ヤフー子会社からの出資で仮想通貨事業に参入 18年秋に開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手IT企業の仮想通貨事業への参入が加速しているようです。GMO、DMMなどの新規参入に加え、コインチェックの買収によるマネックスの参入など既存事業者の買収や出資を通じての参入が増えています。

ニュース概要

Yahoo完全子会社のZコーポレーションが20億円余りを出資し、ビットアルゴ取引所東京から第三者割当増資と、その親会社であるシーエムディーラボから株式譲渡を受けます。出資後は株式の40%をZコーポレーションが取得し、残りの60%をシーエムディーラボが保有するようです。

Zコーポレーションとその意図

ZコーポレーションはYahooの子会社で、元同社の社長で現在は取締役会長の宮坂現氏が社長を務めています。ヤフーでは取り組めなかったような新規事業を行うための会社と説明されていましたが、詳細は明らかになっていませんでした。恐らく、自力で0から参入するよりも既に仮想通貨交換業者として認められている会社に出資する方が良いと判断したようです。

関連記事

なぜマネックスはコインチェックを買収したいのか?今後どうなるか?

シーエムディーラボとは

シーエムディーラボは研究者の集団のようで、金融工学や医療工学の分野で研究やツール提供、解析などを行っているようです。

株式会社シーエムディーラボは、「金融工学」、「医用工学」、「農工学」の研究者集団です。

金融工学関係では 統計学に基づいた市場分析ツールの研究・開発アルゴリズム・トレーディング・モデルの研究・開発 経済・金融情報のテキストマイニング・ツールに関する研究・開発個人向け株式分析サイト「DreamVisor.com」の運営を行っています。

医用工学関係では FG(ファイバーグレーティング)視覚センサを用いた病院向け診断システムの研究同センサの原理を応用した高齢者施設や家庭向けのセキュリティ装置の研究 睡眠時の呼吸状態に対する時系列解析及び統計解析を行っています。http://www.cmdlab.co.jp/services

 今後

仮想通貨取引に対する規制が整備され、大手事業者の参入が増えるにつれ、よりセキュリティや管理体制を強化しやすく、マーケティング予算も多く使える大企業が増えてくるかと思います。楽天やDeNA、グリーやMixiあたりも買収や出資を通じての参入があり得るように思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加