【仮想通貨を安全保管】ビットコインウォレットとは?おすすめも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインで投資をしている人はもちろん、そうでない人もウォレットという言葉は聞いたことのある人が多いと思います。コインチェックでの盗難事件があり、ますます安全に仮想通貨を保管できるニーズは強くなっています。ここでは、ウォレットの基本、種類や有名な物を取り上げます。

ウォレットとは?

まず、ウォレットに関してご説明します。ウォレット(Wallet)は財布のことです。この名前の通り、仮想通貨の財布のような役割を果たすのがウォレットです。お金を管理するという点では一緒なのですが、仮想通貨のウォレットはそこに直接、仮想通貨を入れるというものではなく、公開鍵や暗号鍵を管理するものです。一般的な財布の場合にはデザイン以外ほとんど変わりませんが、仮想通貨のウォレットの場合には種類があり、そこそこ違いがあるので注意が必要です。

ウォレットの種類とそれぞれの違い

ホットウォレットとコールドウォレットとは?

詳細な違いの前に、大きなウォレットの違いがあるので、これを押さえましょう。ホットウォレットとコールドウォレットというもので、このような違いがあります。コインチェックの件でもホットウォレットで管理されており、盗難にあったようにホットウォレットは便利なものの、危険でコールドウォレットは不便なのですが、安全に保管ができます。

ホットウォレット:

  • オンラインなので危険
  • いつでも入出金可能で便利

コールドウォレット:

  • オフラインなので安全
  • ひと手間かかるので不便(PCにつないだり、使える状態にする)

ウォレットの一覧

主に下記のようなウォレットの種類があります。こちらをそれぞれご紹介します。

  • オンラインウォレット
  • デスクトップウォレット
  • モバイルウォレット
  • ペーパーウォレット
  • ハードウェアウォレット

オンラインウォレット

オンラインで管理するウォレットです。Gmailのように、パソコンからでもスマホからでもどこでもアクセスできるので便利ですが、安全性の低いホットウォレットです。取引所もここに当てはまります。したがって、取引所と同じようにオンラインウォレットがハッキングされると簡単に盗まれてしまいます。微妙にアドレスを変えたサイトでIDやパスワードを盗む手口がありますが、そういった方法でも簡単に盗まれてしまいます。

有名なオンラインウォレット

Blockchain Info

Coinbase

デスクトップウォレット

デスクトップにダウンロード・インストールして使用するタイプです。オンラインウォレットよりは安全性が高いですが、パソコンがないと使えないため利便性はやや下がります。たとえば、ビットコインのものはすべての取引をダウンロードするために、65GBの容量が必要だと書かれています。マイニングなどに使うならまだしも保管しておくためだけに使うにはイマイチでしょうか。通貨ごとに別のアプリケーションが必要になったりと正直便利とは言い難い状況です。

有名なデスクトップウォレット

Bitcoin Core

Electrum

モバイルウォレット

デスクトップウォレット同様に、モバイル端末にインストールして使うものです。ビットコインで決済をしたいケースなどに便利です。パソコンと比べると、紛失のリスクが高いということはあるかと思います。

有名なモバイルウォレット

Copay

breadwallet

ペーパーウォレット

最初に見たときには冗談かと思ったのですが、立派な保管方法の1つとして認識されています。コールドウォレットに分類されます。紙で保管するという方法です。最もオンラインから遠く、物理的に紙を盗まれない限り、非常に安全です。最近はあまり見ませんが、PCに付箋でパスワードを張り付けている人がいましたが、その感覚に近いかもしれません。超長期保有であれば問題ありませんが、紙の劣化が心配で自分で選択したいとは思わないのが正直なところです。

ペーパーウォレットを作れるサイト

bitaddress

ハードウェアウォレット

一般的に最も安全だとされている保管方法です。コールドウォレットです。USBくらいのサイズのデバイスに保存する方法です。値段が1万円くらいするのと、対応できる仮想通貨が限定的なので、メジャーな通貨にある程度の金額を投資する人が仮想通貨を保存しておく用途に最適です。

有名なハードウェアウォレット

Trezor

LedgerNanoS

結局、どれを選べばいいの?

まとまると、長期保有のものや金額の大きいものはハードウェアウォレットに、それ以外のものはデスクトップウォレットやモバイルウォレットに保管するのが良さそうです。どうしてもオンラインウォレットや取引所を利用したい場合には、アカウントに対して最低限の対策(二段階認証など)をかけるようにしましょう。コインチェックのように大元のサービスがハックされてしまった場合にはどうしようもありませんが。。

基本的な対策で、だいぶ防げるかと思いますが、それでも何かあったときのために分散して保管するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加