自ブロックチェーンを利用したプラットフォーム構想を掲げている通貨で、こちらもスマートコントラクト機能を備えています。

現在時価総額では20位圏内常時つける人気銘柄の一つでその動向には注目が集まります。すでにNeoのプラットフォームを利用した、RedPulseといったリサーチサービスなど、スマートコントラクトを利用したサービスもローンチされ始めているのです。

【完全版】ネオ(NEO)とは?特徴・将来性・価格予想・取引所

EOS

EOSもまた、イーサリアムのようなブロックチェーンを利用した、通貨やdAppsのためのプラットフォームとして機能しています。

スマートコントラクトを利用したdAppsローンチに特に力を入れており、本体のブロックチェーンではなくサイドチェーンにスマートコントラクトを利用したdAppsをローンチできるため、取引速度が速い、手数料がかからないといった利点を持っています。

【完全版】イオス(EOS)とは?特徴・将来性・価格予想・取引所

Augur

Augurはイーサリアムのプラットフォームを利用したスマートコントラクトによるプロジェクトの一つです。予測市場として機能し様々なユースケースを想定しています。

Augurが注目されるのはスマートコントラクトを利用した、ブックメーカーとしての機能です。直近でいえばサッカーのワールドカップでの勝敗を予測してかけごとを行うといったものがブックメーカーに当たります。ブックメーカーはこれまで以下4つの流れで行われていました。

  1. イベントの設定
  2. イベントへの参加
  3. イベント設定者によるイベント結果の判断
  4. イベント結果に応じた配当金の支払い

非常に仕組みとしては面白いものですが、ブックメーカーはこの中でイベントの設定、イベント参加者の決定、結果の判断そして、配当金の支払いといった全ての部分で仲介者の役割を果たしています。そのため、中立性、公平性に欠けるという指摘が長年されてきました。

その中でAugurはこの4つの流れをスマートコントラクト機能によってすべて自動化。より公平性の高い予測市場にすることを可能にしました。

また、予測市場やブックメーカーと仕組みが似ていると長年言われてきていたのが、保険市場です。非常に似た契約の流れを持つ保険市場ですが、Augurの登場によっそしてその将来的な一般利用によっては保険業界の仕組みそのものが激変する可能性があります。

【完全版】オーガー(AUGUR)とは?特徴・将来性・価格予想・取引所

通貨以外

また、通貨以外には以下のようなものがよく知られています。

Rex

Rexはスタートアップ企業imbrexによる、ブロックチェーンを利用した新たな形の不動産サービスを提供するためのプロジェクトです。イーサリアムのスマートコントラクト技術を活用。これまで仲介者が必要だった部分を自動化し、取引の簡易化、コスト削減を可能にしています。また、取引データや信用情報、物件の情報をデータとして保存することによって、情報の紛失、改ざんをふせいでいます。

スマートコントラクトの勉強方法

最後にスマートコントラクトの仕組みを勉強してみたいという方のためにおすすめの勉強法をご紹介していきます。

CryptoZombies

現在最も主流なスマートコントラクトを実装した通貨はイーサリアムでしょう。イーサリアムに実装されているスマートコントラクトはSoidityという専用のプログラミング言語が使われています。

スマートコントラクトを勉強したい場合にはsolidityの理解が必要不可欠です。現在勉強する方法としてはdAppsの一つである、Crypto zombiesというゲームがおすすめ。solidity学習用に作られたソフトで、コードを書きキャラクターを動かしながら、学ぶことができます。

書籍 はじめてのブロックチェーンアプリケーションEthereumによるスマートコントラクト入門

[渡辺 篤, 松本 雄太, 西村 祥一, 清水 俊也]のはじめてのブロックチェーン・アプリケーション Ethereumによるスマートコントラクト開発入門

Ethereumのスマートコントラクトを利用した仮想通貨、dAppsなどブロックチェーン関連アプリケーションを開発したエンジニア向けの入門書です。開発者用の入門書であるため、プログラミングに関する最低限の知識は必要ですが、単に概念だけでなく、もう少し踏み込んだところまで勉強してみたいという方におすすめです。

まとめ

この記事ではスマートコントラクトに関して解説してきました。スマートコントラクトは既存の仲介者が間に入るような様々な業界、サービスを激変させるような可能性を秘めています。

まだ、開発中のものも多く、実証段階にあるものはほとんどありませんが、今後技術革新によって一般生活でもブロックチェーンベースのスマートコントラクトが活用された事例を目にすることも増えるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。