【完全版】仮想通貨Stellar(ステラ)とは?特徴・将来性・価格予想・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stellar(ステラ)

皆さんStellar(ステラ)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか?日本の大手取引所では取り扱われていませんが、海外の大手取引所では大々的に取り扱われており送金や決済を便利な物にする実用性を兼ね備えた通貨です。

そんな2018年の仮想通貨市場でも注目されるStellar(ステラ)を今回はご紹介したいと思います。

仮想通貨Stellar(ステラ)とは?

Stellarは送金や決済に使われる仮想通貨ですが、やはり一般の方が送金や決済に使われる通貨として真っ先に思い浮かべるのがXRP(リップル)でしょう。

実はこのStellarはXRPを元に開発されており、ソースコードもそのまま利用されていました。

後にリップルのアルゴリズムに問題があるとして一部独自アルゴリズムSCPを導入しますが、基本的にはXRPの兄弟と考える通貨でしょう。

ではそんなStellarとXRPはどこが大きく違うのか?それはXRPが金融機関向けに開発されているのに対して、Stellarは個人の送金・決済向けに開発されている点です。個人間の小さい取引の計算に特化しており、そのおかげでXRPよりも決済速度が速い利点があります。

以下にStellarの特徴をまとめましたのでご紹介します。

仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴

仮想通貨Stellarの主な特徴は以下の3つの点が挙げられます。それぞれご説明します。

  • 個人向けの送金、決済用通貨
  • 独自アルゴリズムSCPを導入している
  • 発行上限枚数1000億枚が一年毎に1%づつ増えていく

個人向けの送金、決済用通貨

先ほども少し触れましたが、Stellarは個人向けの送金・決済手段としてXRPとは違う市場を狙っており個人向けで少額の決済に特化している事から、XRPよりも決済速度が速い点をご紹介しました。

具体的な使用例としては、海外へ出稼ぎに出た人が自国の家族の元へ仕送りをするのに使用したり、自国の通貨を外貨へ変える時に使う事を想定しています。

XRPの場合銀行間の取引に使われますが、個人で使用する場合はStellarの方が利便性が高く、実際の実用面を重視した通貨と言えるでしょう。

独自アルゴリズムSCPを導入している

そもそもSCPとはStellar Consensus Protocolの略で、これはXRPのアルゴリズムに不安を覚えたStellar開発チームが新たに開発し2015年に導入されました。

そもそもXRPのアルゴリズムであるXRP Ledgerは今までのブロックチェーンとは異なり承認者が投票する形で有効な取引を台帳に記録しており、80%以上の有効票を集めた取引を記録しています。

ですがこのアルゴリズムには問題があり、80%以上の合意が得られなかった場合ブロックチェーンが分岐してしまう問題があります。

ブロックチェーンが分岐してしまうという事は、新しい通貨が生まれてしまう事を意味しておりそのリスクを解消するためにStellarはSCPを導入しました。

このSCPは80%以上の合意を得られなくとも承認される仕組みを取っておりブロックチェーンが分岐するリスクを解消しています。

発行上限枚数1000億枚が毎年1%づつ増えていく

Stellarは実用面を考えた結果、発行上限枚数の1000億枚から毎年1%づつ発行量が増えていく事がXRPと決定的に違う点として挙げられます。

発行枚数を増やし市場に流れるStellarの価値をあえて下げる事によって通貨価格を安定させる事が狙いであり、投資面ではなく実需を重要視した通貨と言えるでしょう。

確かに投資的に見るとこの毎年1%づつ発行量が増えていく仕様はマイナスと捉えられます。

ですが持っているだけで儲かると言われていた時代が終わり実需が重要視され始めた2018年の仮想通貨市場にとってはエンドユーザーの利便性を考えたこの仕様もプラス要素と考えるべきでしょう。

仮想通貨Stellar(ステラ)の将来性

Stellarの将来性を語る上で注目すべきニュースと言えばこの5つと言えるでしょう。

  • 大手金融コンサルタントのDeloitte(デロイト)との提携
  • 送金業者TEMPOがStellarを採用
  • IBMとの提携を発表
  • ナイジェリアの通信業者ParkwayがStellarを採用
  • 送金アプリを開発

中でも大手金融コンサルタントDeloitteとの提携が大きなニュースではないでしょうか。既にStellarを使用した送金技術のプロトタイプが開発されており、約40%のコスト減と5秒での送金を実現させています。

その他の注目すべきニュースとしてはナイジェリアの通信業者ParkwayがStellarを採用したニュースが挙げられるでしょう。アフリカ圏では既にスマートフォンを使用した送金が一般化されており、Parkwayは大手送金業者5社を巻き込み、それぞれの送金サービス利用者が送金出来るStellarを使ったシステムを導入しました。

そしてその高い透明性から電気・水道・ガスなどのライフラインの国境を跨ぐ支払いが可能になり、今後更なる普及が予測されます。

仮想通貨Stellar(ステラ)の価格予想


こちらはStella/BTCのチャートです。このチャートで価格の動きをチェックしてみましょう。

2018年初頭の価格推移

仮想通貨の価格が全体的に下がった2018年初頭ですが、BTCと比較する事によってある程度は個々の通貨の価値を図る事が出来ます。

Stellaの場合2018年1月序盤に2倍近く価値が上がりましたが、これはBTCの大幅な下落の影響で相対的にStellaの価値が高くなった為であるでしょう。

その後は全体を底上げしつつも一定の水準を保っています。

Stellarの価格予想

Stellarの特徴である発行枚数の増加によって爆発的に高騰するような事はまずありえないでしょう。

ですがその実用面を考えた仕様と、実際に積み上げてきた実績から考えるとStellarの更なる普及が予想されます。

更にその発行枚数の多さから一枚当たりの価格が低く市場心理的に投資ハードルが低い為、投資対象として人気が出る可能性もあります。

将来性も考慮した上で安定した投資先としてStellarを選ぶ投資家は今後増えるでしょう。

実際に世界的に有名な価格予想会社3社によると少なくとも100円には到達する見込みであり、200~300円に到達すると予想した会社もありました。

仮想通貨Stellar(ステラ)を取り扱っている取引所

Stellarを取り扱っている主な取引所はこの二つですが、どちらも海外の取引所で直接日本円で購入する事は出来ません。まずは日本の取引所でビットコインを購入してそれを海外取引所に送金する必要があるので、まだ国内の取引所を開設していない方は登録をおすすめします。

Stellarを取り扱っている主な取引所はBittrexPoloniexの二つが挙げられます。ここでそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

Bittrex

取り扱い通貨はおよそ200種類もあるアメリカで運営されている取引所で、比較的無名のコインなども上場する為掘り出し物を見つける事もあります。Stellar以外にも様々なコインに投資を考えている方におすすめの取引所でしょう。

Poloniex

こちらもアメリカで運営されている取引所で、Bittrexと違い取り扱い通貨の種類は100種類前後ですが、通貨の流通量は世界でもトップクラスであり取引手数料も0.1~0.15%と割安です。とりあえずStellarを買いたいと言う方はこちらの取引所がおすすめでしょう。

 

仮想通貨Stellar(ステラ)を取り扱う為におすすめなウォレットは?

Stellarは公式がccount-viewerというウォレットを提供しており公式からもここを利用する事を推奨しています。秘密鍵を自己管理する事が出来、使い方も比較的シンプルなウォレットと言えるでしょう。注意点としてはこちらのウォレットは20XLMからしか送金出来ないので送金確認をする際は少し多めに入れて確認をしましょう。

他にはStargazerというデスクトップウォレットも公式で紹介されており、こちらのウォレットは公式が紹介している他のウォレットと比べ二段階認証が出来る数少ないウォレットなのでおすすめです。

仮想通貨Stellar(ステラ)のまとめ

今後仮想通貨市場は実需を伴った通貨が台頭してくると予想されますが、Stellarは投資的にはマイナスになるにも関わらず最大発行枚数を増やす仕様をあえて取る事によって実需を優先しています。その実需を優先した姿勢が逆にStellarの普及にも繋がっており今後も更なる普及が予想されるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。