仮想通貨Storj(ストレージ)とSJCXとは?特徴・将来性・チャート・取引所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨のstorjのイメージ画像今回は仮想通貨Storj(ストレージ)とStorjCoin X(SJCX:ストレージコインエックス)の特徴や将来性、過去のチャート、この通貨が購入できるおすすめの取引所や保管できるウォレットについて紹介していきたいと思います。

仮想通貨Storj(ストレージ)とは?

仮想通貨名 Storj(ストレージ)
通貨記号 STORJ
発行数 500,000,000 STORJ
コンセンサスアルゴリズム Proof of Resource
ブロックサイズ
ブロック生成時間
公開年月日 2014年7月
開発者 Shawn Wilkinson
公式サイト https://storj.io/

Storjは非中央集権型のクラウドストレージプラットフォームで、そのプラットフォーム内で利用されるトークンのことをSTORJと呼びます。

元々はビットコインのブロックチェーン上で作られたStorjCoin Xという名のCounterPartyトークン(通貨)でしたが、ICOでの資金調達に成功したのを皮切りにブロックチェーンをイーサリアムに移行し、現在のStorjに生まれ変わりました。

仮想通貨Storjのメリットについて

Storjは非中央集権型のクラウドストレージサービスを提供するプラットフォームです。クラウドストレージサービスというのはオンラインストレージサービスとも呼ばれているサービスのことで、音楽や動画などの持ちきれないデータを保管させるのに役立ちます。Storjが既存のストレージサービスと比べて優位となる点は、主に安全にデータを管理できる、ネットワークスピードが早い、料金が割安であるということが挙げられます。

比較的安全にデータを管理できる

StorjではP2Pネットワークとブロックチェーンを組み合わせてファイルを管理しています。このとき、ブロックチェーン上に保存されるデータは、いったん細分化された後に暗号化させて記録されるので、セキュリティが一層強固になります

これによって、現存のオンラインストレージサービスと比較しても、外部からのハッキングを受けることで、データが不正流出したり壊されたりしてしまうリスクというをさらに減らすことができるでしょう。

また、Storjでは管理元が存在していないので、外部からのサイバー攻撃以外でも、管理元内部によりデータが盗まれたりするなどして不正利用されたりする危険性もありません

そしてP2Pネットワークにより、記録されたデータは各ノードごとに分散的に管理されるので、データが壊れた場合には分散している別のノードからデータを復元させることも可能になっています。

Storjはこのようにセキュリティ性が高く、データが壊れた場合は復元が可能であることから、より安全にデータを保存させておくことができるわけです。

ネットワーク速度がスピーディー

開発元によると、このStorjのネットワークスピードは、従来のストレージサービスと比べても10倍速いと言われています。

この数字に関する厳密な裏付けはないようなのですが、通信方式がP2Pという仕組み上から、特定のサーバーを介ことなく個人同士で直接データのやり取りが行われるので、その分スピーディなネットワーク速度を実現できるものだと考えられます。

フレキシブルな料金体系

ほとんどのストレージサービスがある一定の基準で料金体系が変わり、ちょうど自分の使いたい分をぴったり申し込むことが難しくなっています。たとえば、Dropboxであれば2GB以下は無料ですが、それ以上から1TBまでは月額料金として一律で1,000円かかります。また、Google Driveは15GBまで無料(Gmailなども合わせて)で、100GBは2,500円/年、1TBが13,000円/年となっており、使う量に比較して割高になってしまうこともあります。

一方で、Storjの場合は1GBごとに料金が変わり、使用する容量によって金額が決まるために、使いたい分だけ支払うことができます。

StorjのICOの様子を見てみよう

ICOと仮想通貨

Storjは2014年の8月に初めてICOが行われました。このときは厳密にはStorjに改名する前のStorjCoin Xになりますが、そこでは約4,500万円の資金調達に成功しました。

さらに2017年の5月には2度目のICOが行われ、この時はセール開始日の時点で既に上限である約33億円もの資金を調達することになったのです。その後、本来の目的であった、ビットコインからイーサリアムのブロックチェーンへのトークンの移行が行われ、名称もStorjCoin XからStorjに変更されました。

このように過去のクラウドセールの売上を見てもStorjが大変人気であり、いかにその将来性に対して期待されているかが分かります。

Storjこれまでのチャートに注目


Storjのこれまでのチャートを見てみると、大体クラウドセールが発表されたら価格が高騰するような傾向にあります。

また2017年の12月に関しては仮想通貨が全体的に価格が上昇していったのにつられてStorjも暴騰したと考えられます。

今後さらに開発やセールなど何らかの発表があれば、一時的にでも値上がりが期待できるでしょう。

Storjが購入できるおすすめの取引所

Storjが購入できるおすすめの取引所としてはBinance(バイナンス)や、Poloniex(ポロニエックス)などがあります。

Binance(バイナンス)

中国の人気仮想通貨取引所で、取引手数料が0.1%(独自コインで0.05%)が最安であり、日本語化に対応していて使いやすいです。

登録はこちらから

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカの仮想通貨取引所で、取引手数料が0.15~0.25%と比較的安いです。日本語化には対応していません。

登録はこちらから

Bittrex(ビットレックス)

こちらは取引手数料が0.25%と高めで、日本語化には対応していませんが、取り扱い仮想通貨が約200種類と非常に豊富なのが魅力的です。

登録はこちらから

Storjが保管できるおすすめのウォレットは?

MyEatherWallet

無料で使えるETH、ETC、ストレージなどERC20トークンを保管できるウォレットです。日本語対応しておりオンラインウォレットよりも安全に保管できます。

ダウンロードはこちらから

その他同じイーサリアム系の通貨を保管できる「MetaMask」も使いやすくておすすめです。

ダウンロードはこちらから

Storjの将来性は?

Storj(ストレージ)の将来性のイメージ

Storjは既存のストレージサービスよりもセキュリティ性や利便性に優れていることや、安い料金で利用できるといったことから、次世代型のクラウドストレージとして注目され期待されています

またこれ自体はまだ開発途上ですが、今後の開発ロードマップも公開されており、サードパーティのソフトウェアへの対応など様々な機能が実装されていく予定です。

これにより、この先開発が問題なく進んでいけば実需要が大いに見込まれるような特徴・機能性を有していることもあるので、広く普及していく可能性がありますし、そうなっていくにつれて相場にも良い影響をもたらすのではないでしょうか。

Storjまとめ

今回はクラウドストレージサービスを大きく発展させるようなStorjについて紹介していきました。まだ開発途中ですがStorjに可能性を感じるのであれば、今後のニュースをチェックするなどして動向を追ってみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。