Upbit(アップビット)取引所の評判・アプリ・チャート・登録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、韓国にある仮想通貨取引所の「Upbit」について詳しくみていきます。Upbitとはどんな取引所なのかをみていきますので興味がある人はぜひ、チェックしてみてください!

Upbitとは?

まずは仮想通貨取引所Upbitの概要についてみていきましょう。

Upbitの概要

取引所名 Upbit
運営会社 Dunamu Inc.
所在地 大韓民国・ソウル
代表 Lee Sir-goo
設立 2017年10月
公式サイト https://upbit.com/

Upbitは基本的に韓国国内向けの仮想通貨取引所です。2018年5月現在、韓国国外への展開は考えていないようですが、今後どうなるかはわかりませんので要注目です。

取扱通貨数

Upbitでは2018年5月21日現在、以下の130種類の仮想通貨が上場されています。有名な取引所であるBinanceやPoloniexにも匹敵する種類数ですのでとても魅力的です。

上場通貨一覧
TRX SYS BLT MUE MONA EMC
ADA OMG UNB NAV VEE SIB
KORE ZEN ION BTG EMC2 IOP
ETH GNT LRC LSK LBC GNO
DCR REP VRC RLC BAT OK
XVG GBYTE ENG WAX LUN NMR
RDD POWR WINGS KMD NXT BLK
ZEC XDN EXP ETC ADX CFI
POLY PAY BLOCK XLM BITB BNT
XRP STORM BURST WAVES XEL TIX
BCC ARK MEME DASH SLS SHIFT
DGB CVC PRO TX SBD BSD
SC ARDR IGNIS DOGE XZC DYN
LTC MCO DMT XEM UBQ FTC
PART VTC VIA GUP MANA HMQ
AID SYNX DNT XMR BAY QRL
VIB PIVX ADT ANT AMP EXCL
TUSD GAME UP STEEM EDG SWT
NEO STORJ UKG QTUM RCN MER
ZRX SALT RADS FCT NBT SPHR
GRS SNT BCPT DCT CLOAK
SRN NXS PTOY STRAT RVR

手数料

Upbitの手数料は安く、通貨によって異なりますが0.05%~0.25%となっています。さらに、最小購入可能額も低く抑えられている(BTCの場合は0.0005BTC)ため、少額の資金でトレードを始めることができます。

信用取引

2018年5月現在、Upbitでは信用取引を提供していません。韓国では仮想通貨の信用取引を規制する方向で法整備が進んでいるようですので、今後提供されるようになるかは不透明です。海外向けのサービスを開始すれば信用取引ができるようになるかもしれません。

スマホアプリ

Upbitはスマホでも手軽に利用できるように、スマホアプリを提供しています。チャートの確認からトレードまでスマホからこれ一つで可能です。

Androidの方はこちらから

iOSの方はこちらから

日本語対応

Upbitは日本語には対応していません。韓国居住者向けにサービスを提供している取引所ですので、サイトの表示は全て韓国語で、英語にも非対応です。

メリット・可能性は?

続いてUpbitのメリットを少しみてみましょう。

流動性が高い

Upbitは世界的に見ても取引量が多い取引所で、流動性が高くなっています。流動性が高ければ取引が成立しやすいのでこの点で魅力的な取引所といえるでしょう。

大手企業運営で安心

Upbitを運営している企業「Dunamu Inc.」は有名メッセージアプリのカカオトークの開発元であるカカオ社の関連企業です。大手企業が運営している取引所ですので、安心して利用できます。

セキュリティを重視している

毎年のように取引所のクラッキング事件のニュースを聞きますが、Upbitではマルチシグ機能搭載のコールドウォレットで仮想通貨を管理するなど、セキュリティに力を挿れています。もちろん、100%安全ということはできませんが、セキュリティを重視しているということは安心できる要素の一つです。

デメリット・問題は?

もちろん、どんな取引所にもデメリットがありますのでここでUpbitのデメリットをチェックしておきましょう。

韓国国外から登録できない

日本など、他の国からの利用を考えている人にとってこちらが最大のデメリットです。基本的にUpbitは韓国国内向けの取引所ですので、国外からの登録を制限しています。国外からの利用を考えている人は、今後海外向けサービスが提供されるかに注目しましょう。

対応言語が韓国語のみ

Upbitは韓国語のみの対応です。英語などの主要な言語にも対応していないため、韓国語が理解できないとまともに利用することができません。こちらも海外向けサービスが提供されることになれば変わるかもしれません。

登録方法

登録

先ほど紹介したように、韓国国外からの登録は基本的にできませんが、例外としてカオトークを利用した登録方法があります。こちらを利用する場合、以下のものが必要です。

  • カカオトークアカウント
  • カカオペイ証明書
  • 韓国の通信会社のSIM(本人確認用)

この3つが用意できれば国外からも登録できるようです。SIMの準備などハードルが高いかもしれませんが、何らかの理由で所有している人は試して見る価値があるかもしれません。登録画面は以下のようになっていますので、こちらから画面の指示に従って登録してみてください。(Chromeの翻訳機能で英語に翻訳済)

本人確認

本人確認は韓国のモバイル通信事業者が発行するSIMを利用して行われるようです。そのため、韓国のSIMが必要になります。

二段階認証

Upbitでも他の取引所と同様に2段階認証を提供しています。2段階認証の登録などは公式サイトをチェックしてみてください。

使い方

続いてUpbitの使い方をチェックしてみましょう。

出金

入出金方法は他の取引所と同様です。入出金画面から入金または出金した通貨を選択します。入金の場合は表示されたアドレスに宛てて送金し、出金の場合は出金先のアドレスを入力して送金してください。

買い方・売り方

買い方・売り方も他の取引所と同様です。まずは購入・売却したい通貨の取引画面にアクセスします。その後、右下に表示されている注文画面に入力して発注してください。

アフィリエイトはあるのか?

2018年5月現在、Upbitではアフィリエイトを提供していないようです。こちらも海外展開するようになれば提供されるかもしれませんので、今後に期待しましょう。

Upbitのまとめ

今回はUpbitについて見ていきました。取り扱い通貨数も多く、流動性も高い取引所ですが、韓国国外から利用できないのが残念です。アメリカの大手取引所Bittrexと提携しているなど将来有望な取引所ですので、今後海外展開することに期待しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。