シンガポールの取引所!WEXの取扱通貨・特徴・チャート・登録方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEXという仮想通貨取引所について聞いたことがある人もいるかもしれません。WEXは主要な仮想通貨を中心に取り扱っているシンガポールの取引所です。今回はWEXの特徴や取扱通貨、使い方などを詳しくみていきます!

WEXとは?

WEXの概要

取引所名 WEX
運営会社 WORLD EXCHANGE SERVICES PTE. LTD.
所在地 シンガポール
代表 不明
設立 2017年
公式サイト https://wex.nz/

WEXはシンガポールにある取引所で、2017年7月頃に一時取引を停止していましたが、同年9月に再開しています。2018年6月6日時点での24時間取引量は50,464,856 USDで、ランキングを見てみると33位となっています。

取扱通貨数

WEXで取り扱っている仮想通貨の数は、2018年6月6日現在で以下の9種類です。トップページを見るとたくさんあるように見えますが、通貨ペアが多いだけで通貨の種類としては多くありません。

Bitcoin Cash BCH
Bitcoin BTC
Dash DSH
Ethereum ETH
Litecoin LTC
Namecoin NMC
Peercoin PPC
Zcash ZEC
Tether USDT

手数料

WEXの各種手数料の設定は次のとおりです。

取引手数料

取引手数料は全ての通貨ペアにおいて、一律0.2%です。取引量に応じて手数料が変わる仕組みなどもないため、とてもシンプルな設定です。

入金手数料

入金手数料は全ての仮想通貨で無料となっています。なお、法定通貨を入金する場合は通貨の種類によって異なるので、入金前に必ず公式サイトで確認してください。

出金手数料

出金手数料は仮想通貨、法定通貨ともに全て有料です。金額は通貨の種類によって異なりますので、こちらも公式サイトで出金前に確認しましょう。

信用取引

WEXでは、信用取引を提供していません。先物取引やビットコインFXなどの信用取引を利用したい人はBitmexDMM Bitcoinなどの信用取引に力を入れている取引所を利用しましょう。

スマホアプリ

WEXのスマホアプリは、公式のものは提供されていないようですが、APIを利用したサードパーティ製のものが存在しています。あくまでもサードパーティ製のものですので自己責任で利用してください。また、560円の有料アプリとなっています。

Androidアプリのダウンロードはこちらから: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.zlab.btcmonitor

日本語対応

対応言語は英語、ロシア語、中国語の3言語で、日本語には対応していません。WEXを使う際はこの3言語の中から自分が一番良く理解できる言語で利用してください。

メリット・可能性は?

WEXを利用する際のメリットをチェックしてみましょう。

取引量がそれなりに多い

BinanceやBittrexのような大手取引所と比べれば取引量は少ないものの、中堅取引所の一つとしてそれなりの取引量があります。そのため、トレードが約定しにくくて困るということが起きにくく、予備の取引所として利用するのにオススメです。

取引画面がシンプル

WEXの取引画面はとてもシンプルです。チャートと注文画面、取引板などの必要なものが見やすく配置されていますので、すぐに慣れることができるでしょう。

デメリット・問題は?

利用する際に覚えておくべきデメリットについても少し見ていきましょう。

サーバが重い

取引所にアクセスしようとするとサーバが重く、なかなかつながらないことがあります。取引が集中すると全く繋がらなくなることもあるので利用するときには充分注意してください。別の取引所も併用するなどしてトレードチャンスを逃さないようにしましょう!

取引が一時停止したことがある

WEXは前身のBTC-eとして営業していた2017年7月に取引所が一時停止したことがあります。原因は強制捜査だったようですが、再開までに2ヶ月ほどかかっています。今後、同じようなことがあるかどうかはわかりませんが、停止したことがあるというのは覚えておいてもいいかもしれません。

登録方法

続いて新規登録の方法とトレードを開始するために必要な手順をチェックしていきましょう。

登録

WEXにアカウントを開設する手順は次のとおりです。

  • WEXのトップページにアクセスする
  • Sign Upをクリックする
  • メールアドレス、IDを登録する
  • 表示されるパスワードをコピーし、メールアドレスを認証する

本人確認

WEXを利用するためには本人確認の手続きが必要です。手順は次のとおりです。

  • WEXにログインする
  • Profile > Verificationの順に進む
  • 必要事項を入力する
  • パスポートのキャプチャをアップロードして認証する

二段階認証

WEXでは他の取引所と同様にGoogle Authenticatorを利用した二段階認証を提供しています。利用する際は必ず設定してセキュリティを確保しましょう!

使い方

ここまでで登録方法をチェックしていきました。続いて利用方法をみていきましょう!

入出金

WEXでさまざまな通貨を入出金する方法は次のとおりです。

  • WEXにログインする
  • Fundsにアクセスする
  • 入出金したい通貨を選択する
  • 入金時はDeposit、出金時はWithdrawをクリックする
  • 表示に従って入出金手続きを行う

買い方・売り方

トレード方法は次のとおりです。基本的な操作方法やトレード画面の見方は他の取引所と同様です。

  • WEXにログインする
  • Tradeをクリックする
  • トレードしたい通貨ペアを選択する
  • チャートの下に表示されている注文入力欄に必要事項を入力する
  • 買い注文/売り注文を行う
  • 注文が約定したらトレード成立

アフィリエイトはあるのか?

WEXではアフィリエイトの提供はありません。また、WEXならではのコインなどもないようですので、紹介しにくい取引所ともいえるでしょう。

そのため、アフィリエイトで儲けることを考えている人は紹介しやすい大手取引所を利用するのがおすすめです。ZaifやBinanceなどは独自のアフィリエイト制度があり、始めやすいです。

Zaifの公式サイトはこちらから

Binanceの公式サイトはこちらから

まとめ

今回はシンガポールにある取引所「WEX」についてみていきました。サーバが重くてつながりにくかったりするなど少し問題点もありますが、流動性はそれなりにあるので予備の取引所として活用できそうです。

一時取引停止になったことがある取引所ですので、利用する際にはウォレットなども活用して多額の仮想通貨を置きっぱなしにしないように気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨におすすめの取引所

アルトコインは取引手数料無料のビットバンク

ビットバンクはキャンペーン中で手数料無料となっています。アルトコインの取引にはおすすめの取引所です。

セキュリティーならGMOコイン

大手が運営しているセキュリティーも安心な取引所です。

世界最大級の取引所のバイナンス

アルトコインの取り扱いも多く、取引手数料も低いおすすめの取引所です。

保管は安心のハードウェアウォレットで

取引所に対する攻撃が増えています。多額のお金を取引所に置かずに、ハードウェアウォレットで保管しましょう。